Tags

This is a story about a chateau, once owned by Madame de Pompadour.  Text from Forbes with Japanese translation.

ポンパドール夫人がかつて所有したシャトーの物語です。Forbesからの記事と、意訳です。

***

France’s $100 Million Palace Pompadour: A Royal Chateau Restored By A Press-Shy Philanthropist

フランスの1億ドルのポンパドール宮殿:メディアが苦手の篤志家が王室のシャトーを修復

Morgan Brennan, Forbes Staff
3/28/2013 @ 7:00AM

文)Morgan Brennan, Forbesライター
2013年3月28日午前7時

Forbes Life

France‘s Loire Valley is, of course, famous for its regal châteaux. Visitors have an embarrassment of riches from which to choose. One can meander through the more than 500 rooms of the Château de Blois, see Leonardo da Vinci‘s tomb in the Château d’Amboise or simply behold the river-spanning architecture of Catherine de Medici’s Chenonceau.

フランスのロワール渓谷は、もちろん、その壮麗なシャトーで有名だ。旅行者は数々のシャトーの中からどこを訪れようか選ぶのに気後れする。500室以上もあるブロワ城を見て歩くもよし、アンボワーズ城のレオナルド・ダ・ヴィンチの墓所を見に行くもよし、または、川の上に建つカトリーヌ・ド・メティシスのシュノンソー城を見ることもできる。

But there is one estate that sits quietly behind gates rarely opened to anyone. It is the only fully privately held royal château in the valley and is the personal trophy of a reclusive philanthropist–a stone structure with nearly 200,000 square feet of living space on 118 acres of sculpted gardens on the banks of the Loire River. It is known as Château de Menars.

Image: Forbes
The exterior of Chateau de Menars

ところが、ここにほとんど一般公開されたことがなく、門の後ろにひっそりと佇む広大な邸宅がある。ローワール渓谷で唯一個人が所有する元王家のシャトーで、人前に姿を見せない篤志家の個人的なトロフィーとなっている。それは、ロワール川沿いに建つ、20万平方フィートの居住空間を持つ石造建築物と、彫刻を配した118エイカーの庭園で、ムナー城と呼ばれている。

Image: Forbes
Portraits of Madame de Pompadour

Menars is owned by a 76-year-old press-shy introvert named Edmond Baysari, a Monacan by way of Lebanon. For Baysari the château is the ultimate labor of love in more ways than one. It’s a brick-and-mortar legacy representing his passion for art, architecture and history, one that cost him three decades and more than $100 million to restore. But, more important, it’s a tribute to his lifelong muse, Jeanne-Antoinette Poisson, a renowned grand dame of the arts and the château’s former inhabitant, who is better known as Madame de Pompadour. Baysari refers to his regal château as “Palace Pompadour.”

ムナー城の所有者は、76歳のメディア嫌いで内向的なレバノン生まれのモナコ人で、名前はエドモンド・ベイザリという。ベイザリ氏にとってこのシャトーは、あらゆる意味で究極の篤志事業だ。ベイザリ氏の美術、建築、歴史に対する情熱を象徴する伝統的な遺産で、30年の歳月と1億ドルの私財を費やして修復した。だが、何よりも、このシャトーはベイザリ氏の生涯の女神、著名な芸術の擁護者でありシャトーの居住者だったジャンヌ-アントワーヌ・ポワソン、または、私たちに馴染み深い別名ポンパドール夫人に敬意を表したものなのだ。ベイザリ氏はこの壮麗なシャトーを「ポンパドール宮殿」と呼んでいる。

Baysari was born and raised in a Maronite Christian family in Lebanon, then under French colonial rule. He left for the Americas as a teenager and graduated from Harvard in 1960. By the end of the decade, he’d opened a wildly successful real estate development business in Venezuela and returned to Harvard for a master’s degree focused on nuclear engineering. Later, he consulted on Wall Street, traveled the world and ultimately ended up in Monaco, where he became a full-time philanthropist.

ベイザリ氏は、フランス統治下レバノンのマロン派キリスト教徒の家庭で生まれ育ち、10代でアメリカ大陸に渡り1960年にハーバード大学を卒業した。60年代の終わりにベネズエラの不動産開発業で成功を収め、ハーバード大学に戻って原子力工学の修士号をめざした。その後、ウォール街でコンサルタントとなって世界中を旅し、最終的にモナコに落ち着いてフルタイムの篤志家になった。

His philanthropy has centered mainly on the arts–just as his lifelong heroine Madame de Pompadour’s did. One of his most enduring projects came about by way of a lasting friendship with Ronald Reagan; among other things, Baysari was an avid political supporter through Club 100. In 1990, Baysari contributed to what’s known as the Art in Embassies program, developing an initiative with the State Department that allows U.S. embassies to access works of art in an easier, less costly fashion than they could before. In the years following, he set up similar art-sharing networks for cities around the world.

ベイザリ氏の篤志事業は、生涯のヒロインであるポンパドール夫人がそうであったように、主に芸術に向けられた。ベイザリ氏の息の長いプロジェクトの中に、ロナルド・レーガンとのゆるぎない友情関係があり、とりわけ、Club 100の熱心な政治的支持者だった。1990年に、Art in Embassies Programとして知られる事業に尽力し、国務省と共同でイニシアティブを推進して、各国の米国大使館が以前より容易に低コストで芸術作品を利用することが可能になった。その後、世界中の都市のために同様の芸術共有ネットワークを設立した。

But Palace Pompadour, he says, is his crowning achievement, a curatorship born of kismet. Baysari first heard of Madame de Pompadour as a young child. “Very early I came across this woman in my readings, and I was immediately passionate about her,” he says.

だが、ポンパドール宮殿は自身の最高の業績、運命の芸術保護活動だとベイザリ氏が話す。ポンパドール夫人のことは、子どもの時に初めて耳にした。「かなり早い時期に読書を通してこのご婦人に出会い、直ちに夢中になりました。」

It’s easy to see why. Pompadour (1721-64) was a true Renaissance woman. She was a musician who loved painting and literature. She studied botany and ornithology, and established a salon to support philosophers, including Voltaire. She was also a great beauty. Born a commoner, she won the affection of King Louis XV in 1745, becoming his chief mistress and gaining nobility. With the king’s resources, she became a patroness of the arts and great works, including the Elysées Palace in Paris. She, like Baysari, was a philanthropist at heart, perhaps owing to her background, and once famously lashed out at some of her noble critics: “They all make fun of my lust for creating, this madness which enables so many poverty-stricken peasants to buy their daily bread. I derive no pleasure from viewing my hoarded gold. It must be distributed.”

Image: Forbes
He furnished the estate in original 18th century French antiques

それは容易に理解できる。ポンパドール夫人(1721-1765)は、真のルネサンスの女性だ。絵画と文学をこよなく愛する音楽家だった。植物学と鳥類学を学び、サロンを開いてヴォルテールなど哲学者を擁護した。ポンパドール夫人自身も、美貌の持ち主だった。平民の家庭に生まれ、国王ルイ15世に見初められて1745年に公妾となり、貴族の身分になった。国王の資産をもとに、芸術作品や傑作のパトロンとなり、パリのエリゼ宮もそのひとつとなった。ベイザリ氏同様、ポンパドール夫人は心から篤志家だったが、それは恐らく生まれによるものだろう。夫人を批判した貴族を厳しく非難したことがあるのはよく知られている。「皆さんは、私の創造への情熱を揶揄なさっているようですが、この情熱により、こんなにも多くの貧困に喘ぐ農家の人々が、日々の糧を得ることができるのです。私は、蓄財した黄金を眺めることに歓びを見出しません。それは分配するべきなのです。」

The estate at Menars was among her last works, acquired in 1760. Pompadour enlisted court architect Ange-Jacques Gabriel–who designed Paris’s Place de la Concorde–to build her dream home, refurbishing the original château, which had been built in 1642. Pompadour added symmetrical wings to both sides of the structure, opened up the interiors and replaced the austere furniture with a more contemporary style. Pompadour never saw Menars to completion; she died in 1764, at age 42, from tuberculosis. Her brother, the Marquis de Marigny, completed the addition. And then the château sat quietly, weathering the French Revolution and thwarting the attentions of property developers and would-be tourists, for the next two centuries.

ムナーの邸宅は夫人の晩年の事業の一環で、1760年に取得した。パリのコンコルド広場を設計した宮廷建築家アンジュ=ジャック・ガブリエルに依頼し、1642年建造の古いシャトーを改装した。夫人は建物の両側に左右対称のウィング棟を増築し、屋内を解放し重苦しい家具を当時のスタイルに置き換えた。だが、ポンパドール夫人はムナー城の完成を見ることなく、1764年に結核のため42歳でこの世を去り、夫人の兄弟であるマリニー侯爵が増改築を完成させた。その後の200年間、シャトーはひっそりと静まりかえり、フランス革命を切り抜け、不動産開発業者の目を避け、そのため旅行者からも着目されることなくすんだ。

By 1980, the château was owned by Saint-Gobain, the Parisian glassmaking company, which used it as a company retreat. But soon thereafter, the company was nationalized by the French government and was forced to sell Menars. That’s when Baysari–who had amassed considerable wealth by then–pounced on it, hearing of the sale from Sotheby’s chairman, Peter Wilson.

シャトーは1980年までパリのガラス製造会社サンゴバン社が所有し、会社の静養施設として利用した。その後すぐに、会社はフランス政府により国有化され、ムナー城を手放さざるを得なくなった。そこへ、そのころには富豪となっていたバイザリ氏が、サザビーズ会長ピーター・ウィルソンから競売の話を聞いて、即座に入手した。

He mulled over what to do with Menars for years before inspiration struck in 1989. “I decided I wanted to make a gift to Madame de Pompadour and put it back to the way she would have it if alive today,” he says. But “restoration” doesn’t fully encompass his painstaking efforts. It wasn’t enough to refinish the intricate wood paneling adorning the walls of rooms or to touch up the gold leafing gleaming from ceilings; Baysari set out to revive Menars by employing the very same methods utilized by Pompadour, sourcing authentic artisans and commissioning up-and-coming artists.

バイザリ氏はムナー城の扱い方を何年にもわたって熟慮した末、ついに1989年にアイディアが浮かんだ。「ポンパドール夫人への贈りものを作りたいと決意し、夫人が生きていたら望んだであろうように戻すことにしました。」と、バイザリ氏が話す。だが、「修復」では氏の綿密な取り組みをすべて叶えることは難しい。室内の壁を装飾する入り組んだ木製パネルを補修したり、天井で輝く金箔を修復するだけでは不十分だ。バイザリ氏はポンパドール夫人が採用した同じ方法を活用してムナー城を生き返らせることにし、正真正銘の職人と新進気鋭のアーティストを集めた。

More than two decades later, Palace Pompadour is finally finished (or as close as it will ever be). Inside, the entry-level floor of both wings touts vast white galleries sparsely furnished and flanked by fortified walls capable of holding heavy pieces of artwork. Among Baysari’s favorite spaces is an ornately carved library paneled in two kinds of wood, situated on the second floor. The endless layout includes more than 50 bedrooms, a series of intimate drawing rooms and a regally appointed dining room with an underground passage to a separate kitchen building.

Image: Forbes
Library

ポンパドール宮殿は、20年以上の歳月をかけて、ついに完成した。(または、完成間近となった。)屋内、両ウィングの玄関のある階では、重厚は芸術作品を飾るのに耐えうるように強化された壁が囲む広大な白いギャラリーが、誇らしげに訪問者を迎え入れる。バイザリ氏のお気に入りは、2階にある2種類の木で造られたパネルで装飾された図書室だ。際限なく続くレイアウトには、50室以上の寝室、一連の居心地のよさそうな応接室がそろい、また、ダイニングルームはいかにも王家のための設計らしく、別棟のキッチンへ地下道でつながっている。

The estate has a lush array of gardens. The great terrace, stretching from the château to the river, is a geometric presentation of square grassy lawns hugged by squat hedgerows and studded intermittently with 18th-century statues of Roman emperors. Madame de Pompadour’s face has been carved into two stone sphinxes. There is a domed Temple of Love, designed by Soufflot. Vineyards on the property yield pinot noir.

Image: Forbes
The royal terrace

敷地には、青々とした庭園が整然と並ぶ。広大なテラスはシャトーから川まで広がり、緑豊かな芝生が正方形の幾何学模様を成し、丸みのある低木がそれを囲み、ところどころに18世紀のローマ皇帝の彫像が立っている。ポンパドール夫人の顔も、2体のスフィンクスに彫刻されている。[18世紀のフランス人建築家]スフロが設計したドーム屋根のある愛の神殿もある。

Baysari uses the palace as a summer retreat, occupying it sporadically in the months of July and August. He once experimented with opening Château de Menars to the public for tours, until the estate was burglarized. Still, if a group wishes to arrange a tour, he often obliges them.

バイザリ氏は宮殿を夏の避暑地として、7月と8月に時折滞在する。かつて、ムナー城の一般公開を試みたことがあるが、盗難にあい取りやめた。それでも、団体で申し込みがあれば、快く受け入れている。

Now Baysari is looking to the future. He has no heir. He says he has already turned down several nine-figure offers from Russian and Middle Eastern billionaires looking for a trophy home. But that’s not what he has in mind. Ideally, Palace Pompadour will be gifted to an arts institution, like the Getty Museum or the Hermitage, that “brings all of the assurances that it will be safe for a long, long time.” And it will require some deep pockets: Annual upkeep on the château is roughly $1 million.

現在、バイザリ氏は将来のことを考えている。後継者はいない。すでに、トロフィーハウスを探し求めているロシアや中東の大富豪などから9件の照会があったが、辞退したと氏が話す。それはバイザリ氏が望むことではない。ポンパドール宮殿を、ゲッティー美術館やエルミタージュ美術館のような芸術機関に寄贈する、そうすることによって、「この先、末永い存続を確保することができます。」しかも、十分な資金が必要となる。シャトーの年間維持費はおよそ100万ドルだ。

A new owner will also find three rooms that Baysari has purposely left unrestored: the ground-floor apartments that served as Madame de Pompadour’s bedrooms. “I don’t want to do it. I don’t think I’m qualified,” he says, laughing shyly. “I would rather that when she comes back, she does it herself.”

新しい所有者は、バイザリ氏が意図的に修復せずに残した3室に気がつくだろう。1階にあるポンパドール夫人の寝室だった部屋だ。「修復は望みません。自分にその資格があるとは思いません。」と、バイザリ氏は恥ずかしそうに微笑んだ。「夫人が戻ってきて、自分で修復する方がいいと思います。」

*

To view more photos, click here.

写真集を見るには、こちらをクリックしてください。

*

Image: Wikipedia
Le château de Menars et la Loire

*