Tags

, , , ,

Recent carbon-dating doesn’t answer the question of attribution of the new Mona Lisa.  Text from The Art Newspaper with Japanese translation.

炭素年代測定では、話題のモナリザの作者を断定できなかったようです。The Art Newspaperの記事と、試訳です。

***

Was Isleworth Mona Lisa painted before the Louvre’s version?

アイルワースのモナリザは、ルーヴル版より前に描かれたのか?

Swiss institute’s carbon-dating fails to answer question of attribution

スイスの研究機関による炭素年代測定では、作者の特定できず

By Martin Bailey. Web only
Published online: 26 March 2013
文)Martin Bailey ウェブ版限定
公開:2013年3月26日

The debate over the authenticity of the “Isleworth Mona Lisa” looks set to continue, following carbon-dating of the canvas. The copy of Leonardo’s masterpiece was greeted with some scepticism when it was unveiled in Geneva last autumn (The Art Newspaper, November 2012, p3), with most experts failing to support the claim that the work is by Leonardo.

「アイルワースのモナリザ」の真偽を問う議論が、キャンバスの炭素年代測定の結果を受け、再燃しているようだ。昨秋、ジュネーヴでダヴィンチの作品であると発表された時(The Art Newspaper2012年11月号3ページ)、疑念が持ち上がり、専門家の多くがその説を支持できなかった。

The Swiss Federal Institute of Technology in Zurich has now dated a small sample taken from the canvas to between 1410 and 55, with a 95% probability it lies within this range.

チューリッヒのスイス連邦工科大学が、このほどキャンバスから採取した小片による年代測定で、95%の確率で1410年から1455年であるという結果を出した。

The Mona Lisa Foundation, which is promoting research on the Isleworth copy, believes that Leonardo painted the picture shortly before he began the Louvre version in 1503. The Isleworth Mona Lisa got its name a century ago when it was bought by Hugh Blaker, a critic and restorer, who lived in the west London suburb. The foundation, which is convinced the portrait is by the master, argues that the early date for the canvas is strong evidence against the painting being a later copy.

Image: The Mona Lisa Foundation

アイルワースのモナリザの調査を進めているモナリザ財団は、ダヴィンチがルーヴル版の制作を始める少し前に、この絵画を描いたと考えている。アイルワースのモナリザの名称は、1世紀前、ロンドン西郊外在住の批評家で修復家のヒュー・ブラッカーが購入したときにつけられた。この絵画がダヴィンチの作であると主張している同財団は、今回のキャンバスの年代測定が、アイルワースのモナリザがルーヴル版より後の作品であるという説を覆す強力な証拠だと主張している。

However, it seems curious that Leonardo would have used canvas that was 45 to 90 years old, since the material was relatively cheap. The paints would have been much more expensive and the artist would have taken considerable time on a first version of the composition, making it surprising that he skimped on the support.

ただし、そうなると、興味深いことに、ダヴィンチは45年から90年前のキャンバスを使ったことになる。その当時のキャンバスは比較的値段が安かった。絵の具はより高額だったことになり、ダヴィンチは最初の構図を描くのにかなりの時間をかけ、驚くほどキャンバスを節約したことになる。

David Feldman, the vice president of the foundation, points out that Leonardo had used canvas while in Florence in the 1470s, and that he could have saved a piece that he later used for the earlier version of the Mona Lisa, which is on a “similar Rheims canvas”. He says Leonardo had to be frugal on his return to Florence in 1500 and “could not afford to pay rent”.

同財団副理事デイヴィド・フェルドマン氏は、ダヴィンチは1470年代にフィレンツェでキャンヴァスを使用しており、その一枚を取っておき、後に、先に描いたモナリザに使用することができたとも考えられると指摘する。このモナリザは、「類似のRheimsキャンバス」に描かれている。ダヴィンチはフィレンツェに戻った1500年当時、質素な生活を送らざるを得ず、「家賃さえ払うことができなかったのです。」とフェルドマン氏が話す。

The foundation is planning to exhibit the Isleworth Mona Lisa in Singapore next year. The painting is then scheduled to go on to Hong Kong, Shanghai and Beijing, before going to America and Europe.

同財団は、来年、シンガポールでアイルワースのモナリザ展を開く予定だ。続いて、香港、上海、北京を巡回した後、米国と欧州を回ることになっている。