Tags

,

This is an article, posted on Jun 11, 2012, about an English letter written by Napoleon.  Excerpts from FRANCE 24 with Japanese translation.

2012年6月に掲載されたナポレオンの英語の手紙に関する記事です。FRANCE 24から抜粋と訳です。

***

Latest update: 11/06/2012

Napoleon’s English ‘homework’ sells for €325,000

最終更新日:2012年6月11日
ナポレオンの英語の「宿題」、32万5,000ユーロで落札

A one-page letter penned by Napoleon in English during his captivity in Saint Helena sold for €325,000 (USD405,000) at an auction Sunday in Paris. The historic document shows the French emperor struggling to learn the language of his jailors.

ナポレオンがセント・ヘレナ島で幽閉されていたときに書いた英語の手紙が、日曜日、パリのオークションで€325,000 (USD405,000)で落札された。この歴史的な文書には、フランス皇帝が看守の国のことばを学ぶのに苦労しているのが見て取れる。

Image: Yahoo News

By News Wires (text)
文:News Wires

AP – An illuminating letter written by Napoleon in English, sold at auction Sunday for 325,000 euros ($405,000), offers a window into the mind of the French emperor, struggling with syntax of the language of enemy Britain.

AP – 日曜日に325,000ユーロ ($405,000)で落札された啓蒙的なナポレオンの英語の手紙には、敵国イギリスの言語の構文に苦労するフランス皇帝の心の中を垣間みることができる。

The standard-sized sheet of paper is a homework exercise Napoleon sent to an English teacher for correction in 1816 and was sealed with the imperial eagle wax stamp.

手紙は標準サイズで、1816年にナポレオンが英語の教師に添削のために送った宿題で、皇帝の印である鷲で封印されていた。

It’s one of three such English-language letters by Napoleon in the world, according to the auction organizers, and was bought by Paris’ Museum of Letters and Manuscripts in a dramatic bidding war near the Chateau of Fontainebleau, one of Napoleon’s south of Paris.

オークション主催者によると、この手紙はナポレオンが英語で書いた現存する3つの手紙の一つで、パリ南部、ナポレオンが所有していたフォンテーヌブロウ城近くの会場で、劇的な競売の末パリの博物館「Museum of Letters and Manuscripts」が競り落とした。

The selling price – five times what was predicted – suggests the document’s historic value, as rare proof that Napoleon, who famously dismissed England as a “nation of shopkeepers,” learned to speak the language of Shakespeare late in life.

予想の5倍の落札価格は、この手紙の歴史的価値を物語っている。ナポレオンが英国を「商店主の国」と軽んじていたのは有名だが、晩年になってシェークスピアのことばを学ぶこととなったまれな証拠となった。

He wrote the letter while a captive by the British in the remote island of Saint Helena following his defeat at Waterloo, according to the Osenat auction house.

オズナオークションハウスによると、ナポレオンはウォータールーの敗戦後、[南大西洋の]孤島セント・ヘレナ島で英国により幽閉されている時に、この手紙を書いた。

/……/

省略

“Of course, he was always very worried about his image. He wanted to read what was said about him in the English press, » added Osenat, with a wry smile.

「もちろん、ナポレオンは常に自身のイメージを気にしていました。英国のマスコミが自分をどのように書いているか読んでみたかったのです。」と、オズナの担当者は皮肉な笑みを浮かべた。

Whatever the reason and despite Napoleon’s best efforts – months of hard study, often late into the night – the letter shows he still had some way to go in mastering the language of Shakespeare.

理由がなんであろうと、そして、ナポレオンの必死の努力、何ヶ月も学習し時には深夜にまで及んだ努力にもかかわらず、シェークスピアのことばをマスターするにはあと一歩だったことが手紙に見て取れる。

It begins: “It’s two o’clock after midnight, I have enow sleep, I go then finish the night with you.”

書き出しは:”It’s two o’clock after midnight, I have enow sleep, I go then finish the night with you.”

Napoleon addressed the letter to the Count Las Cases, his teacher, “at his bonk” – thought to be the word “bunk” misspelled.

ナポレオンは手紙を「bonk」にいる教師であるLas Cases伯爵に宛てて書いているが、「bunk」のスペルを間違えてつづっていると考えられている。

In a moment of surprising humility, Napoleon Bonaparte asks his teacher in the letter to indulge him and correct his mistakes.

ナポレオンは、一瞬、驚くほど謙虚に、教師に間違いを正すよう手紙で懇願している。

/…./

省略

The letter shows a different face to Napoleon, pensive and in pain, than that of the feared emperor who conquered swathes of Europe.

この手紙は、ヨーロッパ大陸を征服した恐るべき皇帝というよりは、哀愁を漂わせた苦悩に満ちた別のナポレオンを見せてくれる。

The hours he spent toiling on a mere 13-line sheet also reveal a Napoleon grappling with the many hours alone.

わずか13行の手紙を書くのに懸命に費やした時間は、ナポレオンが長時間ひとりで格闘していたことを物語っている。

/…./

省略

Napoleon died in island exile on May 5, 1821, aged 52.

ナポレオンは孤島に幽閉されていた1821年5月5日、52歳でその生涯を閉じた。