Tags

,

Napoleon’s engagement ring is to be sold.
Excerpts from time.com with Japanese translation.

ナポレオンの婚約指輪が競売にかけられるという記事です。
time.comから抜粋と、意訳です。

***

Napoleon Bonaparte Engagement Ring Goes Up For Auction

ナポレオン・ボナパルトの婚約指輪、オークションに

By  March 16, 2013
文)Sorcha Pollak  2013年3月16日
.

Image: osenat.fr

The engagement ring that Napoleon Bonaparte gave to his fiancée and future empress Joséphine will go on sale this weekend at the Osenat auction house in Fonatinebleau outside Paris, reports the Daily Mail. The auction house describes the ring as a “simple” band decorated with two tear-shaped gems. But while the ring itself may be simple, the love story behind it is far more complicated.

ナポレオン・ボナパルトが、フィアンセであり将来皇妃となるジョセフィーヌに贈った婚約指輪が、パリ郊外フォンテーヌブロウのオズナオークションハウスで競売にかけられると、デイリー・メール紙が伝えている。オズナは指輪について、ティアドロップ型の2つの宝石がついたシンプルな枠のデザインと描写している。ただし、指輪自体はシンプルかもしれないが、背景にあるラブストーリーはだいぶ込み入っている。

Bonaparte met Joséphine (or Rose Tascher de la Pagerie, as she was known then) in 1795. She was a widow six years his senior, and had been caring alone for her two children ever since her husband was guillotined during the French Revolution’s Reign of Terror. They married the following year, and Napoleon almost immediately left to command the French army near Italy. But the general was smitten with his new bride and wrote her numerous love letters expressing his desire that they be together:

ナポレオンがジョゼフィーヌ(または、当時の名前でローズ・タシェ・ド・ラ・パジュリ)に出会ったのは1795年のことだった。6歳年上の未亡人で、夫がフランス革命の恐怖政治の最中にギロチンにかけられてから、1人で2人の子どもを育てていた。ナポレオンとジョゼフィーヌは翌年結婚したが、その直後、イタリアに遠征するフランス軍の指揮を取るため、ナポレオンは家を後にした。ところが、新婚のジョゼフィーヌのことが脳裏から離れず、一緒にいたいという気持を表した手紙を数多く書き送った。

However, Joséphine soon became indifferent to her husband’s demonstrations of love and began distancing herself from Bonaparte. She rarely replied to his correspondence and began an affair with a young officer, according to PBS. Even though his new bride’s infidelities filled him with rage, Napoleon continued to write impassioned letters.

一方、ジョゼフィーヌは間もなくナポレオンの愛情の意思表示に関心が薄くなり、距離を置き始めた。PBSによると、ジョゼフィーヌはめったに返事を書かず、若い士官と親しくつきあうようになっていった。ナポレオンは妻の不貞に怒りを露にしたにもかかわらず、情熱のこもった手紙を書き続けた。

The combination of Joséphine’s affairs, her extravagant spending habits and her inability to give the emperor a male heir finally ended the union and the marriage was annulled in 1810, writes the BBC. He quickly married the daughter of the Austrian emperor and a son was born soon after. However, Napoleon never forgot his love for Joséphine and it is believed his final words on his deathbed in exile on the island of St. Helena were “France. The army. The head of the army. Joséphine,” writes The Local.

BBCによると、ジョゼフィーヌの不倫と散財癖、そして、跡継ぎをもうけることができなかったことにより、とうとう1810年に離婚することになった。ナポレオンはすぐにオーストリア皇帝の息女と結婚し、間もなく男子をもうけた。ところが、The Local紙によると、ナポレオンはジョゼフィーヌへの想いを断ち切れず、追放先のセント・ヘレナ島での臨終の床で、次のような最後の言葉をつぶやいたと言われている。「フランス。軍隊。最高指揮官。ジョゼフィーヌ。」

Osenat auction house estimates that the Bonaparte engagement ring will sell for between  €10,000 – €15,000 ($13,000 – $19,600). However, the ring is notably simple for a man who went on to become emperor of France. “At the time, Napoleon had very little money,” Osenat’s Jean-Christophe Chataignier explained to the Daily Mail. “The ring is a very ordinary one.”

オズナオークションハウスは、ナポレオンの婚約指輪に€10,000 – €15,000 ($13,000 – $19,600)の値がつくと見込んでいる。だが、後にフランス皇帝となる男の指輪にしては、あまりにも簡素だ。「ナポレオンは当時、ほとんど財産を持っていませんでした。」と、オズナのジャン=クリストフ・シャテニエ氏がデイリー・メール紙に語っている。「この指輪は平凡な指輪です。」

Image: time.com
Spencer Arnold/Getty Images

circa 1800: Corsican born soldier and Emperor of France, Napoleon Bonaparte (1769 – 1821) and his wife Josephine De Beauharnais (1763 – 1814).
1800年頃:コルシカ生まれの軍人でフランス皇帝のナポレオン・ボナパルト(1769 – 1821)と、妻のジョゼフィーヌ・ド・ボアルネ(1763 – 1814)

*

Result
Sold At Auction for $949,000

結果
ナポレオンの婚約指輪、1億円で落札