This is about a new Mozart portrait.
Text from huffingtonpost.com with Japanese translation.

モーツァルトの肖像画が見つかったという記事です。
huffingtonpost.comからの記事と、訳です。

***

New Mozart Portrait: Experts Identify 18th Century Painting

新発見のモーツァルト:専門家、18世紀の絵画を特定

01/11/13 04:24 PM ET EST
2013年1月11日午後4時24分 米国東部時間

VIENNA — A round-faced young man with a thick head of hair depicted in a tiny 18th century portrait that had the experts puzzled for centuries now has a name – Wolfgang Amadeus Mozart.

ウィーン:18世紀の肖像画に描かれた丸顔にふさふさの毛髪の若者は、長い間専門家を悩ませてきたが、ようやく名前がわかった。その名は、ウォルフガング・アマデウス・モーツァルト。

artdaily.com

Image: artdaily.com

Researchers at Salzburg’s Mozarteum museum announced Friday that they have definitely identified the person in the picture as the musical genius.

ザルツブルグのモーツァルテウム博物館の研究者が、この絵画の人物はモーツァルトであると断定したことを金曜日に発表した。

And it’s not any likeness either. They say that of 14 known portraits, it is one of only a few showing him gazing directly at the viewer and without his signature white powdered wig.

そして、これまでの肖像画とは印象が違う。専門家によると、これまで知られてきた14の肖像画の中で、見る者を見つめモーツァルトの代名詞である白い粉をかけたカツラを付けていないのは、この肖像画を含めほんのわずかしかない。

Expert Cristoph Grosspietch says the museum’s findings are based on examinations of the portrait and historical records of the era.

専門家のクリストフ・グロスチッチ氏によると、今回の発見は、肖像画を調査し、同時代の歴史的記録を調べた結果だという。

He says the same experts concluded that another portrait, showing a youth holding a bird’s nest, was not Mozart, as had been believed.

また、専門家は、今回の発見と同時に、これまでモーツァルトだと信じられてきた鳥の巣を持つ若者の肖像画は、モーツァルトではないと結論づけた。

***

Excerpts from smithsonianmag.com
smithsonianmag.comからの抜粋。

*

One long-standing Mozart portrait was chucked out, however. In 1924, the Foundation bought a painting of a young boy holding a bird’s nest next to a table with an open book on it from a British art dealer. Inscribed on the open book was “W.A. Mozart 1764,” presumably standing for “Wolfgang Amadeus.” But Mozart rarely went by “Amadeus” in his lifetime, preferring the German form of the name, “Gottlieb,” instead. Doubts lingered about the painting’s authenticity and were confirmed when the inscription turned out to be an addition made years later—probably around 1906.

長い間モーツァルトだとされてきた肖像画が否定された。国際モーツァルテウム財団が1924年に英国の美術商から購入した絵画には、少年が開いた本が乗っている机の横で鳥の巣を持っている姿が描かれている。本には、ウォルフガング・アマデウスを表していると見られる「W.A. Mozart 1764」という文字が銘記されている。ところが、モーツァルトは生前「Amadeus アマデウス」と表記することはほとんどなく、そのドイツ語名「Gottlieb」を好んでいた。この肖像画の信憑性に疑いがもたれる中、この銘記が実は後世に、おそらく1906年に書き加えられたものであったことが判明し、肖像画がモーツァルトではないことが確定した。

A portrait on tortoise shell snuffbox turned out to be the opposite, however. Acquired in 1956, the box shows an angelic face surrounded with curly hair and dark eyes. The inscription reads “Johann Mozart, 1783″—the composer’s first given name. The Foundation found a document confirming that Mozart had owned such a snuffbox and had given it as a gift to a friend, whose brother then painted a miniature of Mozart. It’s now considered the only head-on portrait of Mozart that exists from after 1781.

べっ甲細工のかぎたばこ入れに描かれた肖像画は、その反対であることがわかった。この入れ物は1956年に入手し、カールした髪の毛の中に天使のような顔に黒い瞳が描かれている。銘記には「Johann Mozart, 1783」とあり、モーツァルトの名前が記述されている。国際モーツァルテウム財団は、モーツァルトがそのようなかぎたばこ入れを所有していて、友人に贈り、その兄弟が後にモーツァルトの細密画を描いたという文書を発見した。今ではこの肖像画が、1781年以降存在する唯一正面を向いたモーツァルトの肖像画であると考えられている。