This is about the temporary installment of La Pietà Rondanini.
Excerpts from theartnewspaper.com with Japanese translation.

「ロンダニーニのピエタ」の一時保管場所に関する記事です。
theartnewspaper.comからの抜粋と、訳です。

***

Michelangelo sculpture heads to jail

ミケランジェロの彫刻、拘置所へ

…despite vociferous opposition from art historians

美術史研究者からの声高の反対にもかかわらず。。。

By Ermanno Rivetti. News, Issue 243, February 2013
Published online: 05 February 2013

文)エルマーノ・リヴェッティ、2013年2月、News243号
2013年2月5日 ウェブ公開

Michelangelo’s great unfinished sculpture, La Pietà Rondanini, which the artist worked on from around 1552 until his death in 1564, is being temporarily relocated to the Carcere di San Vittore, a Milanese jail.

ミケランジェロが1552年頃から1564年に亡くなるまで制作していた未完の傑作ロンダニーニのピエタが、ミラノの拘置所カルチェレ・サン・ヴィットーレに、一時的に移管されることになった。

Image: milanocastello.it

The move, which has been approved by the city’s government and by Stefano Boeri, Milan’s culture commissioner, will take place while the sculpture’s permanent home, the Castello Sforzesco, undergoes some much-needed renovations. Despite vociferous opposition—mainly from art historians—the work is due to be installed in the jail this spring.

この移管は、本来の保管場所であるスフォルツァー城で、不可欠な修復工事が行われる間に実施されるもので、市当局とミラノ文化審議官のステファノ・ボエーリ氏が承認している。反対の声、主に美術史家が声高に反対する中、この春に拘置所に移管されることになっている。

The sculpture has been on display in the castle since 1954, in a specially designed room which is now thought to be unsuitable for a work of this calibre. The statue attracts only 350,000 visitors a year—not nearly enough, say the city’s officials—and the room has no access for disabled people.

Image: Wikipedia

この彫刻は、1954年以来、特別に設計された部屋に展示されてきたが、現在では、この傑作には不適切になってしまっていると考えられている。年間35万人の来訪者があるが、市当局によると決して十分とは言えず、また、障害を持つ来訪者用の入り口がない。

The Fondazione Cariplo, which supports art heritage projects, is providing €20m for the renovation of the castle (80% of the total sum needed), €3m of which has been earmarked to place the work in its temporary lodgings.

芸術遺産プロジェクトを支援する財団法人Fondazione Cariploが、このスフォルツァ城修復に必要な総額の80%に当たる2000万ユーロを出資しており、その内の300万ユーロをこの彫刻の一時保管に割り当てている。

The Carcere di San Vittore is a 19th-century prison, designed as a radial structure with a central panopticon. The sculpture will be installed at the heart of the panopticon and will be visible from all of the prison’s wings. Rome’s Istituto Centrale per il Restauro is handling transport, conservation and safety issues. Boeri has told the Italian press that the public may also be allowed to see the work in its new setting.

サン・ヴィットーレは19世紀の拘置所で、中央に円形の建物を配した放射線状の構造に設計されている。ミケランジェロの彫刻は、円形構造の中心部に設置され、拘置所すべての棟から見ることができるようになる。ローマのIstituto Centrale per il Restauro(保存修復高等研究所)が、運送、保存、安全管理を担当する。ボエーリ氏がイタリア紙に語ったところによると、一般市民もこの作品をこの場所で見ることができるようになるだろうとのことである。

The supporters of the project believe that La Pietà Rondanini, with its underlying themes of suffering and forgiveness, will have a positive impact on the psyches of the inmates, many of whom have never come into contact with works of art. Despite general approval, however, some art historians are against the plan. Vittorio Sgarbi, one of Italy’s foremost art historians, previously wrote a long article in the newspaper il Giornale, arguing that “masterpieces should stay in their respective homes. Nobody moves Michelangelo’s David from the Galleria dell’Accademia in Florence; nobody moves his Madonna and Child from Bruges.” He also argued that even fewer people will see the sculpture if it is moved to the jail.

プロジェクトの支援者は、苦悩と許しが込められたロンダニーニのピエタは、これまで芸術作品に触れる機会がなかった収容者に、心理的に前向きの影響を与えるだろうと考えている。ところが、この計画は一般には概ね受け入れられているが、異を唱える美術史家もいる。イタリア美術史界の権威であるヴィットーリオ・スガルビ博士は、少し前に、il Giornale紙に長文の論説を載せ、「傑作はその本来の収蔵場所に留まるべきだ。ミケランジェロのダビデ像を、フィレンツェのアカデミア美術館から移すことはしない。ミケランジェロの聖母子像を、ブルージュから持ち出すことはしない。」と書いている。また、拘置所に移管されると、観覧者がさらに少なくなるとも書いている。

The project has drawn admiration from foreign prison officials and organisations that specialise in providing offenders with access to the arts. Ed Santman, the co-ordinator of art education in Dutch prisons, points to the recommendations of the Council of Europe, adopted in 1989 by the Committee of Ministers, which state that “creative and cultural activities should be given a significant role because these activities have a particular potential to enable prisoners to develop and express themselves”.

このプロジェクトには、犯罪者に芸術作品に触れさせることを専門とする海外の刑務所担当官や組織から、熱い視線が注がれている。オランダの刑務所で芸術教育を担当しているエド・サントマン氏は、1989年に欧州評議閣僚委員会が採択した提言を指摘する。提言には、「創造的文化的活動に重要な役割を持たせるべきである。そのような活動には、収容者が自分自身を啓発し表現することができるようになる特有の潜在力があるからだ。」と記載されている。

*

Click here to read the full text.
全文を読むには、こちらをクリックしてください。

*