This is about the results of the old master paintings auction in New York.
Excerpts from nytimes.com with Japanese translation.

このほどニューヨークで開催された巨匠画家のオークションに関する記事です。
nytimes.comからの抜粋と、意訳です。

***

Inside Art

Record Prices, and Some Duds

過去最高額のついたものと、そうでないもの

By CAROL VOGELPublished: January 31, 2013

文)キャロル・ヴォーゲル
2013年1月31日発行

There were record prices for artists like Fra Bartolommeo, Sandro Botticelli, Pompeo Batoni and Hans Memling at the old master painting auctions held on Wednesday and Thursday at Christie’s and Sotheby’s in New York. But there were also scores of works by artists like Goya, Bassano and Guercino that went unsold without so much as a bid.

ニューヨークのクリスティーズやサザビーズでこの水曜日と木曜日に開催された巨匠絵画の競売では、フラ・バルトロメオ、サンドロ・ボッティチェッリ、ポンペオ・バトーニ、そして、ハンス・メムリンクのような芸術家には過去最高価格がついた。一方、ゴヤ、バッサーノ、グエルチーノのような画家による多くの作品には、入札がそれほどないまま売れ残った。

In trying to decipher the patchy results, dealers grumbled that estimates were too high. Auction house experts, trying to put a positive face on their sales, spoke of the influx of Russian buyers who bought many of the top works.

画商はこのまちまちの結果を解き明かそうとする中で、予想価格が高過ぎたと不満を漏らす。オークションハウスの専門家は、それぞれの競売に肯定的なな面を打ち出そうと、主要作品を多く落札したロシアの競売者の出現について話す。

“There was a definite taste for the 18th century, and those paintings brought good prices,” said George Wachter, the worldwide co-chairman of old master paintings at Sotheby’s, after the morning session of his sale on Thursday.

「18世紀に対する確固とした趣味があり、この時代の絵画に高い値がつきました」と、サザビーズの巨匠絵画ワールドワイド共同部長ジョージ・ウォッチャー氏が、担当する木曜日午前中の部が終了した後に語った。

Nicholas Hall, Mr. Wachter’s counterpart at Christie’s, said works that were either “really recognizable or really rare” tended to fare best. “There was bidding from three different continents for the Botticelli,” North America, Asia and Europe (in this case, Russia), he said of a devotional panel that Christie’s had named the “Rockefeller Madonna,” because it was once owned by John D. Rockefeller Jr. It sold for $10.4 million, a record for that artist at auction, on Wednesday. (It had been estimated to bring $5 million to $7 million.)

クリスティーズでウォッチャー氏と同レベルの部長であるニコラ・ホール氏は、「実に分かりやすい」作品か「希少な」作品に値がつく傾向があったと話す。「ボッティチェッリには3大陸から入札がありました」と、かつてジョン・D. ロックフェラーが所有していたことからクリスティーズが「ロックフェラー・マドンナ」と呼んでいた宗教が主題のパネル作品について語った。三大陸とは、つまり、北米、アジア、そしてヨーロッパ(今回はロシア)だ。この絵画は、水曜日にこの作者としてはオークッションで最高額の1,040万ドルの値が付いた。(事前予測では、500万ドルから700万ドルと見積もられていた。)

Mr. Hall also noticed an absence of dealer bidding this year, perhaps because works tended to have what he called “retail estimates,” which made it hard for bargain-hunting dealers wanting to replenish their stock.

また、ホール氏は今年は画商からの入札がないことに気付いた。恐らく、これらの作品にはホール氏の言う「retail estimate(小売り推定額)」がつく傾向があり、在庫を潤そうとお買い得の絵画を探している画商には難しかったのだろう。

At Sotheby’s, Batoni’s “Susanna and the Elders,” a history picture from 1751 expected to bring $6 million to $9 million, sold to a telephone bidder for $11.4 million, also a record price for that artist at auction.

サザビーズでは、バットーニの1751年制作の歴史画「スザンナと長老たち」が、予想価格600万ドルから900万ドルのところ、同画家のオークション価格では最高値の1140万ドルで落札された。

Memling’s “Christ Blessing,” a panel painted on gold ground depicting Jesus, bust length, his right hand raised in blessing, brought $4.1 million. It had been in the same family for 150 years. The price was far above its $1 million to $1.5 million estimate and was another record for the artist at auction.

メムリンクのキリストの胸像画で右手を上げて祝福している金地背景パネル絵画「祝福するキリスト」が、410万円で落札された。この絵画は150年間ある一族が所有していた。この価格は、予想価格100万ドルから150万ドルをはるかにしのぎ、上記の画家と同じく過去最高の落札価格となった。

(Final prices include the buyer’s commission to Sotheby’s: 25 percent of the first $50,000; 20 percent of the next $50,000 to $1 million and 12 percent of the rest. Estimates do not reflect commissions.)

(最終価格には、サザビーズへの手数料、つまり、5万ドルまで25パーセント、5万ドルから100万ドルまで20パーセント、それ以降は12パーセントという手数料が含まれる。予想価格には手数料は含まれない。)

Few museums purchased paintings this week, experts said. One that did was the Museum of Fine Arts, Boston. Anthony Crichton-Stuart, a director of Noortman Master Paintings in London, bid in behalf of the museum for Fragonard’s “Goddess Aurora Triumphing Over Night,” a mythological canvas from 1755-56. It paid $3.8 million for the painting, well above its high $2.5 million estimate.

Image: sothebys.com
THE GODDESS AURORA TRIUMPHING OVER NIGHT

専門家によると、今週は、美術館はほとんど落札していない。その中で、ボストン美術館が落札した。ロンドンのノートマン・マスター・ペインティングスのディレクター、アンソニー・クリクトン=スチュアートが代行して、フラゴナールが1755年から1756年に制作した神話が主題のキャンバスの絵画「夜に勝利する女神オーロラ」を380万ドルで入札した。それは、予想価格250万ドルをはるかに上回るものだった。

**

**