The Winged Victory of Samothrace in the Louver Museum will be restored.
Original text from GreekReporter.com with Japanese translation.

ルーヴル美術館の「サモトラケのニケ」が、間もなく修復されるという記事です。
GreekReporter.comから原文と、訳です。

***

Louvre Puts Victory of Samothrace in Maintenance

ルーヴル美術館、「サモトラケの勝利の女神」を修復

By on January 22, 2013
文)クリスティーナ・フローラ 2013年1月22日

Image: Wikipedia
Winged Victory of Samothrace
サモトラケのニケ

According to an announcement issued by the Louvre Museum, one of its its most important exhibits, the Winged Victory of Samothrace, also known as Nike of Samothrace, will be withdrawn for maintenance within September 2013.

.
ルーヴル美術館の発表によると、同館至宝のひとつ「サモトラケの翼のある勝利の女神」、別名「サモトラケのニケ」を2013年9月に修復のため持ち出すことになった。
.
The Louvre’s Maintenance Committee approved the commencement of work on the marble statue of the Winged Victory of Samothrace, according to Museum’s statement.
.

ルーヴルの保守委員会がこの大理石彫刻の修復作業を開始することを承認した。

An International subcommittee of experts will attend and supervise the work of this important project, estimated to last for more than a year. The total cost of the maintenance is estimated to reach 3 million euros, entirely financed by the project sponsors (Nippon Television Holdings, Fimalac, Bank of America-Merrill Lynch Art Conservation Programme).

国際的な専門家委員会がこの重要なプロジェクトを監修する。期間は1年以上が見込まれている。推定費用は300万ユーロで、プロジェクトのスポンサー(日本テレビホールディングス、[仏の金融機関]Fimalac、バンク・オブ・アメリカ=メリル・リンチ芸術保存プログラム)が全面的に負担する。

The Winged Victory of Samothrace is a 2nd century BC marble sculpture of the Greek goddess Nike (Victory). Since 1884, it has been prominently displayed at the Louvre and is one of the most celebrated sculptures in the world.

「サモトラケの翼のある勝利の女神」は、古代ギリシャの女神ニケ(勝利の女神)を表現した紀元前2世紀に制作された大理石彫刻で、1884年以来、ルーヴル美術館の中心的な場所に展示され、国際的にも有名な彫刻だ。

The statue’s outstretched right wing is a symmetric plaster version of the original left one. As with the arms, the figure’s head has never been found, but various other fragments have since been found: in 1950, a team led by Karl Lehmann unearthed the missing right hand of the Winged Victory. The fingerless hand had slid out of sight under a large rock, near where the statue had originally stood. On the return trip home, Dr Phyllis Williams Lehmann identified the tip of the Goddess’s ring finger and her thumb in a storage drawer at the Kunsthistorisches Museum, Vienna, where the second Winged Victory is displayed. The fragments have been reunited with the hand, which is now in a glass case in the Louvre next to the podium on which the statue stands.

彫刻の広げた右の翼は、左のオリジナルの翼と左右対称になるように石膏で再現されている。腕も頭部も発見されていないが、その他の部分は断片が見つかっている。1950年には、カール・レーマン率いるチームが、土の中から右手を発見した。この指のない手は、彫刻が元立っていた大きな岩の下に落ちていた。フィリス・ウィリアムス・レーマン博士は、この発見からの帰国途中、ウィーンの美術史美術館の保管庫で、ニケの薬指の指先と親指をつきとめた。この指の破片は右手と共に、ルーヴル美術館の彫刻が現在立っている台の横にあるガラスケースに展示されている。