Unfolding an 18th-century Game Table
18世紀折りたたみ式ゲームテーブル

Published on 23 Oct 2012 by metmuseum

Japaense translation>
<ビデオのキャプションと、訳です>

This finely crafted piece of furniture has a secret.

この繊細な工芸家具には秘密があります

Swing out a leg, adjust an arm, and voilà! Leaves unfold to reveal multiple configurations: a felt surface for card games, a game board for chess or checkers, a desk with a leather writing surface and book rest. Tug at a hidden latch, and a spring-driven backgammon board pops up.

足を出して腕を調節し,ほら、見てください。リーフを広げると、複数の構造が現れます。表面がフェルトになっているのはトランムゲーム用、次はゲームボードでチェスやチェッカー用、次は執筆のためのレザー張りのリーフ、そして、ブックレストにもなります。最後に、隠れたラッチを引くと、バックギャモン盤がバネの力で飛び出します。

The brainchild of German cabinetmaker David Roentgen (1743–1807), this sophisticated game table once graced the intimate interior of an aristocratic European home. The exquisite piece was not only convenient for entertaining guests, but it was also portable—its legs unscrew so it can easily be packed and moved.

ドイツの家具職人ダフィート・レントゲン(1743–1807)の独創的なアイディアで制作されたこの洗練されたゲーブテーブルは、かつてヨーロッパ貴族の邸の個人的な部屋を美しく飾っていました。来客をもてなすためだけでなく、持ち運びもできる便利な家具でした。足を取り外してコンパクトにして移動していました。

This 3-D animation of the table demonstrates its different configurations and illuminates its concealed features, including drawers for tucking away personal items and compartments for storing game pieces.

3Dの動画で、多様な用途や隠された機能を見ることができます。身の回りのものをしまい込む引き出しや、ゲームの道具を保存する収納場所が紹介されます。

To learn more about the Game Table, please visit:
http://www.metmuseum.org/Collections/search-the-collections/120050102

ゲームテーブルの詳細は:
http://www.metmuseum.org/Collections/search-the-collections/120050102

This table is part of the The Metropolitan Museum of Art’s exhibition Extravagant Inventions: The Princely Furniture of the Roentgens: http://www.metmuseum.org/en/exhibitions/listings/2012/roentgen

このテーブルは、メトロポリタン美術館の特別展Art’s exhibition Extravagant Inventions:The Princely Furniture of the Roentgens: http://www.metmuseum.org/en/exhibitions/listings/2012/roentgenに出品されています。