Windows of Chartres Cathedral.
Excerpt from Wikipedia with Japanese translation.

シャルトル大聖堂のステンドグラスの解説です。
Wikipediaから抜萃と、試訳です。

***

Clerestory windows
クリアストーリー(明り層)の窓

Because of their greater distance from the viewer, the windows in the clerestory generally adopt simpler, bolder designs. Most feature the standing figure of a saint or Apostle in the upper two-thirds, often with one or two simplified narrative scenes in the lower part, either to help identify the figure or else to remind the viewer of some key event in their life. Whereas the lower windows in the nave arcades and the ambulatory consist of one simple lancet per bay, the clerestory windows are each made up of a pair of lancets with a plate-traceried rose window above. The nave and transept clerestory windows mainly depict saints and Old Testament prophets. Those in the choir depict the kings of France and Castille and members of the local nobility in the straight bays, while the windows in the apse hemicycle show those Old Testament prophets who foresaw the virgin birth, flanking scenes of the Annunciation, Visitation and Nativity in the axial window.

Image: Wikipedia
The western bays on the south side of the nave, showing the top of the arcade, the triforium and the clerestory windows
身廊西側のベイ、アーケイド上部。トリフォリウムとクリアストーリーの窓

クリアストーリーの窓は、目線からかなり距離があるため、通常はシンプルで大まかなデザインになっている。主に、上部は聖人か十二使徒の立ち姿で、下部にはその人物像を特定する一つか二つの単純化した物語の場面が描かれ、その生涯の重要な出来事を思い起こさせる。身廊アーケードや周歩廊の低い窓は、ベイごとに一つのシンプルなランセットになっている一方、クリアストーリーの窓は、対のランセットにPlate Tracery (プレート・トレーサリー) のバラ窓が上についている。身廊と翼廊にあるクリアストーリーの窓は、主に、聖人と旧約聖書の預言者が描かれている。聖歌隊席にあるクリアストーリーの窓は、フランスとカスティーユの国王と地元の貴族が一直線のベイに描かれている。半円形のアプスの窓には、聖母が神の子を宿すことを予言した旧約聖書の預言者が描写され、軸状の窓に受胎告知、聖母のエリザベト訪問、キリストの降誕の場面が描かれている。

Rose windows
バラ窓

The cathedral has three large rose windows.
シャルトル大聖堂には3枚の大きなバラ窓がある。

The western rose, made c.1215 and 12m in diameter shows the Last Judgement – a traditional theme for west façades. A central oculus showing Christ as the Judge is surrounded by an inner ring of 12 paired roundels containing angels and the Elders of the Apocalypse and an outer ring of 12 roundels showing the dead emerging from their tombs and the angels blowing trumpets to summon them to judgement.

西側のバラ窓は、1215年頃の制作で直径が12mあり、伝統的に西側ファサードにある「最後の審判」が描かれている。審判者としてのキリストが中央オクルス[ラテン語の目の意味。円形窓]に配し、内側にある12枚の対の小円形窓の輪には、天使とヨハネの黙示録の長老、外側の12枚には、死者が墓から姿を現し、天使がトランペットを吹き鳴らして死者を審判に招集する場面が描かれている。

The north transept rose (10.5m diameter, made c.1235), like much of the sculpture in the north porch beneath it, is dedicated to the Virgin.[23] The central oculus shows the Virgin and Child and is surrounded by 12 small petal-shaped windows, 4 with doves (the ‘Four Gifts of the Spirit’), the rest with adoring angels carrying candlesticks. Beyond this is a ring of 12 diamond-shaped openings containing the Old Testament Kings of Judah, another ring of smaller lozenges containing the arms of France and Castille, and finally a ring of semicircles containing Old Testament Prophets holding scrolls. The presence of the arms of the French king (yellow fleurs-de-lis on a blue background) and of his mother, Blanche of Castile (yellow castles on a red background) are taken as a sign of royal patronage for this window. Beneath the rose itself are five tall lancet windows (7.5m high) showing, in the centre, the Virgin as an infant held by her mother, St Anne – the same subject as the trumeau in the portal beneath it. Flanking this lancet are four more containing Old Testament figures. Each of these standing figures is shown symbolically triumphing over an enemy depicted in the base of the lancet beneath them – David over Saul, Aaron over Pharaoh, St Anne over Synagoga, etc.

Image: Wikipedia
North transept rose window, c.1235
北側バラ窓

北側翼廊のバラ窓 (直径10.5m、1235頃)は、その下にある北側入り口の彫刻と同様に、聖母を表している。中央オクルスには聖母子が表され、12枚の花びら状の小窓に囲まれ、4枚にはハト(「Four Gifts of the Spirit」聖霊が人間にもたらす4つの贈りもの)、その他には崇拝する天使がロウソク立てを持っている姿が描かれている。その外側には、12のダイヤモンド型の開口部があり、旧約聖書のユダヤの王が描かれ、小さい菱形の輪にはフランスとカスティーユの紋章、最後に、半円形の輪では旧約聖書の預言者が巻物を持っている。フランス国王の紋章(青地背景に黄色のフルール・ド・リス)とその母親ブランシュ・ド・カスティーユの紋章(赤地背景に黄色い城)が、この窓が王家の寄進であることを示している。バラ窓の下には、5枚の背の高いランセット窓があり (7.5m)、中央には幼少時代の聖母が母の聖アンナに抱かれ、その下のトリュモー(中柱:二枚扉の出入り口の中央に立つ石材の柱)と同じ主題になっている。その両隣には、4体の旧約聖書の人物像がある。それぞれの立像は、その下のランセットの基礎に描かれている敵に勝利している。ダビデがサウルを、アロンがファラオを、聖アンヌがシナゴーガに勝利している。

Image: Wikipediaフランス国王の紋章とその母親ブランシュ・ド・カスティーユの紋章

Image: Wikipedia
フランス国王の紋章とその母親ブランシュ・ド・カスティーユの紋章

The south transept rose (10.5m diameter, made c.1225–30) is dedicated to Christ, who is shown in the central oculus, right hand raised in benediction, surrounded by adoring angels. Two outer rings of twelve circles each contain the 24 Elders of the Apocalypse, crowned and carrying phials and musical instruments. The central lancet beneath the rose shows the Virgin carrying the infant Christ. Either side of this are four lancets showing the four evangelists sitting on the shoulders of four Prophets – a rare literal illustration of the theological principle that the New Testament builds upon the Old Testament. This window was a donation of the Mauclerc family, the Counts of Dreux-Bretagne, who are depicted with their arms in the bases of the lancets.

Image: Wikipedia
Rosace du portail sud de la cathédrale de Chartres
南側バラ窓

南側翼廊のバラ窓 (直径10.5m、1225年頃から1230年) は、中央オルクスにキリストが描かれ、右手を上げて祝祷し、崇拝する天使に囲まれている。外側の12サークルの2つの輪には、ヨハネの黙示録の24人の長老が描かれ、それぞれ冠をつけ小瓶と楽器を持っている。バラ窓下の中央ランセットには、聖母子像がある。その両隣には4つのランセットがあり、4人の福音書記者が4人の預言者の肩に座っている。これは、聖書原理の珍しい忠実な図解で、新約聖書は旧約聖書の上に成り立っているというものである。この窓は、ドルー・ブルターニュ公モークレール家の寄進で、ランセットの基礎に紋章が描かれている。

Image: Wikipedia
Duke of Brittany Earl of Richmond and Lord of Machecoul
ブルターニュ公。ノートルダム・ド・シャルトル大聖堂ステンドグラスより