Unlike Notre Dame de Paris, Notre Dame de Chartres survives almost intact, which is marvelous.
Excerpt from Wikipedia with Japanese translation.

パリのノートルダム大聖堂とはちがい、シャルトル大聖堂は、ほぼ中世のまま残っているとのことで、すばらしいと思います。。
Wikipediaから抜粋と、訳です。

***

‪Chartres Cathedral‬

シャルトル大聖堂

Image: Wikipedia
Chartres Cathedral
シャルトル大聖堂

The French medieval Cathedral of Our Lady of Chartres (French: Cathédrale Notre-Dame de Chartres) is a Latin Rite Catholic cathedral located in Chartres, about 80 kilometres (50 mi) southwest of Paris. It is considered one of the finest examples of the French High Gothic style. The current cathedral, mostly constructed between 1194 and 1250, is the last of at least five which have occupied the site since the town became a bishopric in the 4th century.

フランス中世のシャルトル聖母大聖堂(仏語: Cathédrale Notre-Dame de Chartres)は、 Latin Riteカトリック聖堂で、パリ南西80Kの町シャルトルにあり、フランス盛期ゴシック様式の最高レベルの建造物とみなされている。現在の大聖堂は、おおむね1194年から1250年に建造され、4世紀に司教区が置かれて以降少なくとも5回この地を占めてきた最後の建築物である。

スクリーンショット(2013-01-11 21.55.34)

Image: Wikipedia
Chartres
シャルトル

The cathedral is in an exceptional state of preservation. The majority of the original stained glass windows survive intact, while the architecture has seen only minor changes since the early 13th century. The building’s exterior is dominated by heavy flying buttresses which allowed the architects to increase the window size significantly, while the west end is dominated by two contrasting spires – a 105-metre (349 ft) plain pyramid dating from the 1140s and a 113-metre (377 ft) early 16th century Flamboyant spire on top of an older tower. Equally notable are the three great façades, each adorned with hundreds of sculpted figures illustrating key theological themes and narratives.

スクリーンショット(2013-01-12 16.03.08)スクリーンショット(2013-01-12 16.02.55)Click here to see its history of the construction.
建築の歴史は、こちらのウェブサイトで見ることができます。

シャルトル大聖堂は、ことのほか保存状態がよく、ステンドグラスはほぼ創建当時のものがそのまま残っており、建築物は13世紀初頭からわずかな手直ししかされていない。建造物外側には重厚なフライングバットレスが聳え、窓をかなり大きくすることを可能にしている。西正面には、2つの対照的な塔が並んでいる。1140年代建造の105メートルの高さのシンプルなピラミッド型の塔と、16世紀初期にフランボワイヤン様式の塔を古い塔の上に増築した113メートルの塔で、それぞれ、聖書に基づく主要な主題や物語を表す何百体もの彫像で装飾されている。

Image: cathedrale-chartres.org/fr
Flying buttresses
フライングバットレス

Since at least the 12th century the cathedral has been an important destination for travellers – and remains so to this day, attracting large numbers of Christian pilgrims, many of who come to venerate its famous relic, the Sancta Camisa, said to be the tunic worn by the Virgin Mary at Christ’s birth, as well as large numbers of secular tourists who come to see this UNESCO World Heritage Site.

大聖堂は、少なくとも12世紀以来今日まで、旅行者の重要な目的地であり続けている。多くのキリスト教巡礼者は、聖母マリアがキリストを出産するときに身にまとっていたチューニックだという言い伝えのある有名な聖遺物Sancta Camisaを崇め、一方、一般の旅行者はユネスコの世界遺産を見学するために来訪する。

Image: Wikipedia
Chartres 1750, J.B. Rigaud
1750年のシャルトル大聖堂

Image: diocesechartres.com
La cathédrale de Chartres
シャルトル大聖堂