This is the description of the South Rose Window of Notre Dame de Paris.
Original text from Cathedral Notre Dame de Paris with Japanese translation.

パリ、ノートルダム大聖堂、南側バラ窓の解説です。
ノートルダムのウェブサイトから原文と、訳です。

***

South Rose Window

南翼廊バラ窓

The three rosettes Notre-Dame de Paris are one of the greatest masterpieces of Christianity.

パリのノートルダム大聖堂の3枚のロゼット[バラ飾り=バラ窓]は、キリスト教芸術の最高傑作の一例です。

Image: notredamedeparis.fr © Gérard Boullay
La Rose Sud ou Rose du Midi
南翼廊バラ窓

The South Rose Window was a gift from the king Saint Louis. It was designed by Jean de Chelles and Pierre de Montreuil. The Cathedral’s first construction master, Jean de Chelles, laid the first stone of the south transept façade in 1258. The South Rose Window, a central element that thrones over the transept façade, was constructed in 1260 as a counterpoint to the North Rose Window, which was built in 1250. Like its north sister, the South Rose Window reached 12.90 metres in diameter and, if you include its bay, a total height of nearly 19 metres.

Plan

Image: notredamedeparis.fr
Plan
見取り図

南翼廊バラ窓は、サン・ルイ王が寄進しました。Jean de Chelles (ジャン・ド・シェル) と Pierre de Montreuil (ピエール・ド・モントルイユ)の設計です。ノートルダム創建時の工事監督ジャン・ド・シェルは、1258年に南翼廊ファサードの最初の石を置きました[ファサードの建築を着工しました]。翼廊ファサードの上に聳える中心的建築要素の南翼廊バラ窓は、1250年に建設した北翼廊バラ窓に対応する形で、1260年に建設しました。北のバラ窓と同じく直径は12.90メートルで、ベイ(柱間)も含めると19メートルほどの高さになります。

This rosette is dedicated to the New Testament.

このバラ窓は新約聖書を表しています。

It has eighty-four panes divided into four circles. The first one has twelve medallions and the second has twenty-four. A third circle is made up of quadrilobes, and the fourth circle has twenty-four trilobes medallions. This window features the symbolic number four, along with its multiples, twelve and twenty-four.

84枚のパネルが4つのサークルに別れています。第一サークルには12枚のメダイヨン[円形パネル]があり、第二サークルは24枚あります。第三サークルは四葉状のパネルで構成され、第四サークルは、24枚の三つ葉状メダイヨンでできています。このバラ窓は、象徴的数字である4とその倍数、12と24が採用されています。

This rose window has been damaged many times over the centuries. After being propped up since 1543 because the masonry had settled, it was restored between 1725 and 1727 by Guillaume Brice, under Boffrand’s supervision. However, as the work was poorly executed and the window was severely altered in a fire in the archbishopric during the 1830 revolution, it had to be rebuilt again. This work was begun in 1861 by Viollet-le-Duc. Since the masonry was sagging excessively, he rebuild the south counter-brace façade completely and turned the rosette 15° to give it a vertical axis and a horizontal axis, thereby consolidating the stone lacework. Master glassworker Alfred Gérente restored the 13th century stained glass and put the missing medallions back together in the spirit of overall authenticity.

このバラ窓は、何世紀もの間に何度も損傷しています。1543年以降石積みが定着したため支柱が強固になった後、1725年から1727年にボフラン監督のもとギヨーム・ブリスが修復しました。ところが、修復作業が不完全であった上、1830年7月革命当時の大司教の時の火災で大幅に変貌したため、再び修復を余儀なくされました。1861年にヴィオレ・ル・デュクが修復工事を始めました。石造りが大幅に劣化していため、counter-brace (X字形)の南翼廊ファサードを一から作り直し、ロゼットを15度回転して十字形軸に変え、 その結果、石のすかし細工に統一感をもたらしました。ガラス細工師のマスター、アルフレッド・ジェラントが13世紀のステンドクラスを修復し、失われていたメダイヨンを再現して全体としてあるべき姿に復元しました。

However, the succession of work on the rosette completely disrupted panel arrangement. The designer’s original plans have gone undiscovered to this day. The twelve Apostles, who were originally part of the first circle, are now distributed between the two circles, amidst other figures. In the four circles, you can see Saints and Martyrs traditionally honoured in France, as well as the wise virgins:

ところが、その後の度重なる修復作業で、ロゼッタのパネルの配置が崩壊し、オリジナルの設計図は、今日に至るまで発見されていません。創建当時第一サークルにあった12使徒は、現在、2つのサークルの他の人物像の間に配置されています。第四サークルには、フランスで伝統的に崇拝されている聖人と殉教者と、賢い処女が描かれています。

  • Lawrence, a deacon holding the grill he was martyred with;
  • Denis, the first bishop of Paris carrying his head;
  • Pothin, the bishop of Lyon;
  • Marguerite and a dragon;
  • Blandine and two lions;
  • George;
  • Ambrose;
  • Eustacius…

Image: notredamedeparis.fr © Daniel Dumolard
Saint Laurent
聖ラウレンティウス

In the fourth circle, there are around twenty angels carrying a candle, two crowns and a censer, as well as scenes from the Old and New Testaments (in the third and fourth circles): the flight into Egypt, the healing of a paralytic, the Judgement of Solomon, the Annunciation and more. Also in the third circle and part of the fourth circle, there is a series of nine scenes from the life of Saint Matthew displaying precious, well-conserved workmanship. Their origin is unknown, but experts agree that they date from the last quarter of the 12th century.

第四サークルには、12人の天使がキャンドル、王冠、つり香炉をもち、(第三サークルと第四サークルに)旧約聖書と新約聖書の場面が描かれています。エジプトへの逃避、麻痺の治癒、ソロモンの裁き、受胎告知などです。また、第三サークルと第四サークルの一部には、聖マタイの生涯から9場面が、保存状態の良好な貴重な細工で描かれています。オリジナルは不明ですが、専門家によると、12世紀後期の作とされています。

At the edges, there are two corner pieces representing:

  • the Descent into Hell to the east, surrounded by Moses and Aaron (at the top) and the temptation of Adam and Eve (at the bottom);
  • the resurrection of Christ to the west, with Saints Peter and Paul (on top), and Saints Madeleine and John (at the top).

縁にある2箇所の角には、

  • 東側:キリストの地獄降下。上部はモーゼとアーロン、下部はアダムとイヴの誘惑
  • 西側:キリストの復活。上部は聖ペテロと聖パウロ、下部は聖マグダラのマリアと聖ヨハネ。

Image: notredamedeparis.fr © Gérard Boullay
La Descente du Christ aux Enfers
キリストの地獄降下

The central medallion probably originally depicted God in majesty. In 1726, after the window had disappeared after two hundred years of ruin, it was replaced by the coat of arms of Cardinal de Noailles, who was archbishop of Paris at the time, who had spent 80,000 pounds to restore the rose window. Viollet-le-Duc, through Gérente’s work, decided to depict the Christ of the Apocalypse there: the sword coming out of the Saviour’s mouth symbolises His word separating error from truth. Stars are shining on the wounds on his hands, while temple lamps are lit around Him.

中央メダイヨンには、創建当時、恐らく荘厳の神が描かれていました。200年間荒廃した結果バラ窓が失われた後、1726年に、当時パリ大司教だったド・ノアイユ枢機卿が、8万リーブルを費やしてバラ窓を復元しました。ヴィオレ・ル・デュクは、ジェラントに命じて、ヨハネの黙示録のキリストを描かせました。救い主の口から刀が飛び出し、神の言葉が善と悪を分けていることを象徴しています。両手の傷の上では星が輝き、寺院のランプが周囲で光っています。

Image: notredamedeparis.fr © Gérard Boullay
Le médaillon central de la Rose Sud
中央のメダイヨン

Under the rosette, the heavenly court is represented by the sixteen prophets portrayed under the large windows of the bay, which were painted in the 19th century by Alfred Gérente, under Viollet-le-Duc’s supervision. The architect drew inspiration from Chartres Cathedral, placing the four great prophets (Isaiah, Jeremiah, Ezekiel and Daniel) carrying the four evangelists (Matthew, Mark, Luke and John) on their shoulders, at the centre. This window echoes the reflections of Bertrand, bishop of Chartres in the 13th century, on the connection between the Old and New Testaments: We are all dwarves standing on the shoulders of giants. We see more than they do, not because our vision is clearer there or because we are taller, but because we are lifted up due to their giant scale.

ロゼットの下には、19世紀にヴィオレ・ル・デュク監督のもと、ジェラントにより16人の預言者と天上の法定が描かれました。ル・デュクはシャルトル大聖堂から着想を得て、中央に、4人の預言者(イザヤ、エレミヤ、エゼキエル、ダニエル)が4人の福音書記者(マタイ、マルコ、ルカ、ヨハネ)を肩に乗せています。この窓は、13世紀のシャルトル大聖堂司教ベルトランの旧約聖書と新約聖書の関係に関する考えに基づいています。すなわち、私たちは皆、巨人の肩に立っている小人である。私たちは巨人よりもよく見える。それは、巨人よりも視界が開けているからでも、高いところに立っているからでもなく、巨人の大きさのお陰で高いところに立つことができるからだという考え方です。

Image: notredamedeparis.fr © Gérard Boullay
La claire-voie de la Rose Sud présentant les seize prophètes
16人の預言者

The South Rose Window symbolizes Christ triumphant, reigning over Heaven, surrounds by all his witnesses on earth.

南翼廊腹窓は、キリストの勝利を象徴していて、天国に君臨し地上の証人に囲まれています。