Notre Dame de Paris will replace its four bells in the north tower in February 2013 for the 850th anniversary of the cathedral.  The following is the article about the renovation published in 2011.
Excerpts from The New York Times with Japanese translation.

パリのノートルダム大聖堂が850周年を迎えるにあたり、北棟の新しく鋳造した鐘をこの2月に設置するようです。この改修に関する2011年の記事を載せました。
The New York Timesから抜粋と、訳です。

***

Paris Journal
パリニュース

A Melodic Emblem Falls Out of Tune

By MAÏA de la BAUME
Published: October 18, 2011

美しい旋律、不協和音を奏でる

文)マイア・ド・ラ・ボーム
投稿:2011年10月18日

Image: Nigel Dickinson for The New York Times
The bells of Notre Dame de Paris
ノートルダムの鐘

PARIS — Since 1856, the four major bells atop the northern towers of the Cathedral of Notre-Dame have rung every 15 minutes, without fail. They rang for the end of World War I and the liberation of Paris in 1944. Most recently, they chimed in honor of the victims of 9/11.

パリ: 1856年以来、ノートルダム大聖堂北塔の4基の鐘は、15分毎になり続け滞ったことはない。第一次世界大戦の終戦時や、1944年のパリ解放時にも鳴り続けた。最近では、9.11の犠牲者を悼み、鐘の音が鳴り渡った。

They even have names, taken from various French saints: Angélique-Françoise, Antoinette-Charlotte, Hyacinthe-Jeanne and Denise-David.

4基の鐘にはフランスの聖人から取った名前まである。Angélique-Françoise (アンジェリーク=フランソワ)、Antoinette-Charlotte (アントワネット=シャルロット)、Hyacinthe-Jeanne (イエソント=ジャンヌ)、そして、Denise-David (ドニーズ・ダヴィッド)だ。

Nevertheless, in 2012 they will be melted down and replaced by nine new ones, intended to recreate the sound of Notre-Dame’s original 17th-century bells.

2012年11月、この4基の鐘を溶解して9基の新しい鐘に置き換え、ノートルダムのオリジナルである17世紀の鐘の音を再現することになっている。

The replacement of the bells, which is mentioned without fanfare on a placard inside the church, has caused a small but very Parisian ruckus. Some consider the 19th-century bells unrivaled witnesses to French history, made famous by Victor Hugo’s “Hunchback of Notre-Dame,” and an indestructible part of French heritage.

この鐘の入れ替えついては、大聖堂内のプラカードにひっそりと書かれているが、小規模だがとてもパリらしい騒動になっている。この19世紀の鐘はフランス史の唯一無二の証人で、ビクトル・ユゴーの「ノートルダムのせむし男」で有名になり、不滅のフランス遺産の一部となっていると主張する人々がいる。

For the Rev. Patrick Jacquin, the rector of Notre-Dame and initiator of the project, the point is authenticity. “We don’t destroy the bells,” he said. “We only intensify the sound of Notre-Dame.”

ノートルダムの教区神父でこのプロジェクト発起人のパトリック・ジャッカン神父は、肝心なことは正当性だという。「鐘を壊すのではありません。ただ、ノートルダムの音色を強化するだけです。」と話す。

Reconstruction of the Sound of the Cathedral Bells 18世紀末の鐘の音の再現

Reconstruction of the Sound of the Cathedral Bells in nytimes
18世紀末の鐘の音の再現 (この画像をクリックすると、The New York Timesの記事が表示されます。左上部のこのような画像の三角マークをクリックすると、鐘の音を聞くことができます)

.

Bells, cast from a bronze alloy, may look indestructible, but they do not last forever. They can wear down and fall out of tune, which is what some “campanologues,” or bell experts, say has happened to the bells of Notre-Dame. “This is one of the most dreadful sets of bells in France,” said one expert, Hervé Gouriou. “They are damaged and badly tuned.”

鐘は、ブロンズ合金で鋳造するので、頑丈にに見えるかもしれないが、永久に劣化しないわけではない。すり減り音調が狂うこともあり、それが「campanologue」または鐘の専門家が、ノートルダムの鐘に起きていると主張している。「この4基の鐘はフランスで最悪のもので、損傷してひどい音色になっています」と、鐘の専門家エルベ・グリウ氏が語る。

But for some ardent defenders of French heritage like Xavier Gilibert, a 37-year-old director of a nongovernmental organization, the bells are not only a symbol of Paris but also a worldwide heritage.

ところが、NGO代表のクサバー・ジルベール氏 (37) のような熱心な擁護者は、この鐘はパリのシンボルであるだけでなく、世界遺産だと主張する。

“They rang at fundamental moments of our history,” Mr. Gilibert said. “They are going to disappear, and no one will know about it.”

「この鐘は、フランス史上重要な節目に鳴ってきた。その鐘がなくなり、誰もそれを知る人がいなくなる」と語る。

The replacement of the bells in a $3.5 million project is part of a face-lift in preparation for the cathedral’s 850th anniversary next year that includes a renovation of the obsolete and energy-intensive lighting system and renowned organ.

この350万ドルの鐘の設置替えプロジェクトは、来年850周年を迎えるノートルダムの準備事業における改装の一環で、時代遅れでエネルギーを大量消費する照明設備や、有名なオルガンも改修することになっている。

Not all the bells will be replaced. The great 1681 “Bourdon Emmanuel” bell, which hangs in the south tower and is considered one of the most beautiful in Europe, will be preserved. It rings for major religious celebrations, popes’ visits, presidential funerals and commemorations. When Pope John Paul II died in 2005 at the age of 84, the Bourdon Emmanuel rang 84 times.

全ての鐘を入れ替えるわけではない。南棟にあるヨーロッパ随一と言われる1681年の「ブルドン・エマニュエル」は、保存される。この鐘は、主要な宗教行事や、ローマ法王の訪問、大統領の葬儀や記念式典に鳴らす。2005年に法王ヨハネ・パウロ2世が84歳で亡くなった時、ブルドン・エマニュエルは84の鐘の音を紡いだ。

Despite the concerns of those like Mr. Gilibert, only the Bourdon Emmanuel is considered by experts to have important historical significance. The smaller bells were cast in the 19th century, which many French historians consider to be recent; their metal is of low quality, and they produce a disharmonious sound, the experts say.

ジルベール氏のような擁護者が異を唱える一方、専門家はブルドン・エマニュエルが、唯一歴史上重要な鐘だと考える。この4つの鐘は19世紀に鋳造されたのだが、それは歴史家にとっては最近のことと捉えられている。金属は上質ではなく、不協和音を奏でていると語る。

Before the revolution, Notre-Dame had 20 renowned bells that pealed atop the northern and southern towers of the building. But after the revolution in 1789, all the bells save one were melted down to make cannons, as the revolutionaries destroyed all religious symbols and even held propaganda meetings in the cathedral. (About 80 percent of the bells across France disappeared after the French Revolution.) “Until 1856, the remaining bell served only as an alarm,” Father Jacquin said. “The church rang only to alert people, including for epidemics.”

革命前、20基の鐘がノートルダムの北塔と南棟から鳴り響いていた。ところが、1789年の革命で、1基の鐘の他すべてが溶解されて大砲に作り替えられた。革命家はすべての宗教的シンポルを破壊し、それどころか、大聖堂内でプロパガンダの集会を開催するほどだった。(革命後、およそ80%の鐘がフランス国内から姿を消した。)「1856年まで、残った鐘は警鐘としてのみ鳴らされていました」と、ジャッカン牧師が話す。「教会は、流行病の発生など市民に注意を喚起するときのみ、鐘を鳴らしました。」

Revolutionaries confiscated the Emmanuel bell but never destroyed it. It was put back in the southern towers at Napoleon’s behest in 1802.

Image: notredamedeparis.fr
The Emmanuel Bell © NDP
エマヌエル鐘

革命家はエマヌエルも押収したが、破壊は免れた。エマヌエルは、1802年、皇帝ナポレオンの戴冠式の時に、南棟に戻された。

In 1856, Napoleon III offered four bells to Notre-Dame — the ones in place today — to celebrate his son’s baptism and to replace the ones lost in the revolution. Father Jacquin’s hope is to recreate the original, 17th-century layout of the bells and “retrieve the harmony and harmonics of the bells that existed before 1789,” he said. He is working from an archive left by Eugène Viollet-Le-Duc, a famous 19th-century architect.

1856年、ナポレオン三世はノートルダムに4基の鐘を献呈し、それが今日の鐘となった。息子の洗礼式を記念するためと、革命で失われた鐘を元に戻す目的だった。ジャッカン神父の希望は、オリジナルの17世紀の鐘の配置を再現することで、「1789年以前の調べとハーモニクスを取り戻すことです」と語る。神父は、19世紀の著名な建築家ウジェーヌ・ヴィオレ・ル・デュクが残した古書を参照している。

Mr. Viollet-Le-Duc, who restored the cathedral between 1845 and 1865, also wished to recreate the church’s ancient harmonics. He rebuilt the belfry, making holes in the walls of the church and building beams to support the new bells. But the project was abandoned.

ヴィオレ・ル・デュクは、1845年から1865年にかけてノートルダムを修復し、大聖堂の昔の音調を再生することも望んでいた。鐘楼を再建し大聖堂の壁面に穴をあけ、新造のベルをつり下げる梁も制作した。だが、このプロジェクトは放棄された。

The new bells, Father Jacquin said, will have the same weight and diameter as the ancient ones and are designed to produce the same notes. They will ring as they rang throughout the ancien régime, with deeper resonance and a lower tone than today. (A sample of the new sound is available on the Notre-Dame Web site.)

新しく鋳造する鐘は、ありし日の鐘と同じ重さと直径で、同じ音を奏でるように設計されると、ジャッカン神父が語る。今日の鐘より深みのある響きと低い音調で、アンシャンレジーム(旧体制時)と同じように鳴り響くようになる。(ノートルダムのウェブサイトで、再現した響きを聞くことができる。)

Father Jacquin will soon ask for bids from the last four remaining bell makers in France. Last month, he went to the United States, “where people are interested in bells,” he said, to find sponsors for the renovation, which is also getting money from the state.

ジャッカン神父は、間もなく、フランスに残る最後の4件の鐘製造者から、入札を募る。先月には、この再建プロジェクトのスポンサーを求めて、神父言うところの「鐘に関心のある人々がいる」米国を訪れ、資金集めをしている。

For Fernando Gabrielli, 48, an outspoken critic of Mr. Jacquin’s bell project, the destruction of the iconic bells is a crime.
“They are the music of the world,” he said in an interview.

ジャッカン神父の鐘再建プロジェクトに歯に衣着せず反論するフェルナンド・ガブリエリ氏(48)は、象徴的な鐘を破壊することは罪だと話す。
「この鐘は世界の音楽です。」とインタビューで答えている。

/ ….. /
<省略>

But some experts say that renewal of the bells is a creative act, not just a replication of the past. Philippe Paccard is the owner of the Fonderie Paccard, the oldest bell foundry in France, which was created in 1796. “Tradition dictates that bell makers never renew bells in an identical way,” he said.

一方、専門家は、鐘を新しくすることは創造的な行為で、単なる過去の再生ではないと話す。フィリップ・パカード氏は、フランス最古の鐘鋳造所の所有者で、その創業は1796年に遡る。パカード氏は、「鐘製造者は、決して同じ方法で鐘を再製したりはしないと、代々語り継がれています」と話す。

Mr. Paccard’s father built the world’s largest free-swinging bell in Newport, Ky. He also made the carillon at the University of California, Berkeley, and the bells of St. Patrick’s Cathedral in New York. His company also designed the bells of the Sacré-Coeur Basilica in Montmartre, which are known to be the largest in France.
“Bells are like human beings,” Mr. Paccard said. “They live and, one day, they fade.”

パカード氏の父親は、米ケンタッキー州ニューポートにある世界最大の自由振動鐘を製造した。また、カリフォルニア大学バークレー校のカリヨンや、ニューヨークのセント・パトリック大聖堂の鐘も鋳造した。また、同製造所が手がけたパリ,モンマルトルにあるサクレクール寺院の鐘は、国内最大として知られている。
「鐘は人間と同じです。生を受け、いつかは消えていくのです」と、パカード氏が語った。

Image: notredamedeparis.fr

*

新しい鐘

Inauguration du nouvel ensemble campanaire et sonnerie des cloches
新しい鐘の除幕式


Published on 23 Mar 2013 by KTOTV