Original text and chart from The Economist with Japanese translation.

The Economistから原文とチャート、そして意訳です。

***

Daily chart

Birth right

Jan 1st 2013, 14:14 by Economist.com
2013年1月1日
文)Economist.com

Where to be born in 2013
2013年にどこに生まれたいか

A QUARTER of a century ago, The World in 1988 light-heartedly ranked 50 countries according to where would be the best place to be born. Then, America came top (see chart on left). Now the Economist Intelligence Unit has more earnestly calculated where would be best to be born in 2013. Its quality-of-life index links the results of subjective life-satisfaction surveys—how happy people say they are—to objective determinants of the quality of life across countries. Being rich helps more than anything else, but it is not all that counts—things like crime and trust in public institutions matter too. In all, the index takes 11 indicators into account. Some are fixed, such as geography; others change only very slowly over time (demography, social and cultural characteristics). See full article.

25年前の1988年、生まれるとしたらどこがいいかという問いに、ザックリと50カ国をランク付けした。トップはアメリカだった。今回、Economist Intelligence Unit (エコノミスト・インテリジェンス・ユニット)は、もう少し熱心にその2013年版を計算してみた。生活の質インデックスは、全世界で、主観的生活満足度アンケート(どのように幸せだと言っているか)の結果と、生活の質の客観的決定要因を連携した。裕福であることは何よりも満足度を上げるが、それが全てではない。犯罪や公的機関への信頼も重要な要素だ。全体で、11の指標を採用した。地理など不変のものと、時間と共にゆっくり変化するもの(人口、社会的・文化的特徴)がある。詳しくはこちら

Chart from The Economist
2013年版どこに生まれたいか

日本は25位(1988年は6位)
世界でトップはスイス
アジアでトップはシンガポール(6位)
アメリカはドイツと共に(16位)