A real-life Santa Claus is delvering gifts to children in New York.
Original text from Huffingtonpost with Japanese translation.

ハリケーンでおもちゃを失った子ども達に、サンタクロースがプレゼントを届けているという記事です。
Huffingtonpostから原文と、訳です。

***

‘Sandy Claus’ Brings Gifts To Hurricane Victims

「サンディクロース」、ハリケーン被害者にプレゼントを運ぶ

AP  |  By MEGHAN BARR
Posted: 12/21/2012 8:40 am EST  |  Updated: 12/21/2012 10:07 am EST

AP (文)メーガン・バー
投稿:東部時間2012年12月21日午前8時40分
更新:東部時間2012年12月21日午前10時7分

Image: facebook.com/sandyclausmichael

NEW YORK — From his toy-cluttered Brooklyn apartment, the man in the red suit was making his list and checking it twice. But he made no distinction between naughty or nice: Every child on it would receive a gift from this Santa Claus.

ニューヨーク:その赤いスーツの男性は、おもちゃが散乱したブルックリンの自宅で、作ったリストを再確認していた。ただ、いい子と悪い子の区別をつけていない。リストに載っているすべての子どもが、このサンタクロースからプレゼントをもらえる。

For the children whose toys floated away during Superstorm Sandy, Michael Sciaraffo is playing the role of a real-life Saint Nick. Every afternoon and night, he stuffs his red sack to the brim with presents and heads out to storm-ravaged homes, personally delivering new toys to awestruck little kids whose play rooms were destroyed by floodwaters. And with less than a week before Christmas, his “Secret Sandy Claus Project” is keeping him very busy.

超大型ハリケーンサンディにおもちゃをさらわれてしまった子どものために、 Michael Sciaraffo(マイケル・サイアラフォ)は、リアルライフの聖ニックを演じている。毎日、午後と夜、赤い袋にプレゼントをいっぱい詰め込み、ハリケーンが襲った家に向かい、遊び部屋が洪水で水浸しになって息をのんだ子ども達に、新しいおもちゃを自ら届けている。

“Between the requests coming in for personal visits as well as the influx of donations, it’s been a full-time job,” said Sciaraffo, a 31-year-old political consultant. “And kudos to Santa, because I don’t know how he pulls it off every year.”

「来てほしいというリクエストやら殺到する寄付やらで、フルタイムの仕事になってしまった。」と、政治コンサルタントのサイアラフォ (31)が話す。「それから、サンタには脱帽するよ。どうやって毎年この仕事をこなしているんだろう。」

There’s hardly any room to sit in his tiny apartment, where boxes of toys are piled on tables and all over the floor. He spends most of the day keeping track of toy requests and donations that are pouring in by the hundred from people who know children affected by the storm. At first, Sciaraffo began jotting down the requests on Post-it notes, but as demand steadily grew he created a spreadsheet and taped it to the wall.

サイアラフォの狭いアパートは、おもちゃの箱が机の上や床のあらゆるところに積み重なり、座る場所もない。ハリケーンに襲われた子どもを知っているという人達から矢継ぎ早に寄せられるおもちゃのリクエストや寄付の対応で、ほぼ丸一日が過ぎている。最初は、リクエストをポストイットにメモ書きしていたが、要望が増えきて、今ではスプレッドシートに作って壁に貼っている。

The list reads like an inventory for a toy store. A Playskool swing for 2-year-old Jacob. A Disney Fairies makeup set for 5-year-old Charlotte. Then there are countless robots and footballs and baby dolls arranged by age and gender, awaiting assignment to a specific child.

リストは、玩具店のインベントリーのようだ。2歳のヤコブにPlayskool Swing。5歳のシャーロットにディズニーのフェアリーメーキャップセット。そして、数えきれないロボットやフットボール、赤ちゃん人形が年齢別と性別に分けられ、決められた子どもに振り分けられるのを待っている。

“The goal was to match up each child with a toy that they liked or asked Santa for for Christmas,” Sciaraffo explained. “We basically tried to pair them up with toys I had in stock.”

「好みや、サンタにクリスマスプレゼントとしてお願いしていたおもちゃを、それぞれの子どもに届くようにするのが目的でした。基本的に、手持ちのおもちゃを届けようとしていました。」と、サイアラフォが語る。

The charitable enterprise grew out of a Sandy donation outreach effort that Sciaraffo had been spearheading for weeks in the wake of the storm, drumming up donations of clothing and food through Facebook. As the holidays approached, he realized that lots of children would be without their toys this year.

サンディ被害者への寄付から始まったチャリティ活動は、サイアラフォが被災から何週間にも渡って陣頭指揮を執り、フェイスブックで衣類や食料品を募集していた取り組みをしのぐことになった。クリスマスが近づき、多くの子ども達が今年はおもちゃがないことに気がついたのだ。

And with their parents preoccupied with the drudgery of storm repairs, many children probably might not even get to sit on Santa’s lap. So he decided to fill that gap himself.

両親は被害の後片付けで手いっぱいの中、子ども達は恐らく、サンタの膝の上に座ることさえできないだろう。そこで、サイアラフォは、自分がその隙間を埋めることにした。

“When I was a kid, my toys were very important to me,” Sciaraffo said. “That’s their security blanket, so to speak. I couldn’t sit home and do nothing.”

「子どもの頃、自分にとっておもちゃはとても大切だった。子どものねんねタオル(安心感を与えるもの)のようなものです。何もしないで家でじっとしていられなかった。」と、サイアラフォは話す。

Donations are coming by the truckload from all over the country, fueled by his Facebook page. And Sciaraffo has received elf-like help from fellow New Yorkers like Sean Turk, a father of three from Queens who has raised more than $2,000 from his community and has been filling toy requests at local stores.

寄付は、サイアラフォのフェイスブックのお陰で、アメリカ中からトラックで運ばれてくる。また、地元ニューヨーカーからエルフのような支援を受けている。そんな1人シーン・タークは、クウィーンズに住む3人の子どもの父親で、地域から2000ドルを超す寄付金を集め、地元の店でおもちゃのリクエストを賄った。

“I started it with $500 of my own,” Turk said, “and then people just started contributing.”

「僕がまず500ドルを寄付したら、皆が自然と寄付してくれるようになったんだ。」と、タークが話す。

On a recent rainy afternoon, Sciaraffo pulled on his white wig and beard and drove out to weather-beaten Belle Harbor, a town on the Rockaway peninsula. His first stop: the darkened oceanfront home of Elizabeth Sampol, who was waiting upstairs with her 11-month-old daughter, Ella.
“Ho, ho, ho,” he shouted. “Merry Christmas!”

つい先頃の雨の午後、サイアラフォは白いカツラとあご髭をつけ、ロカウェイ半島の町、雨のベルハーバーに出かけた。まず訪れたのは、エリザベス・サンポールの暗い海辺の家で、二階で11ヶ月の娘エラと待っていた。
「ホー、ホー、ホー。メリークリスマス!」と、サイアラフォが叫んだ。

Ella gazed up at him and smiled as Sciaraffo handed her a toy duck. Sandy struck just after her first birthday party and destroyed all of her new gifts when the basement flooded.

おもちゃのあひるを差し出すと、エラは見上げてニッコリした。初めての誕生日パーティの直後にサンディが直撃して地下室が浸水し、もらったばかりのプレゼントが台無しになった。

“As you can see from the outside of the house and the inside of the house, it’s been a disaster,” said Elizabeth Sampol, who has been living in a FEMA-funded hotel room for several weeks with her family while their home is repaired. “And we haven’t had time to take her to go see Santa Claus or to do anything that we would want to do for her first Christmas that actually matters.”

「ご覧の通り、家の中も外も目も当てられない状態です。」とエリザベス・サンポールが話す。サンポールは、家の修理中、家族でFEMAが支援するホテルで何週間も暮らしている。「サンタクロースを見に連れて行ったり、初めてのクリスマスに何かしてあげる時間がなくて、とっても気になっていました。」

Sampol said she was amazed when she learned about Sciaraffo’s project.
“He contacted me and he told me how he’s been going around giving out gifts,” she said. “And I was so happy that someone would do this in his free time.”

サンポールは、サイアラフォのプロジェクトを聞いた時、驚いたと言う。
「連絡をくれてプレゼントの話をしてくれました。空き時間にこんなことをしている人がいるだなんて、とっても嬉しかった。」

A few blocks away, 4-year-old Sophie Creamer waited excitedly by the front door as she caught sight of Sciaraffo coming down the street. And when he handed her a brand-new Barbie doll, she clutched it to her chest and wouldn’t let go.

数ブロック先で、4歳のソフィー・クレーマーは、サイアラフォの姿が通りに見えると、玄関でワクワクしながら待っていた。そして、新品のバービー人形を渡すと、胸にしっかりと抱いて手放そうとしなかった。

“It’s all gutted. We don’t have a basement,” said her mother, Lori Creamer. “So she lost all of her toys.”

「全壊です。地下室はもうありません。だから、この娘はおもちゃを全部なくしてしまいました。」と、母親のロリー・クリーマーが話した。

If all goes according to plan, Sciaraffo is hoping to deliver presents to nearly 1,000 children in the coming days.

すべてが計画通りに進めば、ほぼ1,000人の子どもにプレゼントを届けることができるはずだと、サイアラフォは見込んでいる。

As he hoisted his sack of toys over his shoulder, heading off to another delivery, the rain stopped and a rainbow cut a path across the sky. He took it as a sign of good luck.
“You don’t see that every day,” he said, grinning as his beard slipped down his face a little. “Amazing.”

おもちゃの詰まった袋を肩にしょって次の届け先に出発すると、雨が止んで行き先の空に虹がかかった。サイアラフォは、幸運のサインだと思った。
「虹なんて毎日見れるものじゃない。」と、ニコッと笑うとあご髭が少しずれ落ちた。
「すばらしい。」