Video clip of Marie Antoinette and the passion of decors.
English translation in the comment area with Japanese translation.

マリー・アントワネットの内装へのこだわりについてのビデオです。
コメント欄にある英訳と、試訳です。

***

Marie-Antoinette et la passion des décors

Uploaded on 20 Apr 2009 by chateauversailles

‪Marie-Antoinette et la passion des décors

‬マリー・アントワネットと室内装飾のこだわり

Ironic, caustic, facetious, Marie-Antoinette will better her style all along her reign. The rivality between her and her husband will also take place in the world of art. In her young age, she shows an interest in indoor furnitures. She surrounds herself with objects of unbelievable luxury, made by the greatest creators of the time. Philippe Stark, the prince of french designers, sees the beauty in a mother-of-pearl drawer or a porcelain vase as a protective cocoon around the queen.

皮肉な、辛辣な、軽薄な、マリー・アントワネットは、王妃として自分のスタイルを磨いていった。国王と王妃は、芸術においてもライバルだった。アントワネットは若いときから、家具に興味を抱いていた。当時の最高の職人が制作した信じ難い程贅沢な品々に囲まれていた。フランスの著名デザイナー,フィリップ・スタルクは、マザーオブパールの引き出しや磁器の花瓶の美しさに、王妃を守り包み込んでいるものと見て取る。

0:29 : “I simply think there is in Marie Antoinette this scenario : a person comes from a foreign land, and feels lost. Someone who’s lost has an interesting take on things : she’s in a discovering mood. She makes things out of loneliness, of surprise, of feeling far from her roots, so she has to create new roots.” Versailles or Trianon, Fontainebleau or Rambouillet, in each castle the queen plays with upsetting the scenery, recreating to her taste furniture and appartments.

「マリー・アントワネットの中に、このようなシナリオだけが見えるのです。外国からやってきて、喪失感を感じている人。喪失感から物事について面白い見方をするようになった人。アントワネットは新しいものを見つける傾向にあった。孤独感、驚き、自分のルーツから遠く離れていると感じていることが土台となって、何かを作り出した。新しいルーツを作らなければならなかった。」ヴェルサイユ、トリアノン、フォンテーヌブロー、ランプイエ、どの宮殿でも、舞台装置をひっくり返し、自分好みの家具や居室に作り変えた。

1:08 : She has no reverence for Louis XIV art, so she would have liked to destroy all the indoor of Versailles. The state finances don’t allow for that. But she remains the only queen to have marked the castle with her own personal taste. “In the end, Versailles is the castle you can the least adaptate. It’s the one she can the least change, because it’s where the court and the royal family officially have their life.”

アントワネットはルイ14世様式の装飾に敬意をもっていなかったので、ヴェルサイユ宮殿の内装すべてを壊したいと感じていたが、国家予算がそれを許さなかった。それでもアントワネットは、宮殿を自分好みにしたいと望み続けた唯一の王妃だった。「結局、ヴェルサイユは最も融通の利かない宮殿でした。アントワネットは、ほとんど改装することができませんでした。なぜなら、そこには宮廷があり、国王一家の公式の住まいだったからです。」

1:31 : “It’s especially the castle where, in what we call the little cabinets, she had her private life besides her official appartments. Finally, she will completely redecorate these tiny rooms, with a lot of luxury. There she will show her collections : precious objects, stones, wood and mother-of-pearl… These are very feminine and private rooms.” In her intimate kingdom which is the Little Trianon, the queen expresses her love for nature on furniture, wood and fabric.

「宮殿には、公の大居室(Grand Appartement)の他に、Petites Cabinetと呼ばれる小さめの部屋があり、そこで私的な時間を過ごしました。アントワネットは、ようやく、この小部屋を贅沢に全改修し、自分のコレクションで装飾することができました。高価な品々、宝石、木製品、マザーオブパール、等々で飾りました。とても女性らしく私的な部屋でした。」アントワネットの隠れ家のような王国、プチトリアノンでは、自然への憧憬を家具やボワズリー(羽目の木彫細工品)、ファブリックに反映した。

1:59 : “We know she liked flowers a lot, like her family, her father in Vienna. Flowers were everywhere, embroidered on curtains, sculpted in golden bronze and on chairs… There is a permanent blooming in these appartments.” In her country house, the queen oversees everything. She monitors the scale models, the designs, the materials and patterns. A color is created for her : “Trianon blue”. Trianon is the peak of splendor. She owns a farm and a hamlet, but there’s a limit to her rustic fad.

「アントワネットは、ウィーンの家族や父親と同様に、花を大変好んでいました。花が至る所に登場します。カーテンの刺繍、黄金のブロンズ彫刻、椅子、等々。このような居室では永遠に花が咲き乱れています。」この田舎風の邸宅では、すべてにかかわった。縮尺模型、デザイン、素材、図案に目を通した。「トリアノンブルー」という色もアントワネットのために生み出された。トリアノンは輝きの絶頂だった。農場や村里を手にしたが、アントワネットの一時的な田舎風好みには限界があった。

2:38 : “Don’t imagine the Little Trianon simplistic regarding the furniture. It would be an error. Imagine extremely rich furniture. It was a false country, in a sense.” In this private residence, she doesn’t buy her furniture to the state’s official creators. She prefers working with artists she chose, the best of the time. Carpet makers, embroiders, cabinet makers, who work for the queen at a speed unseen, and make for her some of the finest pieces of the century.

「プチトリアノンの家具を簡素だと見ないでください。それでは、まちがってしまいます。非常に高価な家具だと思ってください。ここは、ある意味、人工的なの田舎でした。」アントワネットはこのプライベートな邸宅の家具を、国家の正式な製造者から購入しなかった。それより、自分で選んだ当代一流の製造者を好んだ。カーペットメーカー、刺繍、キャビネメーカーは、王妃のためにこれまでになく迅速に、時代を代表するような家具を制作した。

3:08 : Look at this chair, from the Rambouillet dairy, made by Jacob. A mahogany work of art recently restaured by specialists working in Versailles. “They wanted to build for her, they wanted to innovate for her. Her influence made drawing, sculpting, wood working, improve to manage to surprise her. Here’s the result. A wooden chair in mahogany influenced by a “return to antiquity”, with a light Marie-Antoinette touch.”

この椅子を見てみよう。ランブイエの酪農場にあったもので、ジャコブが制作した。マホガニー製で、近頃、ヴェルサイユの専門家が修復した。「制作者は、アントワネットのために館を建て変革することを望んでいたのです。アントワネットの影響により、描き、彫刻し、木彫し、アントワネットを何とか驚かせるために腕を上げました。そして、これがその結果です。『古典ギリシャ・ローマへの回帰』の影響を受け、マリー・アントワネットの軽快な好みを反映したマホガニーの椅子です。」

3:45 : “It really was an extraordinary meeting between her, a personality who made unbelievable orders, and these artists who were the best in Europe, and in the world, because this time was described as the one when french art was the reference.”

「これは、アントワネットと制作者たちとの本当にすばらしい出会いでした。信じ難い注文をだすアントワネットと、ヨーロッパ、そして世界で最高の芸術家との出会いだった。なぜかといえば、この時代は、フランス美術が参照されるときに語られる時代だからです。」