This is about the French queen in around 1791.
Excerpt from Smithsonian.com with Japanese translation.

1791年当時のフランス王妃の状況です。
Smithsonian.comから抜粋と、訳です。

***

Biography
伝記

Marie Antoinette
マリー・アントワネット

The teenage queen, now the subject of a new movie, was embraced by France in 1770. Twenty-three years later, she lost her head to the guillotine. (But she never said, “Let them eat cake”)

新しい映画の主人公である10代の王妃は、1770年にフランスに暖かく迎えられた。その23年後、ギロチンで首を失った。(ただし、王妃は決して「お菓子を食べさせなさい」とは言わなかった。)

Image: smithsonianmag.com
14-year-old Austrian princess
14歳のオーストリア皇女

By Richard Covington
Smithsonian magazine, November 2006

文)リチャード・コヴィントン
2006年11月、スミソニアン・マガジン

“She was decisive where he was indecisive,” biographer Antonia Fraser says in a new PBS documentary Marie Antoinette. “She was courageous when he was vacillating.” She dashed off letters in cipher and invisible ink to other European sovereigns, pleading with them to invade France and shore up the king’s crumbling authority, but to no avail. Meeting secretly with Mirabeau in July 1790, she won the influential legislator over to the cause of preserving the monarchy.

「国王は優柔不断だったが、アントワネットは決断力があった」と、伝記作家アントニア・フレイザーがPBSの新ドキュメンタリー番組「マリー・アントワネット」の中で語っている。「国王が気持が揺れている時に、アントワネットは勇気があった。」アントワネットは、ヨーロッパ諸国宛に暗号とあぶり出しインクで素早く手紙を書き上げ、フランスに侵攻し国王の崩れかけた権威を回復するよう懇願したが、無駄に終わった。1790年には、有力議員のミラボーと極秘に会って味方に引き入れ、君主制を維持する大義名分を作った。

By December, however, she was devising a contingency plan to flee Paris for Montmédy, near the Austrian-controlled Netherlands. There the royal couple planned to mount a counterrevolution with troops under the command of Royalist general Francois-Claude Bouillé. When Mirabeau died in April 1791 without securing the Assembly’s promise to retain Louis as king in a constitutional monarchy, Louis and Marie Antoinette put their plan into action. But instead of following Bouillé’s advice to make the trip in two light carriages, the queen insisted on keeping the family together in a lumbering coach called a berlin, encumbered with a silver dinner service, a clothes-press, and a small wine chest. (Fersen had made the arrangements, even mortgaging his estate to pay for the carriage.)

ただし、アントワネットは、12月には、不測の事態に備えた対応策を考えだし、パリを脱出しオーストリアが支配していたオランダのモンメディに向かう計画を立てた。国王夫妻は、王党派のフランソワ=クロード・ブイエ将軍指揮下の軍隊により、反革命運動を準備する計画を立てた。ここで、立憲君主制においてルイが国王の地位を維持するよう国民議会との約束を確固たるものにすることなく、1791年4月にミラボーが亡くなり、国王夫妻は計画を実行に移した。ところが、2台の軽い馬車に乗車するようにとのブイエ将軍の助言に従わず、王妃は動きの鈍いベルリン馬車と呼ばれる大型四輪馬車に、家族そろって乗ることにこだわった。そして、シルバー製ディナー用食器類一式、アイロン、小型ワイン収納箱が馬車の動きを妨げた。(フェルゼンが、領地を担保にしてまで、このベルリン馬車を準備した。)

Late in the evening of June 20, 1791, the royal family, disguised as servants, slipped out of the capital. Fersen accompanied them as far as Bondy, 16 miles east of the Tuileries. While the horses were being changed, he pleaded with Louis to let him continue with the family rather than reuniting at Montmédy two days later as planned. Louis refused, perhaps, suggests biographer Evelyne Lever, because he thought it humiliating to be under the protection of his wife’s lover. Also, Fraser says in the PBS film, Louis didn’t want people to think a foreigner had helped them get away.

Image: Wikipedia
ヴァレンヌ

1791年6月20日深夜、国王一家は従者に変装して、パリを秘かに脱出した。フェルゼンは、チュイルリー宮殿の東16マイルにあるボンディまで同行した。馬を交換している時、フェルゼンは国王に、計画通り2日後にモンメディで落ち合うより、このまま一家に同行することを懇願したが、断られた。恐らく、国王は妻の親しい友人の庇護を受けるのは、屈辱的だと考えたからではないかと、伝記作家イヴリン・レヴァー氏が話す。また、国王は外国人の援助で脱出したと思われたくなかったのだと、PBSの番組の中でフレイザー氏が語っている。

Image: Wikipedia
Tour de l’horloge avec la plaque de l’arrestation de Louis XVI
ルイ16世が捕らえられたことを示す銘板のある時計塔

In Varennes, 130 miles east of Paris, a band of armed villagers accosted the king, who had been recognized inside the conspicuous berlin, and forced the royal entourage into a municipal official’s house. When a small contingent of Royalist troops arrived to free them, Louis vacillated, then, fearing a confrontation with the steadily growing mob brandishing arms outside the house, declined the troops’ help, choosing instead to wait for Bouillé. Had Fersen, a trained officer, been allowed to stay with the group, he might well have taken more decisive action and helped lead the family to safety. Instead, emissaries dispatched by the Assembly arrived with orders to return the family to Paris. Crowds of angry Parisians lined the streets as the king and queen were taken back to the Tuileries palace, where they were held captive by National Guardsmen.

Image: Wikipedia

人目を引くベルリン馬車に乗っていた国王は、パリの東130マイルにあるヴァレンヌで、武装した村民の一群に気付かれて話しかけられ、強制的に役所の建物に連行された。王党派軍の小分隊が到着して一家を解放しようとした時、国王はためらい、建物の外で武器を振りかざしながら続々と集まる群衆と対立することに恐怖心を抱き、ブイエ将軍の到着を待つことにした。百戦錬磨の指揮官フェルゼンが同行を許されていたら、もっと断固とした行動を取り、一家の安全を確保する一助となったであろう。実際には、国民議会から派遣された使者が、一家をパリへ戻すという指令をもって到着した。国王夫妻がチュイルリー宮殿に連れ戻されるとき、怒りに満ちたパリの群衆が沿道を囲んだ。一家は宮殿で国民衛兵により監禁された。

Image: Wikipedia
パリに連れ戻される国王一家

The Assembly allowed Louis to remain as a figurehead on the throne to legitimize a proposed new constitution, but he had little actual political power. Meanwhile, at the same time Marie Antoinette was secretly lobbying moderate republicans in the Assembly for a constitutional monarchy, she was also writing to European rulers that the “monstreuse” constitution was “a tissue of unworkable absurdities” and the Assembly “a heap of blackguards, madmen and beasts.”Although Louis privately detested the constitution, on September 14, 1791, he took an oath to uphold it, agreeing to share power with the elected Legislative Assembly.

国民議会は、新憲法の草案を合法化するため、ルイを名目上の国王にしておいたが、実際の政治権力はほとんどなかった。一方、マリー・アントワネットは、国民議会の中立的な共和党議員に、立憲君主制に賛成するよう秘かに働きかけた。同時に、ヨーロッパ各国の君主に書簡を送り、「monstreuse (ゾッとするような)」憲法は「機能不全の不条理のかたまり」で、国民議会は「悪党、狂人、けだものの集まり」だと書いた。ルイは個人的には新憲法を嫌悪していたが、1791年9月14日、支持することを誓い、選出された立法議会と権力を二分することに同意した。

In Stockholm, Fersen had persuaded the Swedish king to back a new escape attempt. In February 1792, the daring count—by now branded an outlaw for his role in the flight to Varennes—snuck into the heavily guarded palace and spent some 30 hours with the queen. Toward the end of his visit, Louis showed up and rejected Fersen’s scheme for escape through Normandy. Around midnight of Fersen’s second day, Marie Antoinette bade him farewell—for the last time.

ストックホルムでは、フェルゼンが新しい脱出計画を支持するよう、スウェーデン国王を説得していた。1792年2月、その頃には、ヴァレンヌ脱出で演じた役割のため犯罪者の焼き印を押されていたフェルゼンは、大胆不敵にも厳重に警護された宮殿に忍び込み、30時間王妃と共に過ごした。滞在が終わりに近づくと、ルイが現れノルマンディから脱出するというフェルゼンの計画を拒絶した。侵入から2日目の深夜、マリー・アントワネットはフェルゼンに別れを告げ、それが永遠の別れとなった。

Image: Wikipedia
1810年頃のチュイルリー宮殿とカルーゼル凱旋門