The rare Illuminated Manuscript from Chatsworth was acquired by Getty Museum.
Original text from The New York Times with Japanese translation.

フランドルの貴重な彩飾写本は、ゲッティ美術館が獲得したという記事です。
The New York Timesから原文と、訳です。

***

December 5, 2012, 5:27 pm
2012年12月5日午後5:27

Getty Museum Acquires Rare Illuminated Manuscript

ゲッティ美術館、希少な彩飾写本を獲得

By CAROL VOGEL
文)キャロル・ヴォーゲル

The J. Paul Getty Museum in Los Angeles bought an illuminated manuscript by the Flemish master Lieven van Lathem at a Sotheby’s auction in London on Wednesday night for nearly $6.2 million.

ロサンゼルスのJ・ポール・ゲッティ美術館は、水曜日夜、ロンドンのサザビーズのオークションで、フランドルの巨匠Lieven van Lathem (リーフェン・フォン・ローテン)作彩飾写本を620万ドル (5億1,000万円)で落札した。

The “Roman de Gillion de Trazegnies,’’ considered one of the finest examples of the golden era of Flemish manuscript illumination, contains eight painted half-page miniatures and 44 historiated initials — the enlarged letters incorporating pictures that begin sections of text. The work had been on loan to the Getty in 2003, when it was a highlight of its exhibition “Illuminating the Renaissance.’’

「Roman de Gillion de Trazegnies (ジリヨン・ド・トラズニーの物語)」は、フランドル写本彩飾の黄金時代の最高傑作とされ、半ページに描かれた細密画が8ページと、飾り文字、つまり、細密画に組み込まれた大文字が、44の段落の最初の文字として描かれている。ゲッティ美術館が2003年に開催した特別展「Illuminating the Renaissance (ルネサンスを装飾する)」で、見どころとしての借入作品だった。

“The acquisition of this richly illuminated manuscript by the greatest illuminator of the Flemish high Renaissance adds a major masterpiece to the Getty Museum’s collection and represents a landmark in the Department of Manuscripts’ unrivaled record of superb acquisitions over the past 30 years,’’ said Timothy Potts, director of the Getty Museum, in a statement announcing the acquisition.

「フランドル盛期ルネサンスの偉大な彩飾画家の手によるこの豊富に装飾された写本を獲得することができ、ゲッティ美術館の所蔵品に主要な傑作が加わり、写本部門が過去30年の中で、他に追随を許さないすばらしい貴重な作品を入手するという画期的なこととなった。」と、ゲッティ美術館のティモシー・ポット館長が、作品獲得を公表する文書で述べている。

The “Roman de Gillion de Trazegnies” tells the story of the bizarre adventures of a nobleman from the family of Trazegnies, whose seat was in Hinaut (now Belgium). Part travelogue, part romance, part epic, it traces the exploits of Gillion on his journeys to Egypt, where he becomes a bigamist, and then dies in battle, a hero.

「Roman de Gillion de Trazegnies」は、現在のベルギーに当たるHinaut (イノート)の貴族トラズニー家の若者が、不思議な冒険をする物語だ。旅行記であり、恋愛物語であり、叙情詩でもあり、ジリヨンの偉業を追いかける。エジプトを訪れ、そこで二重結婚をすることになり、最後は戦いで死ぬというヒーロー物語である。

**

Please see my other post for more detailed story.

物語の詳細は、9月の投稿へ。

**

Afterwords …. the British government imposes temporary ban on foreign buyer taking it out of the country.
その後 …. 英政府は一時国外持ち出し禁止令を発行

*