Agathe de Rambaud was an official nurse of Louis-Charles, Dauphin of France.
Original text from Wikipedia with Japanese translation.

王太子ルイ=シャルルの養育係アガート・ド・ランボー夫人についての解説です。
Wikipediaから原文と、試訳です。

***

Agathe de Rambaud‬

アガート・ド・ランボー

Image: Wikipedia

Agathe de Rambaud was born in Versailles as Agathe-Rosalie Mottet and was baptized in the future cathedral Saint-Louis of Versailles, on December 10, 1764. She died in Aramon, in the département of Gard, on October 19, 1853. She was the official nurse of the royal children, and particularly in charge of the Dauphin from 1785 to 1792.

アガート・ド・ランボーは、アガート・ロサリー・モテットとしてヴェルサイユに生まれ、後のヴェルサイユ・サンルイ大聖堂で、1764年12月10日洗礼を受けた。1853年10月19日、ガール県の行政区アラモンで亡くなった。ランボー夫人は国王の子どもたちの正式な養育係で、特に、1785年から1792年まで Dauphin(王太子)を世話を担当していた。

Before the French Revolution
フランス革命前

Rambaud was born the daughter of Louis Melchior Mottet, Haut Commissaire of the French colonies, and of Jeanne Agathe Le Proux de La Rivière, who was the daughter of a First Commissioner of the French Navy . She was the granddaughter of the Baron Claude Nicolas Louis Mottet de La Motte, officer of the Royal Fox hunt,[4] and the niece of Baron Benoît Mottet de La Fontaine, the last French Governor of Pondicherry. She was also related to Pierre-Jean-Baptiste Chaussard. She was sometimes given the courtesy title of Countess of Ribécourt.

ランボー夫人は、フランス植民地のHaut Commissaire (高等弁務官)ルイ・メルキオール・モテットと、 フランス海軍のFirst Commissionerの娘ジャンヌ・アガート・ル・プルー・ド・ラ・リヴィエールの娘として誕生した。また、王家のキツネ狩り担当官のクロード・ニコラ・ルイ・モテット・ド・ラ・モット男爵の孫であり、ポンディシェリ連邦直轄領の最後のフランス総督ブノワ・モテット・ド・ラ・フォンテーヌの姪にあたる。ランボー夫人は、儀礼的な敬称リベクール伯爵夫人と呼ばれることもあった。

She married André Rambaud, a member of the bourgeoisie of Marseille, Captain and Knight of the Order of Saint Louis, on March 7, 1785, in Versailles, at the church of Saint Louis. The witnesses of the bride were the French admiral Pierre André de Suffren and Louis Thomas Villaret de Joyeuse. This marriage made her the sister-in-law of Georges-René Pléville Le Pelley, the future admiral and minister of the French First Republic.

ランボー夫人は、Bourgeoisie of Marseille (マルセイユのブルジョワジー)でCaptain and Knight of the Order of Saint Louis (サン・ルイ勲章保持者)のアンドレ・ランボーと、1785年3月7日にヴェルサイユのサンルイ教会で結婚した。 Witnesses of the Bride (花嫁の立会人)は、フランス軍最高司令官ピエール・アンドレ・ド・ シュフランとルイ・トマス・ヴィラレ・ド・ジョワイユーズだった。この結婚により、将来フランス第一共和政の最高司令官と大臣になるジョルジュ・ルネ・プレヴィル・ル・ペレの義理の姉妹となった。

Auguste de Rambaud, their first child, was born on January 11, 1786, and baptized the following day at the Saint-Louis parish of Versailles. The godfather was his uncle Georges-René Pléville Le Pelley, Captain of the French Royal Navy, future admiral and minister of the Navy and the colonies under the Directoire. When Madeleine Célinie de Rambaud was born at Versailles on July 29, 1787, her father was no longer living with the family, as he had been named Commander of three forts and governor of the kingdom of Galam, for the Company of Senegal. In 1789, he was killed at Fort Saint-Joseph de Galam.

長男、オーギュスト・ド・ランボーが1784年1月11日に生まれ、ヴェルサイユのサンルイ教会区で翌日洗礼を受けさせた。叔父のジョルジュ・ルネ・プレヴィル・ル・ペレが名付け親となった。ル・ペレは、フランス王国海軍の指揮官で、後に、総裁政府の海軍最高司令官と植民地の大臣になった。1787年7月29日にマドレーヌ・セリニー・ド・ランボーがヴェルサイユで生まれたときは、父親は家族から離れていた。セネガル会社のための3カ所の要塞の指揮官と、セネガルのガラム王国の総督に任命されていたからだった。1789年にサン・ ジョセフ・ド・ガラム要塞で殺害された。

In 1785, Agathe de Rambaud was chosen by Queen Marie Antoinette to be the berceuse des enfants de France, the official nurse, of her second son Louis-Charles, Duke of Normandy, who became the Dauphin at the death of his elder brother Louis-Joseph, Dauphin of France in 1789. Of her relationship with Louis-Charles, Alain Decaux wrote:

1785年、アガーテ・ド・ランボー夫人は、王妃マリー・アントワネットから次男のルイ=シャルル、ノルマンディ候のBerceuse des Enfants de France(正式な養育係)に任命された。ルイ=シャルルは、兄のルイ=ジョゼフ、Dauphin of France(フランス王太子)が1789年に亡くなった後、 Dauphin (王太子)になった。夫人とルイ=シャルルの間柄について、歴史家アラン・ドゥコーが書いている:

Madame de Rambaud was officially in charge of the care of the Dauphin from the day of his birth until August 10, 1792, in other words for seven years. During these seven years, she never left him, she cradled him, took care of him, dressed him, comforted him, scolded him. Ten times, a hundred times, more than Marie Antoinette, she was a true mother for him.

ランボー夫人は、王太子が生まれたときから1792年8月10日まで、つまり7年間、正式に王太子の養育を担当していた。この間、夫人は一度も王太子のもとを離れず、あやし、世話をし、服を着せ、慰め、叱った。マリー・アントワネットの10倍、100倍も、王太子の真の母親となった。

From the French Revolution to the First French Empire
フランス革命からフランス第一帝政まで

Agathe de Rambaud fled the Palais des Tuileries with Jean-Baptiste Cléry, who speaks at length about her in his Journal de ce qui s’est passé à la tour du Temple pendant la captivité de Louis XVI (Journal about what took place in the Prison Temple during the imprisonment of Louis XVI). They narrowly avoided prison at the Abbey of Saint Germain des Prés, where many prisoners were killed a few days later.

アガーテ・ド・ランボー夫人は、ジャン=バプティスト・クレリと共に、チュイルリー宮殿へ逃れた。クレリは、自書Journal de ce qui s’est passé à la tour du Temple pendant la captivité de Louis XVI  (ルイ16世がタンプル牢獄に幽閉されていた時の出来事についての日記 )に、夫人について詳細に記述している。二人とも、辛うじてサン・ジェルマン・デ・プレ教会に捕われずにすんだ。教会に幽閉された者の多くは、数日後に殺害された。

From the first days of the Royal Family’s captivity, Rambaud asked in vain to serve at the Temple, where the young Dauphin and his parents had been imprisoned. Though she did not flee the country, Rambaud, and some of her family, were forced into hiding because of her relationship with the Royal family. After the Thermidorian Reaction, many of her friends and family, become incited by Freemasonry and new ideals, and zealously serve the French First Republic, the French Consulate and the First French Empire. She herself becomes close to many ministers, some generals, the mayor of Toulouse, and the scientist Philippe-Isidore Picot de Lapeyrouse.

国王一家が囚われの身となった当初から、ランボー夫人は、幼い王太子と両親が幽閉されているタンプル棟で仕えることができるよう要望したが、聞き届けられなかった。国外に逃亡しなかったにもかかわらず、ランボー夫人と家族は、夫人と国王一家との間柄ゆえ、身を隠さざるを得なかった。テルミドールのクーデター[1794年]の後、夫人の友人や家族の多くは、フリーメーソンや新しい理想により喚起され、フランス第一共和政[1792年-1804年]、フランス第一執政[1799年-1804年]、フランス第一帝政[1804年-1814年]に熱心に仕えた。夫人は、多くの大臣、数名の将軍、トゥールーズ市長、科学者フィリップ=イジドール・ピコ・ラペイルーズと、近づきになった。

To be continued
つづく