The restored bathroom of Marie Antoinette was opened in 2011.
Original text from chateauversailles.fr with Japanese translation.

2011年に一般公開されたアントワネットの浴室の修復についての解説です。
chateauversailles.fr から原文と、訳です。

***

Restoration of the bathroom of 
Marie-Antoinette
マリー・アントワネットの浴室の修復

Image: chateauversailles.fr

Image: chateauversailles.fr

Restoration
修復

On 7 November 2011, the palace of Versailles officially opened the bathroom of Marie-Antoinette, restored thanks to the joint sponsorship of the Société des Amis de Versailles and the Amis Européens de Versailles.

2011年11月7日、ヴェルサイユ宮殿は、Société des Amis de Versailles とAmis Européens de Versailles の協賛で修復したマリー・アントワネットの浴室を一般公開しました。

Image: chateauversailles.fr

Image: chateauversailles.fr

The bathroom is located in the Queen’s Small Apartment, on the ground floor of the central section. This apartment which was fitted out in 1782 for Marie-Antoinette had three main rooms: a bedroom, a library and a bathroom. The bathroom was refurbished in 1788 and decorated with wood panelling by the Rousseau brothers, sculptors, based on the designs of the architect Richard Mique. It was then dismantled in the 1830s during the fitting out of the History Galleries of Versailles for king Louis-Philippe.

この浴室は、王妃の内殿居室の一部で、宮殿中央部分の1階にあります。この内殿には1782年にマリー・アントワネットのために設えられた、寝室、図書室、浴室の3室があります。浴室は1788年に改装され、建築家リシャール・ミクの設計にもとづき、ルソー兄弟と彫刻家が木製パネルで装飾しました。その後、1830年代に国王ルイ=フィリップのヴェルサイユの歴史ギャラリーに調達するため、取り外されました。

The new presentation opened in November 2011 is the result of a three-fold operation: completion of the restoration of the decor, refurnishing and exhibition of works produced to mark the occasion.

2011年11月の一般公開に当たっては、3段階の作業がありました。室内装飾を修復し、家具調度品を備え付け、そして、今回特別に制作された作品を展示して完成しました。

The restoration work began in 1984 when, in application of the 1978-1982 programme law, the original panelling was put back in place and completed, at the same time as the marble tiles. The recent work involved gilding the mirror rims, restoring the panelling and door and window frames and designing the lighting fixtures.

修復作業は1984年に始まりました。1978年から1982年のプログラム法の適用で、オリジナルのパネルと大理石のタイルを戻して元の姿を甦らせました。最近では、鏡の縁飾りの金メッキ装飾、パネル、扉、窓枠の修復、照明器具のデザインが行われました。

The room’s furniture until recently consisted only of the bed from the bathroom of Louis XVI in Compiègne and a gilded wooden console table from the bathroom of Madame Adélaïde in Versailles. It has now been enriched with several chairs, candlesticks and wall sconces, as well as a copper bath, taps and a pail for washing the feet. The choice of these furnishings was guided by the interpretation of the inventories of the royal residences and iconographic research: they come from acquisitions and donations, and deposits made by the Louvre museum and the Mobilier national.

家具調度品は、最近まで、コンピエーニュ宮殿のルイ16世の浴室にあったベッドと、ヴェルサイユ宮殿のアデレイド夫人の浴室にあった金装飾木製コンソールテーブルのみが、置かれていました。今回新たに加えられたのは、椅子、ロウソク立て、壁取り付け用燭台、銅製バスタブ、蛇口、足を洗うためのバケツなどです。これらは、王家の邸宅の目録と図像学研究を参考に選ばれ、新たに購入または寄贈された品々です。また、ルーヴル美術館とモビリエ・ナショナル(フランス国有動産管理局)から預かっているものもあります。

The originality of the project resides in its aim to illustrate the private life of the Queen. The painter, dress designer and artist Isabelle de Borchgrave, who became famous with her collection of paper dresses covering 300 years of fashion history, harnessed her talent to this project. Taking her inspiration from period documents and portraits of Marie-Antoinette, she produced three figures evoking the Queen and her entourage. Different objects all made from paper, dressing-table accessories and covers for the furniture complete this stage-design.

このプロジェクトは、もともと、王妃のプライベートライフを描くことにありました。画家、服飾デザイナー、アーティストであるイザベル・ド・ボルチグラーヴ氏が、このプロジェクトでその才能を存分に発揮しています。ド・ボルチグラーヴ氏は、300年に及ぶファッション史を網羅した紙製ドレスのコレクターとして有名です。過去の文献やマリー・アントワネットの肖像画にヒントを得て、ド・ボルチグラーヴ氏は、王妃と次女を想起させる3体の女性像を制作しました。純紙製のさまざまな作品、ドレッシングテーブルの装備品、家具のカバーが、この舞台デザインになくてはならないものになっています。

Image: chateauversailles.fr

Image: chateauversailles.fr

Salle de bain de Marie Antoinette