Tags

,

The Napoleon’s letter stays in France.
Original text from Bloomberg Businessweek with Japanese translation.

ナポレオンの書簡は、パリの博物館が落札したという記事です。
Bloomberg Businessweekから原文と、訳です。

***

AP News

Napoleon’s coded Kremlin letter sold for $243,500

ナポレオンのクレムリン暗号書簡、24万3,500ドルで落札

Posted on December 02, 2012
2012年12月2日投稿

FONTAINEBLEAU, France (AP) — A secret code letter sent by French emperor Napoleon boasting that his multinational forces would blow up Moscow’s Kremlin has sold at auction Sunday for €187,500 ($243,500) — 10 times its estimated presale price.

仏フォンテーヌブロー(AP) ー フランス皇帝ナポレオンが、皇帝の多国籍軍がモスクワのクレムリンを爆破すると豪語している暗号書簡が、日曜日のオークションで、予想価格の10倍、€187,500 ($243,500/2,000万円)で落札された。

A Paris museum, the Museum of Letters and Manuscripts, was finalizing its purchase of the Oct. 20, 1812, document with elegantly calligraphic ciphers.

最終的に、パリの博物館「Museum of Letters and Manuscripts」が、この1812年10月20日付けの優雅な書体の暗号書簡を手中に収めた。

The sale price, which includes fees, far outstripped the pre-sale estimate of €15,000 ($19,500), according to Fontainebleau Auction House south of Paris.

パリのフォンテーヌブロー・オークション・ハウスによると、手数料を含めた落札価格は、予想価格€15,000 ($19,500)を大幅に上回った。

Experts say the letter is unique, written in a numeric code that Napoleon often used to throw off would-be interceptors — notably when he was conveying battle plans. The letter’s content also revealed the strains on Napoleon of his calamitous Russian invasion

Image: WikipediaNapoleon's retreat from Moscowモスクワからの退却

Image: Wikipedia
Napoleon’s retreat from Moscow
モスクワからの退却

専門家によると、この書簡は特別で、ナポレオンが敵の目を欺くため、特に戦術が書かれているときによく利用した数字の暗号で記述されている。書簡の内容は、悲惨なロシア進軍によるナポレオンの重圧感も見て取れる。

“At three o’clock in the morning, on the 22nd I am going to blow up the Kremlin,” the letter said, laying out his route of retreat and urging his minions to send rations to the towns to the west. “My cavalry is in tatters, many horses are dying.”

「22日午前3時に、クレムリンを爆破する」と、書簡に書かれている。また、退却の段取りを決め、部下に西向きの行き先の町ごとに食糧を調達するよう要請している。「私の騎馬隊はぼろぼろで、多数の馬が死にそうだ。

Napoleon’s prolific correspondence has drawn aficionados from around the world in places like the U.S., Britain, Japan and Russia. Interest appears to be rising as museums like the Museum of Letters and Manuscripts prepare to mark the bicentennial of Napoleon’s final defeat at Waterloo in 1815

ナポレオンが残した多くの書簡は、米国、英国、日本、ロシアなど世界の熱烈な愛好者を惹き付けてきた。ナポレオンの最終的な敗北である1815年のウォータールーの戦いから間もなく200年になるのを受け、 Museum of Letters and Manuscriptsのような博物館も興味を持ち始めているようだ

The Kremlin letter was but one piece in the vast auction Sunday. A 310-page manuscript for the “Essay on countryside fortification,” which Napoleon wrote while exiled on the remote island of Saint Helena in 1818-1919, was also bought by the Paris museum — for €375,000 ($487,000), including fees.

Image: WikipediaSaint Helenaセントヘレナのナポレオン

Image: Wikipedia
Saint Helena
セントヘレナのナポレオン

クレムリン書簡は、日曜日の大々的なオークションで唯一の出品作ではない。ナポレオンが、絶海の孤島セント・ヘレナ島に幽閉されていた1818年から1819年に書いた310ページに及ぶ手書き原稿「Essay on countryside fortification」も、同博物館が手数料込み€375,000 ($487,000)で落札した。

Gerard Lheritier, director of the Paris museum, said it already has at least 1,500 letters, manuscripts or other writings linked to Napoleon Bonaparte. It recently acquired one from Japan that Napoleon had written to the Empress Josephine; it fetched €600,000-€700,000, he said.

同博物館のジェラール・レリシエ館長によると、同館は、ナポレオン・ボナパルト関連の書簡、手書き原稿、その他の文書を、すでに少なくとも1500通は所蔵している。近頃日本から入手した手紙は、ナポレオンが皇妃ジョセフィーヌに書いたもので、 €600,000-€700,000だったと語った。

“We have many letters that are much more important” than the Kremlin one, Lheritier said by phone. He was unfazed that the price was far above the presale estimate, and speculated that the letter could have fetched €250,000 ($325,000). “This is a nice letter because it’s in code, and he’s going to blow up the Kremlin — so it’s appealing,” he said.

レリシエ館長は電話で語った。「同館は(クレムリン書簡より)相当重要な書簡を多く所蔵しています。」館長は、予想価格を大幅に上回ったことに臆することなく、それどころか€250,000 ($325,000)になることも考えられたと話す。「この書簡は、暗号化されていることと、クレムリンを爆破しようとしてる点で、面白い書簡です。だから、注目されるのです。」と語った。

Vladimir Hofmann, a French artist of Russian descent who with his brother Andre also bid Sunday, said they’d wanted to purchase the letter for Russia’s famed Hermitage museum.

ロシア系フランス人アーティストのウラジミール・オフマン氏も、兄弟アンドレア・オフマン氏と共同で日曜日に入札した。オフマン氏は、ロシアの有名なエルミタージュ美術館のために、この書簡を購入しようとしたと語った。

“Why? You know, it’s a question of perhaps nostalgia, perhaps patriotism, to return the thing — very important for Russia and for Russian people — to them,” Vladimir Hofmann said.

「どうしてって? だって、ロシアとロシア人にとってとても大切なものをロシアに返すのは、多分、ノスタルジーの問題、愛国心の問題だよ。」と、ウラジミール・オフマン氏が語った。

Referring to such Russian interest in the letter, Lheritier said with a chuckle: “I prefer that it stays in France.”

そのようなロシア人のこの書簡に対する興味にふれながら、レリシエ館長は、「フランスにこそ留めるべきでしょう」と笑みを浮かべた。