Tags

,

This is a rare letter that Napoleon is speaking “emotively”.
Original text from MercuryNews.com with Japanese translation.

ナポレオンが珍しく書簡で感傷的な発言をしています。MercuryNews.comから原文と、訳です。

***

Up for auction: Napoleon’s coded letter on plan to blow up Kremlin

オークション:クレムリンの爆破計画に関するナポレオンの暗号書簡

By Thomas Adamson
文)トーマス・アダムソン

Associated Press
AP通信

Posted:   11/30/2012 11:47:49 AM PST
Updated:   11/30/2012 11:47:51 AM PST
2012年11月30日

FONTAINEBLEAU, France — The single line of Napoleon’s secret code told Paris of his desperate last order against the Russians: “At three o’clock in the morning, on the 22nd I am going to blow up the Kremlin.”

Image: osenat.fr
“JE FAIS SAUTER LE KREMLIN LE 22 À TROIS HEURES DU MATIN.”

仏フォンテーヌブロー:パリに向けたナポレオンの暗号文書の中に、必死にロシアに抵抗する最後の指令が一行書かれている:「22日明け方3時に、クレムリンを爆破する。」

By the time Paris received the letter three days later, the Russian czar’s seat of power was in flames and the diminished French army was in retreat. Its elegantly calligraphic ciphers show history’s famed general at one of his weakest moments.

パリの部下が3日後にこの手紙を受け取った頃には、ロシア皇帝の権力の座は焔に包まれ、縮小したフランス軍は退却していた。この優雅な書体の暗号は、史上有名な将軍の最も疲弊した瞬間をかいま見せてくれる。

“My cavalry is in tatters, many horses are dying,” dictated Napoleon, the once-feared leader showing the strain of his calamitous Russian invasion, which halved his army.

「私の騎馬隊はズタズタになり、多くの馬が死にかけている」と、ナポレオンが口述している。かつては恐れられたリーダーが、軍隊が半減した悲惨なロシア侵攻後の疲弊を見せている。

The rare document — dated Oct. 20, 1812, signed “Nap” in the emperor’s hand and written in numeric code — is up for auction Sunday at France’s Fontainebleau Auction House.

この希有な文書には、1812年10月20日の日付と皇帝自身の「Nap」の署名がある。この数字で暗号化されている手紙が、日曜日にフランスのフォンテーヌブロー・オークション・ハウスで競売にかけられる。

The Napoleon code, used only for top-secret letters when the French emperor was far from home, aimed to stop enemies from intercepting French army orders. The code was regularly changed to prevent it from being cracked.

ナポレオン・コードは、皇帝が遠征時に最重要機密文書にのみ使用され、フランス軍の司令を敵が傍受することを防ぐためのものだった。コードは、解読されるのを防ぐため定期的に変更された。

Napoleon must have dispatched his strongest horses and riders to carry the news: It only took three days to reach France’s interior ministry — 1,540 miles (2,480 kilometers) across Europe.

ナポレオンは最強の馬と騎馬兵に、この知らせを持たせて派遣したに違いない。ヨーロッパを横断し1,540マイル(2,480キロ)の道のりを越え、フランス内務省に到達するのにわずか3日しかかかっていない。

“This letter is unique. Not only is it all in code, but it’s the first time we see this different Napoleon. He went into Moscow in 1812 at the height of his power. He returned profoundly weakened. In Moscow, the Russians had fled days before and burnt down the city. There was no victory for Napoleon, nor were there any provisions for his starving, dying army,” says Jean-Christophe Chataignier of the auction house.

「この手紙は他にはない特別なものです。すべてが暗号で書かれいるだけでなく、ナポレオンの別の側面を表しているのは、これまでにありませんでした。ナポレオンは、その最盛期の1812年にモスクワに進軍し、極めて弱体化して帰還しました。モスクワに到着した時には、ロシア軍が何日も前に市街に火をつけて引き払っていました。ナポレオンは勝利してはおらず、飢えて死にかけた軍隊には食糧がありませんでした。」と、オークションハウスのジャン=クリストフ・シャテニエ氏は語る。

The only thing left for the weakened leader was to give the order to burn Russia’s government buildings — coded in the letter as “449, 514, 451, 1365…”

弱体化した将軍に残されたのは、唯一、ロシア政府の建物に火をつけるという命令だけだった。その部分の手紙のコードは、「449, 514, 451, 1365…」

It is evidence of what historians call the beginning of the end of Napoleon’s glorious empire, which started in Russia and ended at Waterloo three years later.

これは、歴史家がナポレオンの輝かしい帝国の終焉と呼ぶところ、つまり、ロシアに始まり数年後にウォータールーで終わる終焉の証拠となるものだ。

In June 1812, Napoleon’s “Grand Army” — at 600,000 men one of the largest in human history — confidently entered Russia. But they were woefully unprepared for the harsh weather, the strong Russian defense and the Russian scorched-earth tactics, which left nothing behind to sustain the hungry and freezing French troops.

1812年6月、ナポレオンの「大軍」、60万人から成る人類史上最大級の軍隊が、誇らしげにロシアに進軍した。ところが、ナポレオン軍は、厳しい天候や、ロシア軍の激しい防戦や焦土戦略に痛ましいほど無防備で、空腹をかかえ凍えたフランス軍を支えるものが何ひとつ残っていなかった。

“This letter is an incredible insight, we never see Napoleon emotively speaking in this way before,” says Chataignier. “Only in letters to (his wife) Josephine did he ever express anything near to emotion. Moscow knocked him.”

「この手紙は信じ難いほど洞察的です。ナポレオンがこのように感情的に話すのをこれまで見たことがありません。(妻の)ジョセフィーヌ宛の手紙にだけ、ナポレオンは感情的に近い表現をしていました。モスクワはナポレオンを打ちのめしたのです。」と、シャテニエ氏が話す。

In the text — which announces that his commanders are evacuating Moscow — Napoleon laments his army’s plight, asking for assistance to replenish his forces and the ravaged cavalry, which saw thousands of horses die.

手紙は、司令官がモスクワを脱出することを知らせ、ナポレオンは自分の軍隊の窮状を嘆き、部隊と何千もの騎馬が死に、疲弊した騎馬隊に食糧を補給するよう要請している。

In September, 200 years after Russia’s victory over Napoleon, the Kremlin held huge celebrations aimed at rousing patriotism among modern Russians. The highlight was a re-enactment of the battle of Borodino — one of the most damaging clashes for Napoleon’s troops — which saw thousands in Russian and French military uniforms perform before several hundred thousand spectators.

この9月には、ロシア軍がナポレオンに勝利してから200周年を記念して、クレムリンが、現代のロシア人に愛国心を喚起する目的で、盛大な祝賀イベントを催した。そのハイライトは、ナポレオン軍に最大級のダメージを与えた戦闘である「ボロジノの戦」を再現し、何十万もの観客の前で、何千ものロシア軍とフランス軍の制服姿の人々が演技した。

The 1812 victory played an important role in Russia’s emergence as a major world power. Until World War I, Napoleon’s Russian campaign and the ensuing wars were the largest European military face-off in history.

1812年の勝利は、ロシアが世界の主要国として頭角を現す重要な役割を演じた。第一次世界大戦まで、ナポレオンのロシア遠征とそれに続く戦いは、ヨーロッパにおける歴史上最大の軍事作戦だった。

The letter, which is accompanied by a second decoded sheet, is estimated to fetch up to 15,000 euros ($19,500).

この書簡は、補助解読紙が添えられて、1万5,000ユーロ(1万9,500ドル)で落札されると見込まれている。