Tags

, , , , , , , , , , ,

The new Louvre provides a new approach in showing works of arts.
Original text from The Telegraph with Japanese translation.

ルーヴルの分館の展示方法が、おもしろそうです。
The Telegraphから原文と、訳です。

***

France: ‘Astounding’ Louvre branch to open in Lens

フランス:「素晴らしい」ルーヴルの分館がランスに開館

Louvre-Lens website

いざ、ランスへ!
*クリックして美術館ウェブサイトへ*
Image: http://www.connaissancedesarts.com

Next week, the Louvre art gallery opens its first provincial branch in, of all places, the former coal town of Lens – and it is, says our privileged reporter, simply superb.

来週、ルーヴル美術館が初の地方分館を、こともあろうに元炭坑の町ランスに開館する。そして、当社の恵まれた記者曰く、ただただすばらしい。

By Anthony Prinerege
2:58PM GMT 29 Nov 2012

文)アンソニー・プリニージ
標準時2012年11月29日午後2時58分

Until right now, you went to Lens in northern France for second-division football and slag heaps and other fine mining memories. You might also have used it as a base from which to see Great War battlefields. What you didn’t get much of was world-class culture. As you wouldn’t in Wigan, so you didn’t in Lens. The depressed former coal town apparently had problems beyond the reach of Raphael.

これまで、北フランスのランスに行くのは、2部リーグのサッカーか、ぼた山など採掘跡を見学するためだった。もしくは、世界大戦の戦場跡を見に行くための出発地にしていた人もいるかもしれない。ただ、誰もここで世界的に名の知れた文化財を期待したことはない。誰も[マンチェスター郊外の]ウィンガンに期待しないように、ランスにも期待しない。この低迷した元炭坑地は、問題をかかえていて、ラファエッロなどには手が届きそうもなかった。

Which is precisely why, in a splendid burst of reverse thinking, the place is about to open an art gallery of astounding breadth and brio, containing works from across the history of human creativity. In the year’s major French cultural initiative, the Louvre has broken out of Paris to establish its first provincial base on a disused colliery site hemmed in by miners’ housing estates.

まさしくそれがひらめきの逆転の発想で、人類の創造性の歴史を網羅した作品を展示する、驚くべき規模と活力あふれる美術館を、ここで開館しようとしている理由だ。今年のフランス文化のメインイベントの一環で、ルーブル美術館はパリから抜け出し、炭坑労働者の公共住宅街に囲まれた廃坑に、初の地方分館を設立した。

President François Hollande inaugurates the Louvre-Lens next Tuesday. It opens properly to the public on December 12. It is no mean branch office. The €150  million (£121m) building is of deceptive simplicity, a succession of four connected rectangles, and a square, all in aluminium and lots of glass. It has been kept long and low – a single storey – to avoid crushing locals with worthiness. The Japanese architects want the neighbours to come in, not stay stuck outside, awestruck. It could be a big leisure centre – which, in a sense, it is.

フランソワ・オランド仏大統領は、来週火曜日にルーヴル=ランス美術館を公式に開館する。一般公開は12月12日だ。当館はなかなかの分館だ。人目を欺くシンプルな1億5千万ユーロ(1億2100万ポンド)の建物。次々につながる4つの長方形の建物と1つの正方形の建物が、アルミニウムと多くのガラスでできている。長く低く広がる1階建てで、偉容で地元を圧倒することがないようにしている。設計を担当した日本人建築家は、近隣が畏敬の念で近付き難くなるのではなく、近隣を招き入れようとした。巨大レジャーセンターにもなれる。ある意味、その通りだ。

“The idea is to bring culture to people who are distant from it, to say that culture is for them too,” says the museum director, Xavier Dectot, a dishevelled 39 year-old of unParisian joviality. The other idea is to boost the economy of France’s hardest-hit region. The model here is the Guggenheim in Bilbao. “We’re already modifying Lens’s image, even before we open,” says Dectot.

Image: nordeclair.frXavier Dectot, chef d'oeuvres du Louvre ザビエ・デクト美術館館長

Image: nordeclair.fr
Xavier Dectot, chef d’oeuvres du Louvre
ザビエ・デクト美術館館長

「文化をこれまで距離があった人達にもたらす、文化はその人達のためのものでもあるのだ、という発想です。」と、39歳のカーリーヘアーのパリジャン、ザビエ・デクト美術館館長は話す。また、フランスで最も厳しい状況におかれた地域で、経済を活性化する意味合いもある。先行事例となったのは、スペイン・ビバオのグッゲンハイム美術館だ。「開館する前ですが、私たちはすでにランスの印象を変えています。」とデクト館長が語る。

It’s a hell of a trick to pull off. Mention Lens to French people and they think muck, not masterpieces. Granted, the 48-acre park around the museum (they flattened a slag heap to make room) won’t be ready for the opening. It’s still a cacophony of mud and trucks.

Image: The park around the museum is still not ready公園はまだ工事中。

Image: telegraph.co.uk
The park around the museum is still not ready
公園はまだ工事中。

まさに成功のための手品だ。ランスのことを話すと、フランス人は芸術作品[マスターピース]ではなく鉱山の土[マック]を思い浮かべる。確かに、(スペースを作るためにぼた山をならした)美術館周囲の48エイカーの公園は開館には間に合ず、泥とトラックのカコフォニー[効果的な不快音]だ。

But the entrance hall, all light, space and glass, is already terrific, designed to take the edge off fears of inadequacy generated by, say, the overwhelming main Louvre in Paris. It is as undaunting as a car showroom, though somewhat lovelier.

だが、エントランスホールは、光と広々とした空間とガラスでできていて、すでに実にすばらしい。言ってみれば、威圧的なパリのルーヴル本館が醸し出す敷居が高いのではないかという恐れを、取り除くように設計されている。車のショールームのように気後れしない。それもどことなくこちらの方がすてきだ。

So to the main attraction, the great Gallery of Time. Here is a vast space, about 400ft by 80ft, with reflective aluminium walls on which nothing at all hangs. Instead, the 205 works, chosen from all eight of the Louvre’s Parisian departments, are disposed on little free-standing walls and “exhibit-islands”. It is as if they have been planted, a forest of beauty. They cover the gamut of world art, from the fourth millennium BC to about 1850. From the raised area at the front of the gallery, you have a sweeping overview of what man has done best for 6,000 years. (You didn’t expect that just a long throw from Lens’s soccer stadium.) Then you plunge in.

Image: The structures, made of glass, aluminum and concrete, were designed by the Pritzker Prize-winning Japanese firm Sanaa. ガラス、アルミニウム、コンクリートの建物は、プリツカー賞を受賞した日本の会社Sanaaが設計。

Image: wsj.com
The structures, made of glass, aluminum and concrete, were designed by the Pritzker Prize-winning Japanese firm Sanaa.
ガラス、アルミニウム、コンクリートの建物は、プリツカー賞を受賞した日本の会社Sanaaが設計。

さあ、メインのアトラクション、「時の回廊」に行ってみよう。ここは、広大なスペースで、たて400フィートよこ 80フィートあり、反射するアルミニウムの壁面には何も掛かっていない。その代わり、パリのルーヴルの8部門から選ばれた205点の作品は、小さい独立した壁と「展示アイランド」に並んでいる。それはあたかも植樹されたような、美の森のようだ。作品は世界の美術を網羅し、紀元前4000年から1850年までの作品が展示される。ギャラリー入り口の小高い地点から眺めると、6000年間の人類の成果を一望できる。(ランスのサッカースタジアムでは、このようなロングスローは望めなかった。)

Image: designboom.com © iwan baan

The approach is chronological along the length of the building with, across the width, what was happening in different countries and civilisations at any given time. Cross-cultural references were never easier or more entrancing. You weave about, comparing, say, a simple Cycladic feminine idol with much fancier stuff going on in Egypt at the same epoch. You note different depictions of the human body, and their evolution, in Classical times. (There’s a particularly wonderful Discophore statue from the first or second century AD.)

展示方法は、建物の奥行きに従って年代順に配置され、反対の壁側には、同時代に別の国や文明で起きたことが展示されている。異文化を相互参照するのに、これほど容易だったり魅力的だったことは、これまで決してなかった。簡素なキクラデスの女性像と、同時期にエジプトで制作されていた相当装飾的な作品を、比較しながら練り歩く。古代ギリシャ・ローマ時代における人物の身体表現の相違や、その進化に気がつく。(1世紀か2世紀の特にすばらしい「ディスコホロス(円盤を持つアスリート)」がある。)

Image: telegraph.co.ukPerugrino's Saint Sebastianペルジーノの聖セバスチャン

Image: telegraph.co.uk Perugrino’s Saint Sebastian ペルジーノの聖セバスチャン

The development of religious art across time and cultures gives an outing to a glorious Mithraic altar unseen for 50 years, not to mention Perugino’s very strange Saint Sebastian. And so it goes on, eye-popping juxtapositions and insights – Rubens facing Georges de la Tour’s Madeleine à la Veilleuse, teaching each other about shade – at every turn.

時代と文化を横断する宗教美術の発展では、ペルジーノのとても風変わりな聖セバスチャンは言うまでもなく、50年間目にすることがなかった素晴らしいミトラ教祭壇へと出かけることができる。このように、至る所に目を見張る並列配置と洞察がある。たとえば、ルーベンスとジョルジュ・ド・ラ・トゥールの「灯火の前の聖マドレーヌ」が向き合い、お互いに陰影について語り合っている。

It makes for the most stimulating, instructive show I’ve seen for a very long time, possibly ever. Whatever your level of artistic knowledge – mine’s low – you’re grasping things not even guessed at before. You can’t do that at Louvre HQ, where all the works are tidied away in their own departments and never come out to meet. Here, they’re observing one another and, of course, being observed.

これは、これまで長い間、恐らく、一度も見たこともないような刺激的で教育的な展示方法だ。美術の知識レベルにかかわらず、私の場合は低いレベルだが、これまでに考えもしなかったものをつかみ取る。ルーヴル本館ではこうはいかない。本館ではすべての作品が、部門ごとに展示され、対面することはありえない。ここでは、作品同士が観察し、もちろん、観察されるのだ。

Because of the “island” layout, perspectives change, depending on where you stand. From the bottom left-hand corner, a sweep of female nude statues leads directly to the topless Liberty Leading The People, Delacroix’s brawling wall-filler from the 1830 French Revolution, which ends the exhibition. Except that it doesn’t, because you wander back and then all over the place again. You may have missed Botticelli or Raphael, Goya or Rembrandt on your first route through.

Image: Le 28 Juillet. La Liberté guidant le peuple (28 juillet 1830) de Eugène Delacroix (1798-1863)「民衆を導く自由の女神」ウジェーヌ・ドラクロワ

Image: connaissancedesarts.com
Le 28 Juillet. La Liberté guidant le peuple (28 juillet 1830) de Eugène Delacroix (1798-1863)
「民衆を導く自由の女神」ウジェーヌ・ドラクロワ

「アイランド」形式のレイアウトなので、どこに立つかで視点が変わる。左手前の角からは、一連の裸体の女性像がつづき、ドラクロワが1830年のフランス7月革命を壁を埋め尽くす規模で描いた民衆を導くトップレスの自由の女神へと直接つながっていき、展示が終わる。ただ、また戻って最初から見て回れば、展示は終わらない。さもなければ、ボッティチェリやラファエッロ、ゴヤやレンブラントは、先のコースでは見逃してまう。

Beyond, a second, glass-walled gallery amplifies the time-related themes in the main show. (If that sounds vague, it’s because The Daily Telegraph was the first newspaper of any nationality into the new museum, and this gallery wasn’t yet in final dress.) Shows in both these galleries will be in place for five years, with some 15 per cent of the works changing annually. And, for the first year at least, it’s all free.

その先の第2のガラスの壁のギャラリーが、メインの展示の時系列のテーマを詳しく解説する。(もし、あいまいに聞こえたとしたら、それは、The Daily Telegraphがどの国の新聞社よりも先にこの新美術館を取材し、まだ、展示が最終段階に至っていなかったからです。)この2つのギャラリーの展示は5年間つづき、毎年15%程の作品が入れ替えられる。そして、少なくとも初年度は、入館料が無料だ。

Image: wsj.comLeonardo's 'The Virgin and Child With St. Anne,' will be included in the opening exhibition at the Louvre-Lens.ダヴィンチの「聖母子と聖アンナ」は、オープニングの特別展で展示される。

Image: wsj.com Leonardo’s ‘The Virgin and Child With St. Anne,’ will be included in the opening exhibition at the Louvre-Lens. ダヴィンチの「聖母子と聖アンナ」は、オープニングの特別展で展示される。

Meanwhile, the third gallery will have exhibitions lasting three to four months, opening with a magnificent introduction to the Renaissance, showcasing works from the Louvre and elsewhere. You pay €9 (£7.30) for this bit, but I doubt you’ll account it money wasted.

一方、第三のギャラリーでは、3ヶ月から4ヶ月の特別展が開かれ、オープニングではルネサンスを大々的に紹介し、ルーヴル美術館と他の美術館から作品を展示する。この展示会には9ユーロ(7.30ポンド)の入場料がかかるが、誰も無駄遣いだとは思わないだろう。

For some time now, Xavier Dectot has had teams out and about in the Lens region, knocking on doors and bidding locals not to be intimidated: the new Louvre really is for them. That’s why it hasn’t lowered its standards.

ここしばらくの間、ザビエ・デクト館長は美術館職員にランス地方を回らせ、ドアを叩いて地元の人々が気後れしないように話をさせた。新ルーヴルは本当に地元の人々のためのものだ。だから、基準を下げなかったのだ。

“Lens, too, has a right to excellence,” says Dectot. “But the main message is that this is an open place of pleasure. Don’t come here to be taught, but for enjoyment and delectation.”

「ランスもまた、卓越する権利がある。ただ、大事なメッセージは、ここは歓びのための解放された場所だということです。学びのためではなく、楽しみのため娯楽のために来てください。」と、デクト館長は語る。

The stream of human genius can, in short, be a joy for all. And it takes only a morning or an afternoon. Getting a similar overview in the Parisian Louvre would take a couple of years of intensive study. The Louvre-Lens is a magnificent short cut many of us crave. And it’s only an hour and a quarter from Calais.

人間の英知の流れをたどるのは、一言で言えば、すべての人にとっての歓びとも言える。そして、午前か午後の半日だけしかかからない。パリのルーヴルで同様の見方をしようとすると、集中的に見て回って2年はかかるだろう。ルーヴル=ランス美術館は、私たちの多くが望む見事に簡潔な鑑賞方法を提供するのだ。その上、[英国人にとって]カレーからほんの1時間15分で来ることができる。

Photos/写真 —> Le Figaro

*

Go Lens Go

Published on Nov 25, 2012 by

*

Louvre-Lens art gallery: ‘We’re going to make it so you never hang anything on the walls’

スクリーンショット(2013-01-16 18.26.59)Published on 5 Dec 2012 by TheGuardian

*

From architectual point of view /建築デザイン =>designboom

*

ルーヴル=ランス美術館への行き方を検索中に、このブログを訪れてくださる方がいらっしゃるようなので、美術館ウェブサイトから列車での行き方(フランス語)をコピーしました。[2013.3.29現在]

Comment serendre au musee?
as of Mar. 29, 2013

En train
La gare de Lens (située à 1,5 km du musée) est desservie par de nombreuses liaisons régionales.
Elle est également station d’arrêt sur des grandes lignes telle que la ligne T.G.V. Paris-Dunkerque.
Une navette dessert directement le musée, gratuitement (la 1ère année) depuis la gare de Lens.
Chemin piéton paysager entre la gare et le musée (20mn environ).

以下はご参考までに。。。正確で最新の情報は美術館ウェブサイトで。
The following is FYI.  For the latest information, please refer to the museum official site.

Translation by Google
Lens Station (1.5 km Museum) is served by many regional routes.
It is also station stop on the main lines such as TGV Paris-Dunkerque.
A shuttle bus directly to the museum free of charge (first year) from the station of Lens.
Landscaped pedestrian walkway between the station and the museum (about 20 minutes).

ランス駅には地元の鉄道が何本か入っていて、長距離列車は、たとえば、TGV(パリ北駅=ダンケルク駅線)の停車駅にも(時間帯によって)なっているようです。
美術館は、ランス駅から1.5キロの位置にあり、
駅からは、2012年12月の開館後一年間は無料シャトルバスが運行され、また、徒歩では遊歩道を歩いて20分でしょうか。

*