Tags

, , , , , , , , , , , , ,

Following my post yesterday, I picked up some of the items that caught my eyes from the description in their website.
Excerpts from the Profiles in History website with Japanese loose translation.

きのうの投稿のつづきです。オークションのウェブサイトから、気になった手紙をいくつか抜き出しました。
Profiles in Historyから抜粋と、意訳です。

***

The Property of a Distinguished American Private Collector Part I
Tuesday, December 18th, 2012

Property of a Distinguished American Private Collector第一部
2012年12月18日火曜日

Leo Szilard’s stunning letter to Lewis Strauss of 25 January 1939 regarding “ a very sensational new development in nuclear physics” is perhaps one of the most significant letters in scientific history relating to the Atomic Bomb. This cornerstone of the science and medicine portion of the sale is made even stronger with some of the most important manuscripts of Charles Darwin relating to his most important published works. In addition, manuscripts by Carl Jung, Sigmund Freud, Albert Einstein and Thomas Edison find pride of place in this section of the sale.

(物理学者)レオ・シラードが(米国の核兵器開発を推進した)ルイス・シュウトラウスに宛てて1939年1月25日に書いた驚くべき手紙には、「原子核物理学における非常にセンセーショナルな新開発」と書かれており、恐らく原爆に関連する科学史上もっとも顕著な手紙の一つです。その他、科学医学部門では、チャールズ・ダーウィンが自身の最も重要な出版物について語っている文書、カール・ユング、シグムンド・フロイド、アルバート・アインシュタイン、トーマス・エジソンも、注目される出品物です。

A highlight of the music section of the first sale is a rare two-page manuscript Ludwig von Beethoven on the subject of his Ninth Symphony. Manuscripts by Johannes Brahms, Anton Dvorak, George Gershwin, Billie Holiday, John Lennon, Franz Liszt, Felix Mendelssohn, Giacomo Puccini, Robert Schumann, Peter Ilyich Tchaikovsky and Richard Wagner add strength and depth to this segment of the sale.

Image: profilesinhistory.com
Beethoven
ベートーヴェン
Autograph letter signed (“Beethoven”) in pencil, in German, 3 pages, (5 1/2 x 8 1/2 in.; 140 x 216 mm.), to Tobias Haslinger (a friend and business partner of Beethoven’s publisher, Sigmund A. Steiner); browning and some marginal chipping.
A disgruntled Beethoven writes of the second performance of his 9th Symphony and his Missa Solemnis.
直筆の手紙。署名入り(ベートヴェン)。ドイツ語。宛先:トビアス・ハスリンガー(ベートヴェンの出版社、シグムンド A. シュタイナーの友人でビジネスパートナー)
不機嫌なベートヴェンが交響曲第9番の2回目の演奏会とミサ・ソレムニスについて記述。

音楽部門でのハイライトは、ルートヴィッヒ・ヴァン・ベートーヴェンが、交響曲第九の主題について書いた希少な2枚の手紙です。その他、ヨハン・ブラームス、アントニン・ドヴォルザーク、ジョージ・ガーシュイン、ビリー・ホリデー、ジョン・レノン、フランツ・リスト、フェリックス・メンデルスゾーン、ジャコモ・プッチーニ、ロベルト・シューマン、ピョートル・イリイチ・チャイコフスキー、リヒャルト・ワーグナーも、この部門に迫力と奥深さを添えます。

The art and architecture section of The Property of a Distinguished American Private Collector contains arguably the finest Vincent van Gogh letter in private hands. The great post-Impressionist painter writes to his dear friends, Monsieur and Ginoux, of his failing mental and physical health with remarkable clarity and self-awareness. Less than seven months before his tragic death, van Gogh writes with great introspection: “Disease exists to remind us we are not made of wood . . .” This letter is exquisitely enveloped by manuscripts by Alexander Calder, Jacques Louis David, Paul Gauguin, Maxfield Parish and Frank Lloyd Wright. Two letters of great historical importance by Claude Monet provide valuable insights on his stunning Rouen Cathedral paintings giving gravitas to this portion of the sale.

Image: profilesinhistory.com
Van Gogh
ゴッホ
Extraordinary autograph letter signed (“Vincent”), in French, 4 pages (8 x 5 1/2 in.; 203 x 133 mm.), on grid paper, “Saint-Remy de Provence,” 20 January 1890 to “M. & Mme. Ginoux” (Joseph Ginoux and Marie Ginoux-Julien); with envelope addressed in Van Gogh’s hand to: Monsieur Ginoux, Cafe de la gare, Place Lamartine, Arles; spotting, repair to page fold.
Less than seven months before his death, Van Gogh shares his thoughts with an ailing friend: Illnesses are there to make us remember again that we arer not made of wood.
直筆の手紙。署名入り(ヴィンセント)。フランス語。1890年1月20日 サンレミ・ド・プロヴァンス。宛先;ジノー夫妻。ゴッホの自筆による封筒:M.ジノー、カフェ・ド・ラ・ゲール、ラマルタン広場、アルル
死の7ヶ月余り前、ゴッホが病んでいる友に心情を打ち明けている。「病は、私たちが木でできているのではないことを、思い出させてくれるためにあるのだ。」

Image: art-library.comMme. Ginouxジノー夫人

Image: art-library.com Mme. Ginoux ジノー夫人

美術・建築部門では、ヴィンセント・ヴァン・ゴッホの直筆の手紙が目を引きます。この偉大な後期印象派の画家は、親しくしていたジノーに、自分の精神的身体的状態の悪化を非常に明確に書いていて、はっきりと自己認識していたことがわかります。悲劇的な死を遂げる7ヶ月余り前に、ゴッホは自分自身について深く考えたことを書いています。「病気は、自分たちが木でできているのではないことを自覚させるために、存在するのだ。」その他、アレキサンダー・カルダー、ジャック・ルイ・ダヴィッド、ポール・ゴーギャン、マックスフィールド・パリッシュ、フランク・ロイド・ライトの自筆の手紙も登場します。また、クロード・モネがルーアン大聖堂を描いた絵画について、自身の考えを書いた2枚の手紙が出品されます。

Image: profilesinhistory.com
Claude Monet
モネ
Autograph letter signed in French, 3 pages, (8 1/4 x 5 1/4 in.; 210 x 133 mm.), “Rouen,” 25 February 1892, to his future wife, Alice Hoschede; light browning; chipped corner of first leaf and repair to horizontal folds & page fold.
Monet discusses the progress of his series of painting of Rouen Cathedral.
直筆の手紙。署名入り。フランス語。1892年2月25日ルーアン。宛先:将来の妻アリス・オシュデ。
絵画ルーアン大聖堂シリーズの進行状況を書いている。

Image: Wikipedia
Rouen Cathedral by Monet
モネのルーアン大聖堂

Image: profilesinhistory.com
Claude Monet
モネ
Autograph letter signed, (“Claude”), in French, 4 pages, (8 1/2 x 5 1/4 in.; 216 x 144 mm.), Saturday evening [March 9, 1893] to his wife, Anice nee Hoshede; small splits to horizontal fold.
Monet writes his wife about feeling depressed and doubting his abilities as a painter.
直筆の手紙。署名入り(クロウド)。フランス語。土曜日夜[1893年3月9日]。宛先;妻アリス
妻に、落ち込んでいて画家としての才能に疑念をいだいていることを打ち明けている。