Rare Roman bronze statues in excellent condition will be on sale.
Original text and images from Christie’s with Japanese translation.

希少な古代ローマ時代の彫刻が、いい状態でオークションにかけられます。
Christie’sから原文と画像、そして訳です。

***

Two Important Roman Bronze Genre Statues of Girls Pursuing Partridges

幼女がヤマウズラを追いかける2体の貴重なローマ時代のジャンル(風俗)ブロンズ像

Large-scale bronze statuary from the Roman world only rarely survives. Both depict a young girl about one year in age wearing a tunic, scooting forward in pursuit of a partridge. While seemingly identical, closer inspection reveals tremendous differences, especially for their facial features, their hair and the position of their arms. The birds, too, are different, as one turns its head much further than the other. The tradition of depicting young children traces its origins to the Classical period in Greece, when grave reliefs show them holding a pet, often a bird. By the end of the 4th century B.C., the Greeks dedicated sculptures in the round as votive offerings to the goddess of childbirth. The Romans typically adopted Greek models for the decoration of their villas, but for them the sculptures were strictly ornamental, seemingly devoid of any religious significance. Sculpture was often displayed in symmetrical arrangements, in pairs or in mirror images. Our girls likely decorated the fountain of a wealthy Roman villa. They are in fantastic condition and are of incomparable quality. They are true masterpieces of Roman art, and illustrate the pinnacle of bronze casting technology of the early Imperial period.

古代ローマ時代の大規模なブロンズ彫像は、ごく稀にしか今日まで伝わっていません。この2作品は、1歳くらいの幼女でチューニックを着用し、ヤマウズラを追いかけて駆け出しています。一見同じように見えますが、よくよく観察すると、特に顔の造りや髪の毛、腕の位置にかなりの違いがあります。鳥も同様に違っていて、一方がより深く振り向いています。幼い子どもをモデルにする作品の伝統は、古代ギリシャにまで遡り、墓碑彫刻に子どもがペット、多くは鳥を抱えている様子が描かれています。紀元前4世紀末期までには、子どもの神への奉納品として、丸彫り彫刻を捧げていました。古代ローマ人は一般的に古代ギリシャの作品を取り入れヴィラを装飾していました。ただし、ローマ人には彫刻はあくまでも飾り物で、宗教的な意味合いはなかったと見られます。彫刻は主に対か鏡像の形で、左右対称に配置されていました。今回の幼女は、恐らく、裕福なローマ人のヴィラの噴水を装飾していました。保存状態がよく、比類のないクオリティを保っています。古代ローマ美術の傑作で、帝政初期におけるブロンズ像制作技術の粋を今に伝えています。