Alexei Ratmansky was awarded the Liberty Prize at the Russian Consulate in New York.
Original text from Russia Beyond The Headlines with Japanese translation.

振付家ラトマンスキーが、ニューヨークでLiberty Rrizeを受賞したという記事です。
Russia Beyond The Headlinesから原文と、訳です。

***

Russian dancer brings American ballet to life

ロシアのダンサー、アメリカのバレエに命を吹き込む

Choreographer Alexei Ratmansky is revitalizing the world of ballet with a balance of satire and reverence.

振付家アレクセイ・ラトマンスキー、風刺と崇敬を程よく合わせて、バレエ界に命を吹き込む。

November 20, 2012 Ayano Hodouchi, Nora FitzGerald

2012年11月20日 文)ホドウチ・アヤノ、ノラ・フィッツジェラルド

Image: rbth.ru
Alexei Ratmansky

Alexei Ratmansky has a calm and elegant presence, somehow appearing both vaguely aristocratic and deeply casual at the same time. The former artistic director of the Bolshoi Ballet and veteran dancer has fully matured as an artist, becoming, unarguably, one of the world’s great choreographers.

アレクセイ・ラトマンスキーは、穏やかで上品な出で立ちで、どこか貴族的な面とかなりざっくばらんな面を併せ持っている。元ボリショイバレエ団芸術監督でダンサーでもあったラトマンスキーは、芸術家として十分に成熟し、議論の余地なく世界の偉大な振付家の1人となった。

And while his work consistently reflects his Russian roots, he thrives in the United States. Since 2009, he has been artist in residence at American Ballet Theater. He has also made New York his home, or at least one of them.

その作品には常にロシアのルーツを反映しながら、アメリカで成功を収めてきた。2009年以降、アメリカン・バレエ・シアターの招聘アーティストとして活動し、ニューヨークを拠点に、または、少なくとも本拠地のひとつにしている。

On Nov. 9, Ratmansky was rewarded with a cross-cultural affirmation of his stature. He was awarded the Liberty Prize at the Russian Consulate on 91st street, a nod to his gifts and his ability to move ably as an artist and cultural ambassador between Moscow and New York, and all the major ballet cities in between.

11月9日、ラトマンスキーは、クロスカルチャー的な活躍が認められて表彰された。アーティストとして、文化大使として、その才能と能力によりモスクワやニューヨーク、その他、バレエの主要都市すべてを行き来して活躍してきたことが認められ、91番街のロシア領事館でLiberty Prizeを受賞した。

The award and an undisclosed cash prize has been bestowed every year since 1999 by three prominent Russian Americans – artist Grisha Bruskin and writers Alexander Genis and Solomon Volkov. Past winners have included writers Vassily Aksyonov and Vladimir Sorokin, and publisher Irina Prokhorova.

1999年以来、著名な3人のロシア系アメリカ人である、アーティストのグリーシャ・ブルスキン、作家のアレクサンダー・ジェニスとソロモン・フォルコフが、Liberty Prize賞と非公開の賞金を授与してきた。これまでに、作家のワシリー・アレクサンダーとウラジミール・ソロキン、出版社のイリーナ・プロコローワが受賞している。

Straining above the din of celebration at the New York consulate, Ratmansky thanked the Russian-American organizers of the award.

ラトマンスキーは、ニューヨーク領事館で行われた祝賀会の喧噪の中、緊張気味に、ロシア系アメリカ人の主催者に、受賞に対する感謝の意を述べた。

“Above all I am grateful to my profession,” he said. “And I am lucky that in ballet it is possible to be a patriot in all innocence,” he said, meaning that he is lucky to serve his country through his art. Ratmansky also spoke of his tenure on American soil, which in many ways has been more nurturing and less controversial than his stint as the artistic director of the Bolshoi, where he learned the constraints of managing artists and being an artist at the same time.

「何よりも自分の職業に感謝しています。そして、バレエではそれとは知らずに愛国者になることができ、幸運だと思います。」と語った。つまり、自分の芸術を通して祖国のために尽くすことができて幸運だと語った。ラトマンスキーはまた、アメリカの地で仕事をしていることについて、ボリショイ劇場の芸術監督だったときに比べ、いろいろな意味でより建設的であり、物議を醸し出すことが少ないと語った。ボリショイでは、アーティストをマネージしながら自身がアーティストであることに制約があることを学んだ。

“If you put on a good production, they will embrace you here and welcome you eagerly,” Ratmansky said of the U.S. “And if you talk about the repertoire of classical ballet, more than half of it is Russian. It’s prestigious to be a Russian choreographer in the U.S., where there is such respect for Petipa, Fokine, and other great [choreographers].”

「いい作品を制作しようとすると、ここでは、それを快諾し熱心に迎え入れてくれます。」と、ラトマンスキーはアメリカのことを語る。「そして、クラシックバレエのレパートリーとなると、半数以上がロシアの作品です。プティパやフォーキンなど偉大な振付家が尊敬されているアメリカで、ロシア人振付家には信望があります。」

“And the respect people have for these names are reflected on you as well,” he said, addressing the mostly Russian audience. “Such support is priceless.”

「そして、そのような偉大な名前は、みなさんにも影響を与えています。」と、主にその場のロシア人に向けて語った。「それは非常に貴重な後ろ盾になっています。」

Ratmansky’s Revitalized Nutcracker
ラトマンスキーが新しく振り付けた「くるみ割り人形」

Image: The New York Times
Nutcracker

In 2010, Ratmansky bravely took on American ballet’s predictable holiday spectacle, “The Nutcracker,” and transformed it into something deeper. Critics were thrilled: “Made with complete theatrical authority from first to last, it shows many aspects of Mr. Ratmansky: satirist, storyteller, dramatist, poet,” wrote The New York Times. American Ballet Theater performs Ratmansky’s “Nutcracker” from Dec. 7 through Dec. 16, at the Brooklyn Academy of Music Opera House.

2010年、ラトマンスキーは、果敢にも、アメリカバレエ界でよく上演されるホリデー演目「くるみ割り人形」を取り上げ、より深みのあるものに作り変えた。批評家は絶賛した。「初めから最後まで、完璧に演劇的な説得力があり、ラトマンスキー氏の風刺作家、語り手、劇作家、詩人の面を余すところなく伝えている。」と、ニューヨークタイムズが伝えている。アメリカン・バレエ・シアターは、ブルックリン・アカデミー・オブ・ミュージック・オペラハウスで、12月7日から16日まで、ラトマンスキーの「くるみ割り人形」を上演する。

While Ratmansky knew better than to try to revolutionize a cash cow like “The Nutcracker,” he also knew he could make the ballet better. Ironically, this ballet is the single reason many ballet companies survive financially. The ballet, based on the children’s tale by E.T.A. Hoffman, was not well received in Europe and Russia when it premiered in 1892 – critics uniformly panned the early productions. Tchaikovsky did not live long enough to relish its eventual and indomitable popular appeal.

ラトマンスキーは、「くるみ割り人形」のようなドル箱演目を作り変えようとしない方がいいと知りつつも、さらに魅力的にすることができると確信していた。E.T.A.ホフマンの子どものための物語を題材にしたこのバレエは、1892年の初演当時,ヨーロッパやロシアでは評判がよくなかった。批評家はそろって初期作品を酷評した。チャイコフスキーは、最終的に不屈の名作になるのを味わうことなく、この世を去った。

The 44-year-old choreographer, who was born in St. Petersburg (then Leningrad), has said in many interviews that he was never a huge fan of the original ballet. He felt the music was overexposed and hard to feel anew. But Ratmansky breathes life into the work, which reveals a dreamlike maturation of protagonist Clara, a role originally danced by Veronika Part, an extravagantly generous and virtuosic dancer.

ザンクト・ペテルスブルグ(当時のレニングラード)出身の44歳のラトマンスキーは、いろいろなインタビューで、オリジナルのくるみ割り人形の大ファンではなかったと語っている。音楽が過度に露出していて、新鮮みが感じられなかった。ところが、ラトマンスキーは、この作品に命を吹き込み、主人公クララの夢のような円熟さを引き出した。非常に豊かで天才的ダンサーのヴェロニカ・パートが初演で踊った。

Ratmansky chose to change the climactic pas de deux, and choreograph it between Clara and the prince, who are the main characters of the ballet – rather than the prince and the sugar plum fairy. The duet is more powerful and mature in its rendering. At a rehearsal for the premiere, Ratmansky appeared relaxed and confident in ABT’s Broadway studio.

Image: The New York Times
Nutcracker

ラトマンスキーは、クライマックスのパ・ド・ドゥを変更し、王子と金平糖の妖精ではなく、主役のクララと王子に振り付けた。この演出の方が、説得力があり円熟味がある。初演のリハーサルで、ABTのブロードウェイスタジオのラトマンスキーは、リラックスして自信ありげに見えた。

“At American Ballet Theater, I don’t have to waste time explaining why I want to do this or that or convince people to follow me,” he said at the time. “They understand that this is their job.”

「アメリカン・バレエ・シアターでは、自分の意図をあれこれ説明したり、自分に従うように説得するような余計な時間を費やす必要がありません。ダンサーはみな、これは自分たちの仕事なのだと理解しています。」と、当時語っていた。

At the Bolshoi, Ratmansky recalled, “There is a cult called ‘We are the Bolshoi.’ It’s limiting on one hand. On the other hand, there is a sparkle. Sometimes the self-importance leads to great performances.”

ボリショイでは、「『我々はボリショイだ』という信仰があります。それが、制約になもなり、また、きらめきにもなります。自尊心は、時には、優れた演技をもたらします。」

“Don’t tell him, but the Bolshoi is going to change, partly because of his ballets, and so be it,” New Yorker dance critic Joan Acocella predicted in 2005. And she was right. In 2011, Acocella called him the “most sought after man in ballet.” Critics have noticed that he has a penchant for old stories, and a reverence toward tradition, yet still he is creating what Acocella calls a “renewed modernism.”

「本人には言わないでください。ボリショイは変わるでしょう。彼のバレエにもよるところ大です。そうなればいい。」と、ニューヨーカーのダンス批評家ジョアン・アコセラが2005年に語っていた。そして、アコセラは正しかった。2011年には、ラトマンスキーは「バレエ界で最も引く手あまたの振付家となった」と語っていた。批評家は、ラトマンスキーには昔話に強い嗜好があり、伝統に敬意をもち、それでいて、アコセラが呼ぶところの「再生したモダニズム」を作り出していることに気がついている。

When Ratmansky was at the helm of the Bolshoi, the company experimented for the first time with the modern choreography of Twyla Tharp. He also restored a long forgotten Soviet-era ballet, “The Bright Stream,” to the music of Shostakovich in honor of his 100th birthday. Ratmansky’s passion for the Russian avant garde is something devotees are sure to see more of in the future.

ラトマンスキーがボリショイの舵を握っていたころ、初めてモダン振付家トワイラ・サープの起用を試みた。サーブもまた、長い間忘れられていたソ連時代のバレエ「明るい小川」を再演した。それは、その曲を作曲したショスタコーヴィッチ生誕100年祭だった。ラトマンスキーのロシア・アバンギャルドへの情熱は、これからもっと見ることができるとラトマンスキーファンは確信している。

Critics and balletomanes agree: Ratmansky has had a profound impact on dance in the past decade. Recently, the Mariinsky Ballet brought his Cinderella, spare and dark, to the Kennedy Center. The ballet, showing a contemporary vision and sinister edge, is controversial. Yet it reflects a vision that ballet is a living art form, with a dynamic future.

批評家とバレエ愛好家は、ラトマンスキーは過去10年間に、バレエに相当なインパクト与えたと口を揃える。近頃、マリインスキーバレエ団は、ケネディーセンターで、ラトマンスキーのシンデレラを上演した。現代的視点と邪悪な鋭さをもつこの作品は、議論を呼んだ。ただ、それは、バレエが生きている芸術表現の一形態で、ダイナミックな未来が待っているという展望を反映している。

Musicologist and author Solomon Volkov has been on the jury of the Liberty Prize since its inception 14 years ago. Volkov said that Ratmansky’s ballets are “very rich in context” but that the exact meaning of his ballets is clear only to Russians who remember Soviet history. This is, actually, “the strength of his work,” Volkov said, “I know perfectly well what Ratmansky is alluding to, but the critics are mystified. He is an enigma, a link to a world people don’t know.”

音楽学者で作家のソロモン・ヴォルコフは、14年前の創設以来Liberty Prizeの審査員を勤めている。ヴォルコフは、ラトマンスキーのバレエには「奥深い背景がある」が、正確な意味が分かるのは、ソ連の歴史を覚えているロシア人だけだと話す。これが、実は、「ラトマンスキー作品の強みだ。ラトマンスキーが何を暗示しているのか、私には完全にわかるが、批評家はけむに巻かれているのだ。ラトマンスキーは謎めいている。皆が知らない世界へつながっている。」と、ヴォルコフが語った。

That applies not only to American audiences, Volkov points out: “Younger people in Russia are the same. They don’t know the Soviet Union, and the way they see Ratmansky is not very different from American audiences.”

それは、アメリカの観客だけに当てはまるわけではないと、ヴォルコフが話す。「ロシアの若い世代もそうだ。ソ連を知らないし、ラトマンスキーを見る目は、アメリカの観客と大して変わらない。」