YouTube video clip by Versailles.
Original English subtitles with Japanese translation.

ヴェルサイユのYouTubeビデオです。
英語の字幕と、訳です。

***

Versailles and Antiquity

ヴェルサイユと古代ギリシャ・ローマの美術品

Episode 1
エピソード1

ANTIQUITY DESIRE
古代美術品への欲求

The art of Antiquity, what remained from Greco-Roman civilization, vividly embodying power, order and glory, was eagerly sought after in the 17th century.

権力、秩序、栄光を具現化する古代美術品、つまり、古代ギリシャ・ローマ文明の遺物は、17世紀には引く手あまたでした。

Kings and statesmen all over Europe wanted to possess and show off the rarest works.

ヨーロッパの王族、国家元首が所持することを望み、最も希少な作品を誇示していました。

Their desire was to use these vestiges of past glory to demonstrate their own power and wealth.

過去の栄光の面影を利用して、自らの権力と富を示威することを望んだのです。

THE ORIGINS
発端

It all began with king Francois 1: after his visit to Bologna in 1515,
he asked Pope Clement VII for the large sculpture of Laocoon installed in the Vatican…

すべては国王フランソワ1世から始まりました。1515年にイタリア・ボローニャを訪ずれた後、法王クレメント7世にヴァチカンに置かれている大きいラオコーンの彫刻を所望しました。

Image: Wikipedia
Gruppo del Laocoonte ラオコーン像

It was recognized as the antique work “most worthy of admiration!”

ラオコーンは「最も称賛に値する」古代の作品と見なされていました。

But the Pope refused to give it to him.

ところが、法王はそれを拒否しました。

Around 1540,  spurred on by his Italian entourage,
Francois 1 once again showed a passionate desire to own antique sculpture.

1540年頃、イタリア人の側近に触発され、フランソワ1世は再び古代の彫刻を手に入れることに情熱を燃やしました。

Image: Wikipedia
François Ier de France フランソワ1世

He dispatched Francesco Primaticcio to Rome with the mission to make drawing of antique statues and advise the king the ones he should buy.

国王は画家・建築家・彫刻家のフランチェスコ・プリマティッチオをローマに派遣し、古代彫刻を模写させ、買うべき彫刻を助言するというミッションを与えました。

The envoy returned to France with over 100 crates containing whole statues, busts and torsos.

プリマティッチオは、彫像、胸像、トルソーがつまった100台以上のクレートを、フランスに持ち帰りました。

After Francois 1, the French kings lost interest in the art of Antiquity even though they could see fine examples around them every day.

フランソワ1世後の代々の国王は、日々一級品に囲まれているにもかかわらず、古代美術への興味を失ってしまいました。

Yet, compared to tapestries, antique sculptures were the most expensive and the most prestigious pieces in their collections.

それでも、タペストリーに比べれば、古代彫刻は所蔵品の中でも最も高価で権威ある作品でした。

In the 17th century, Richelieu turned back to Antiquity.
He put together a large collection of rare and precious sculptures which he procured directly on the market in Rome…

17世紀には、宰相リシュリュー枢機卿が古代美術に立ち戻りました。
リシュリューは、ローマの市場から直接購入した希少で高価な彫刻を多数収集しました。

Image: Wikipedia
Richelieu リシュリューの三面像

Later on, Mazarin and Fouquet decorated their town mansions and palaces
with genuine antiques, also purchased in Rome or in other cities in Italy.

その後、マザラン枢機卿や大蔵卿フーケは、ローマやその他イタリアの都市で購入した本物の古代美術品で、自分たちの大邸宅や別邸を装飾しました。

Image: Wikipedia
Mazarin マザラン枢機卿

1643, when Louis XIV was crowned,
the only first-rank antique sculpture that he inherited was “Diana the Huntress”,
a present from Pope Paul IV to Henri II.
He had less than ten antique statues of a “natural” or colossal size,
whereas Richelieu had possessed over thirty full-size statues,
and as many busts on the facades of his palace.

1643年にルイ14世が国王の座についたとき、相続した第一級品の古代彫刻は、法王パウロ4世がアンリ2世に贈呈した「狩りの女神ディアナ」だけでした。国王が所有する「自然」の大きさ、または、巨大な古代彫像は10体もなかった一方、リシュリューは、30体を超える実物大の彫像と邸宅正面を飾る多数の胸像を所有していました。

Image: Wikipedia
Louis, Dauphin of France in 1643
フランス王太子ルイ

In 1665, Louis XIV was then aged 27 and the artist Bernini declared in public about the King’s apartments:
“The ornaments of this bedroom and the adjoining rooms are ornaments for ladies.”

ルイ14世が27歳になった1665年に、画家のベリーニが国王の居室について次のように公言しました。
「寝室や隣接する居室にある装飾品は、婦人好みだ。」

Image: Wikipedia
Médaille en or de Louis XIV par Jean Varin, 1665, ルイ14世

Feeling deeply hurt, the king then decided to completely change his policy for the acquisition of works of art
It was a turning-point, a new departure for the history of Antiques in Versailles.

深く傷ついた国王は、美術品収集に対する方針を根本から改める決意をしました。
これが、ヴェルサイユにおける古代美術品の歴史の転機、新しい出発となりました。

To be continued…
つづく

Web série, Épisode 1 : Désir d’antique, les origines…

Published on Nov 14, 2012 by