This is about the Isleworth Mona Lisa.
Original text from Otago Daily Times with Japanese translation.

アイルワースのモナリザに関する記事です。
Otago Daily Timesから原文と、訳です。

***

Fri, 16 Nov 2012
2012年11月16日(金)

Isleworth ‘Mona Lisa’ an earlier da Vinci work

David Feldman vice-president of the Mona Lisa Foundation, Switzerland, takes issue with Monday’s Artbeat column and argues the Isleworth/earlier Mona Lisa is genuine.

アイルワースのモナリザ、ダヴィンチの初期の作品

スイス、モナリザ財団のデビッド・フェルドマン副財団長は、月曜日のArtbeat欄に異を唱え、アイルワース/初期モナリザは真作であると語った。

Image: Wikipedia
Isleworth Mona Lisa
アイルワースのモナリザ

IThe article mentions the Isleworth/earlier Mona Lisa as a possible copy rather than a genuine Leonardo da Vinci, but did not appear to focus on recent findings.
For this painting to be accepted in the canon of Leonardo’s work, it must be established there were two Mona Lisas, and that this is the other.

月曜日のArtbeat欄では、アイルワース/初期モナリザは、レオナルド・ダ・ヴィンチの真作というよりは、どちらかといえば、模作の可能性があると述べている。ただし、最近の調査結果については注目していないようだ。
この絵画がダビンチの作品と正式に認定されるには、モナリザが2作品あり、これがもう一方の作品であると実証されなければならない。

“There is no basis for thinking there was an earlier portrait,” said Julia Morrison (who is referred to in the article) to the BBC.

「初期の肖像画が存在したと考察するための根拠がない」と、当該記事でも登場しているジュリア・モリソン氏はBBCに語っている。

Consider the documented historic evidence.

文書として残っている歴史的根拠を見てみよう。

1.Both Francesco del Giocondo in c.1501 and Giuliano de Medici in c.1515 commissioned portraits of the Mona Lisa.

1. フランチェスコ・デル・ジョコンドが1501年頃、ジュリアーノ・デ・メディチが1515年頃に、モナリザの肖像画を依頼した。

2.Raphael when he first copied Mona Lisa in c.1504 included flanking columns in his sketch as did many copies, but not the Louvre painting. There must have been a version of Mona Lisa with columns.

Image: employees.oneonta.edu
Raphael, Portrait Study
ラファエッロの模写

2. ラファエッロが1504年頃にモナリザを模写したとき、他の多くの例のように、2本の列柱を描いているが、ルーヴルのモナリザにはない。列柱が描かれたモナリザの絵画があるはずだ。

3.A 1517 account describes a “finished” Mona Lisa painting. A 1550 account describes what must be another as “unfinished”.

3. 1517年の文献では、「完成した」モナリザの絵画についての記載がある。1550年の文献では、「未完の」別の絵画があるはずだと記載されている。

4.Respected art historian, Gian Paolo Lomazzo, described in his 1584 art treatise that Leonardo painted a “Gioconda, and a Mona Lisa”.

4. 評価の高い歴史家ジャン・パオロ・ロマッツォが、1584年に書いた美術評論で、ダヴィンチは「ジョコンダとモナリザ」を描いたと記述している。

All these facts, especially when taken together, would point to the existence of two Mona Lisa paintings.

このような事実は、特に全て合わせると、2点のモナリザの絵画が存在したことを指摘しているようだ。

A host of arguments support the attribution of the Isleworth Mona Lisa to Leonardo. Prof Kemp dismisses it as a copy. The conception, dimensions, columns, subject, landscape, sitting angle, embroidery, underpaintings, and extra detail are quite different, pointing to it being an original painting.

論争の主催者は、アイルワースのモナリザをダヴィンチ作とする説を支持している。ケンプ教授は模写だという説だ。真作とするには、構想、サイズ、列柱、モデル、背景画、人物像の角度、刺繍、下絵、細部がかなり異なっている。

What then makes it a Leonardo?

それでは、何をもってダヴィンチとするのか。

1. The painting is of a younger woman. Art forensics show this is the same subject as the Louvre version, with about 11 years age difference.

1. より若い女性の絵画である。美術の科学調査によると、11歳の違いがあるが、ルーヴル作品と同じモデルである

2. The subject is shown between flanking columns, the bases of which are the finest of any Mona Lisa and which, unlike those in the Louvre painting, reflect light and shadow, a Leonardo autograph.

2. モデルは2本の列柱に囲まれて描写されている。その列柱の土台は、モナリザの絵画の中で最も良くできていて、また、ルーヴル作品とは異なり、ダヴィンチの署名にも等しい光と陰が反映されている。

3. Many established experts admire the beauty of the face, which sets it apart from all copies.

3. 多くの定評のある専門家が、目鼻立ちの美しさを認めており、他の模写を引き離している。

4. The dating of the canvas points to this painting predating the Louvre version.

4. キャンバス地の年代測定により、この絵画がルーヴル作品以前に描かれたことがわかっている。

5. The larger format of the painting shows more surrounding detail than the Louvre version especially at the bottom. Details below the right arm are similar in both paintings and not visible to the naked eye, and consequently most likely executed by the same artist.

5. 版型が大きいことから、ルーヴル作品より背景、特に底辺の描写が細密になっている。右手の下の詳細は類似していて裸眼では見えないことから,同じ作者が製作したものと考えられる。

6. Leonardo was fascinated by knots: the embroidery knotting is completely unique, more complex than the Louvre version and any Mona Lisa copies, which are all the same.

6. ダヴィンチは編み目に興味を持っていた。刺繍の編み目がこの絵画独自のもので、ルーヴル作品やその他の模作でルーヴル作品と同じ編み目よりは込み入っている。

7. Leonardo was the only known important left-handed artist of this period. Left-handed brushstrokes originally noted on the neck have also recently been identified on the left cheek and right hand.

7. ダヴィンチは、唯一知られている当時の左利きの作家だった。首に認められていた左利きの筆遣いが、最近、左頬と右手にも確認された。

8. Leonardo was preoccupied by geometry at that time; the painting is larger than the Louvre version, yet the figure portrayed is about 10% smaller. When brought to the same size their “hidden” proportions are exactly the same.

8. ダヴィンチは、当時、幾何学に没頭していた。この絵画はルーヴル作品より大きいにもかかわらず、描かれた人物像は10%ほど小さい。同じ大きさに調整すると、「隠された」プロポーションが正確に同じになる。

9. Scientific tests of the brushstrokes by their pixel concentration, of elliptical characteristics, amplitude histograms, and of the palette each confirm that important sections of the Isleworth/earlier version are by the same artist as the Louvre version.

9. 科学的に分析したところ、画素濃度による筆遣い、楕円特性、振幅ヒストグラム、色の幅のそれぞれで、アイルワース/初期作品の重要な部分が、ルーヴル作品と同じ作者によるものだということが確認された。

In the words of distinguished research physicist John Asmus, “significant portions of the Isleworth painting were executed by Leonardo da Vinci.

著名な物理学者ジョン・アスムスによると、「アイルワースの絵画のかなりの部分は、レオナルド・ダ・ヴィンチが描いたものだ。

Further, it is my opinion that the entire body of scientific and historic evidence in support of this conclusion is more substantial and extensive than for many of the works widely attributed to da Vinci”.

さらに、私見だが、この結論を裏付ける科学的、歴史的証拠全体は、広くダヴィンチに帰属されている多くの作品よりも、実質的で広範囲だ」と語っている。

*

Carbon-dating/炭素年代測定の結果