This is about a new exhibition at Versailles.
Original text from ANSA med with Japanese translation.

ヴェルサイユ宮殿の新しい展覧会についての記事です。
ANSA medから原文と、意訳です。

***

Exhibits: Sun King’s collection returns to Versailles

The palace like new Rome staged by Italian director
14 November, 13:17

展覧会:太陽王のコレクションがヴェルサイユに戻る

ローマ帝国の再来のような宮殿、イタリア人ディレクターが監督する
2012年11月14日午後1時17分

(By Aurora Bergamini) (ANSAmed) – Paris, November 14 – The collection of Louis XIV, known as the Sun King, will return to Versailles after over two centuries: 200 objects of art including paintings, designs, sculptures and tapestries which were moved after the French revolution and subsequently mostly displayed at the Louvre Museum, were grouped for the first time and located in their original places in an exhibit called ‘ Versailles and Antiquity’ open until March 17. The show focuses on the relationship between art and power across ten rooms.

(文:オーロラ・ベルガミーニ)(ANSAmed) – パリ、11月14日 – 太陽王の名でしられるルイ14世の所蔵品が、2世紀の時を経てベルサイユ宮殿に戻る。200点の絵画、下絵、彫刻、タペストリーで、フランス革命後に移され、その後、ほとんどがルーヴル美術館で展示されていたもので、今回初めて一堂に集められ、本来あった宮殿に展示される。「Versailles and Antiquity(ヴェルサイユと古代ギリシャ・ローマの美術工芸品)」という名の展覧会で、10室の展示室で芸術と権力の関係に焦点を当てる。

Image: chateauversailles.fr
Morpheus awaking as Iris draws near

‘Antiquity is first of all a number of pieces, of materials and art which bear witness to a bygone,glorious civilization’, said curators Alexandre Maral and Nicolas Milovanovic.

‘Versailles was at the times of Louis XIV like a new Rome: for its immensity, ambition to remain across the centuries, for the multitude of references to the great models of antiquity. The Sun King made Versailles the seat of power’.

「まず、古代ギリシャ・ローマの美術工芸品は多数の破片、素材、美術品からなり、過去の壮麗な文明の証人です。」と、ヴェルサイユ宮殿 学芸員 アレクサンドル・マラル、ニコラ・ミロヴァノヴィクは語る。

「ルイ14世の時代のヴェルサイユは、ローマ帝国の再来のようでした。その壮大さや数世紀に渡り続いた野心、そして、古代の偉大な芸術作品を数多く参照していることが、それを物語っています。太陽王はヴェルサイユを権力の座にしたのです。」

‘The castle finds its splendour’, said museum president Catherine Pegard. ‘It is of great emotional impact: past masterpieces are returning in their place thanks to the magic of Italian theatre director Pier Luigi Pizzi who has been in charge of the scenery. It is not just an exhibit, this is theatre: we are projected to the apartment of the king, in the intimacy of the art collector’.

「宮殿はその荘厳さを見せてくれます。過去の偉大な作品が元の場所である宮殿に戻り、イタリア人演出家のピエール・ルイジ・ピッツィ氏が展示を監督しています。そのマジックで、感動で胸がいっぱいになります。これは、単なる展示会ではなく劇場です。訪問者は、太陽王の居室、つまり、芸術作品収集家の身近な空間に身を置くことになります。」と、ヴェルサイユ美術館のカトリーヌ・ペガール館長が語った。

Image: chateauversailles.fr
Latona and her children

‘I tried to build a dialogue between a great king such as Louis XIV and the masterpieces on display, making them re-live in a precise atmosphere which corresponded to the spirit of the XVII and XVIII centuries’, observed Pizzi. ‘It was very much an issue of stage design, the set here was as important as in theatre. It was necessary to adapt the rooms of the royal palace to the context of the collection’.

「ルイ14世のような偉大な国王と展示する偉大な芸術品が、対話しているように構築しました。両者が、17世紀・18世紀の精神そのものの雰囲気の中で、再び生を受けるようにしたのです。最も肝心なのは舞台デザインでした。ここでのセットは、舞台の大道具と同じように重要でした。王家の居室を今回の作品の内容に合わせて脚色することが必須でした。」と、ピッツィ氏が語った。

The Milanese director covered the walls in a burgundy fabric and created imaginary boiseries and doors. ‘Evoking antiquity entails bringing to mind a certain classicism which influenced the whole style of Louis XIV. His collections needed to find a certain environment. I tried not to make it look like a makeshift environment and preferred to leave the sense of the palace as if objects found their natural collocation, instead of putting them on display as is usually done’. Among the art on show is a painting of Jeanne-Antoniette Poisson, Marchioness of Pompadour, dressed as Diana, of Jean-Marc Nattier and several statues of Venus, Apollo, Cleopatra, Baccus, Isis and busts of emperors Domiziano and Vitellio. (ANSAmed)

ミラノ出身のピッティ氏は、壁面をBurgundy(ワイン色の)ファブリックで覆い、架空のBoiseries(鏡板)と扉を作った。「古代世界を醸し出すと、必然的に、ルイ14世のスタイル全てに影響を与えた古典を思い起こさせます。ルイ14世の収集品には、特定の環境を用意することが必要でした。間に合わせの環境に見えないようにしました。通常の展覧会のようにではなく、展示品がそこにあるのがごく自然に見えるように、宮殿という観念のままにしたかったのです。」女神ダイアナに扮したジャンヌ-アントワネット・ポワソン、ポンパドール侯爵夫人の絵画、ジャン-マルク・ナティエの絵画、ヴィーナス、アポロ、クレオパトラ、バッカス、イシスの彫像、皇帝ドミティアヌス、皇帝ウィッテリウスの胸像などが展示される。

Versailles et l’Antique, Prologue

Published on Nov 9, 2012 by