This is about Rose Bertin, Marie Antoinette’s dressmaker.
Excerpt from Chateaux de Versailles website.

マリー・アントワネットの衣装係ローズ・ベルタンについてです。
ヴェルサイユ宮殿のウェブサイトからの引用です。

***

“Rose Bertin

Marie-Antoinette’s fashion supplier

Image: chateauversailles.fr
Rose Bertin

The career of the milliner and dressmaker Marie-Jeanne Bertin, called Rose Bertin, took off when she was introduced to Marie-Antoinette, the young queen of France, for whom she became her “Minister of Fashion”. Alongside the queen, the dressmaker was to have a considerable influence on the fashion scene of her period and lay the foundations of haute-couture.

Entrusted by Louis XVI with organising the pleasures of the Court, Marie-Antoinette took a passionate interest in all matters relating to fashion. To ensure the success of her appearances, the queen did not hesitate to receive the commoner Rose Bertin in a tête-à-tête to hear her fashion advice, in breach of the Court’s Etiquette.

Rose Bertin influenced the fashion of her time by constantly launching new trends such as the Formal Court Dress, high hair styles and the muslin country gowns worn by Marie-Antoinette at Trianon. She quickly became known as the “Minister of Fashion”.” Continue reading ->

「ローズ・ベルタン

マリー=アントワネットの服飾デザイナー

ロー ズ・ベルタンことマリー=ジャンヌ・ベルタンの服飾デザイナーとしての活躍は、フランスの若き王妃マリー=アントワネットが彼女を「ファッション大臣」と したときから本格的に始まります。彼女は王妃のもとで当時の流行に大きな影響を与え、いわゆるオートクチュールの基礎を築くことになります。

ルイ16世から宮廷生活のさまざまな娯楽を計画するよう任せられていたマリー=アントワネットは、とりわけファッションに情熱を注ぎました。王妃は 自分の衣装が大成功を収めるために、平民であるローズ・ベルタンを個人的に呼び寄せて流行やスタイルについて相談することもいといませんでした。これは当 時の宮廷の礼儀作法に違反することでした。

こうして、ローズ・ベルタンは、見事な宮廷衣装や高く結い上げた髪型、マリー=アントワネットがトリアノンで着用したモスリンの田園風ドレスなど、 次々と新しい流行を生み出し、当時のファッションに影響を与えました。そして、たちまちのうちに「ファッション大臣」と呼ばれるようになりました。」つづきはこちら->

Image: store-chateauversailles.com

Uploaded by on Mar 23, 2009