Tags

,

I find it extremely romantic.  George Balanchine choreographed Tchaikovsky’s Serenade for Strings in C major, Op. 48.
Original text from New York City Ballet website with Japanese translation.

とてもロマンチックなバレエです。ジョージ・バランシンが、チャイコフスキーの弦楽セレナード ハ長調 作品48に振り付けたバレエです。
New York City Balletのウェブサイトから原文と、訳です。

***

Serenade
セレナーデ

Choreography by: George Balanchine
Music by: Peter Ilyitch Tschaikovsky
振付け:ジョージ・バランシン
音楽:ピョートル・イリイチ・チャイコフスキー

Image: The New York Times
“Serenade”
Paul Kolnik/New York City Ballet

The first ballet Balanchine choreographed in America is a romantic work of immense sweep, set to a transcendent Tschaikovsky score.

バランシンが初めてアメリカで振り付けたバレエは、果てしなく流麗でロマンチックな作品です。チャイコフスキーの至高の名曲に振り付けました。

Published on Oct 22, 2012 by

Serenade is a milestone in the history of dance. It is the first original ballet George Balanchine created in America and is one of the signature works of New York City Ballet’s repertory. Balanchine began the ballet as a lesson in stage technique and worked unexpected rehearsal events into the choreography. A student’s fall or late arrival to rehearsal became part of the ballet. After its initial presentation, Serenade was reworked several times. In its present form there are four movements—“Sonatina,” “Waltz,” “Russian Dance,” and “Elegy.” The last two movements reverse the order of Tschaikovsky’s score, ending the ballet on a note of sadness. Balanchine had a special affinity for Tschaikovsky. “In everything that I did to Tschaikovsky’s music,” he told an interviewer, “I sensed his help. It wasn’t real conversation. But when I was working and saw that something was coming of it, I felt that it was Tschaikovsky who had helped me.”

セレナーデはダンス史上画期的な演目です。ジョージ・バランシンがアメリカで振り付けた最初のバレエで、ニューヨーク・シティ・バレエ団のレパートリーの中の代表作となっています。バランシンは、(バレエ学校で)舞台上のバレエテクニックのレッスンとしてこの振付けを始め、レッスンの中で起った出来事を振付けました。生徒がレッスン中に転倒したり、遅刻したことも盛り込んでいます。初演後に、何度か改訂されました。現在の振付けは4部構成で、「ソナチネ」「ワルツ」「ロシアのダンス」「エレジー」となっています。最後の2楽章は、チャイコフスキーの原作の順番が入れ替えられて、バレエが悲しい趣きで終わるように構成されました。バランシンは、チャイコフスキーに特別な親近感を抱いていたようです。「チャイコフスキーの音楽に振付けするときはいつでも、チャイコフスキーに力添えしてもらっているように感じる。」と、バランシンがインタビューに答えています。「実際に会話しているわけではないが、振付けの最中に何かが生まれてくると、それはチャイコフスキーが加勢してくれているのだと感じるんだ。」

Advertisements