Do you believe Chocolate makes you smarter?
Original text from Forbes with Japanese translation.

チョコレートで頭がよくなる。。といいですね。
Forbesから原文と、試訳です。

***

Pharma & Healthcare
Steven Salzberg, Contributor

医薬とヘルスケア
寄稿者:スティーブン・ザルツバーグ

Chocolate Makes Us Smarter. Or Does It?

チョコレートで賢くなれる。ほんと?

11/05/2012

Image: Forbes
Chocolate (Photo credit: John Loo)

The New England Journal of Medicine published a study two weeks ago showing, amazingly, that eating chocolate might make you smarter.  To be precise, the author, Franz Messerli, was wondering if chocolate consumption might be correlated with the overall cognitive function of a population.  He couldn’t find any data on national intelligence, so instead he used the total number of Nobel prize winners per capita.  The correlation between chocolate consumption and Nobels is remarkably strong, with a p-value less than 0.0001, meaning that the odds that this is due to chance are less than 1 in 10,000.

医学情報誌New England Journal of Medicine (NEJM)が2週間前に公開した研究発表によると、驚くなかれ、チョコレートを食べて賢くなることがあるという。正確には、著者フランツ・メセルリ博士が、チョコレートの消費は、人口あたりの全体的認知機能と相関関係があるかという問題を提示している。政府の情報にはデータがなかったので、博士は、一人当たりのノーベル賞受賞者の総数で検証した。その結果、チョコレートの消費量はノーベル賞受賞者と非常に強い相関関係にあり、P値は0.0001以下、つまり、偶然に起る確率が10000回に1回以下となった。

Ha ha! Dr. Messerli was just kidding.  Or was he?

はっはっは!メセルリ博士は冗談を言っていたのか。ほんとに?

The article itself reads like almost any science paper.  It includes a straight-faced presentation of the data and scholarly references suggesting that the brain-enhancing effect of chocolate might be due to flavanols, which may be “effective in slowing down or even reversing the reductions in cognitive performance that occur with aging.”

記事自体は、ほぼ科学論文そのものだ。まじめくさったデータの紹介と学術的参照で、チョコレートが脳を強化する効果は、フラバノールによるものだと説き、「加齢により発生する認知能力の低下を遅らせるか、または、逆行する効果」が期待できるとしている。

In fact the entire article appears to be dead serious until the end, where Messerli makes the wry comment that
“The cumulative dose of chocolate that is needed to sufficiently increase the odds of being asked to travel to Stockholm [where the Nobels are awarded] is uncertain.”

実際に、記事は最後まで大真面目に見えて,メセルリ博士はひとひねりしたコメントをつけている;
「[ノーベル賞が授与される]ストックホルムへ招待される確率を十分に高めるのに必要なチョコレートの累積投与量は、不明である。」

And then, in his disclosure of conflicts of interest, he reports “daily chocolate consumption, mostly but not exclusively in the form of Lindt’s dark varieties.”  Hmmm, this doesn’t seem like a serious science paper after all.

そして、利害の不一致を明らかにするにあたり、「主に、ただし排他的でなく、リンツのダーク品種という形式で、毎日チョコレートを摂取する」と、博士は記述している。うーん、これではまじめな科学論文には決して見えない。

Image: Lindt

Word of this article swept through the halls of academia the day after it was published.  I heard it being discussed among my colleagues, who were concerned that NEJM had published yet another example of misleading statistics.  It took a couple of days for us to realize that it was a joke – based on real data, but a joke nonetheless.

この記事の話は、公表された日から学界を駆け巡った。同僚が話しているのも聞いた。みな、NEJMがまた誤解を招きかねない統計を発表していることを、憂慮していた。私たちが冗談だと気がついたのは数日後だった。実際のデータをもとにしているが、とにかく冗談だった。

The media reported the story widely, and a few reporters figured out the ruse, but the parody was just too subtle for most.  Reuters wasn’t fooled, as reported on their own site and on Fox News. They reached Messerli by phone, who confessed that
“the whole idea is absurd, although the data are legitimate and contain a few lessons about the fallibility of science.”

メディア各社は広くこの話を伝えた。その中の数社はこの策略を見抜いたが、パロディなのは、大多数のメディアにとっては、あまりにも巧妙すぎたことだった。ロイターは騙されなかった。ロイターのウェブサイトとフォックスニュースで伝えていた。この2社がメセルリ博士に電話で問合せると、博士は白状した。
「全体の趣旨はばかげている。だたし、データは正真正銘のもので、科学は誤りを免れられないものであるという教訓がいくつか含まれている。」

The Associated Press reporters were slightly suspicious, opening with “take this with a grain of salt.” But they went on to report it as straight news, and their story appeared on CBS News, the Huffington Post, and elsewhere.

AP通信はやや疑いをもち、「割り引いて読んでください」というただし書きで始めている。ただし、ストレートニュースとして取り上げ、CBSニュースやハッフィントン・ポストにも登場した。

Larry Husten, my fellow columnist at at Forbes, reported it as straight news with the headline “Chocolate and Nobel Prizes Linked in Study.” Time magazine fell for it too.

Forbesの同僚コラムニスト、ラリー・ハステンは、ストレートニュースとして伝えたが、見出しに「研究でチョコレートとノーベル賞がつながる」と付けた。タイム誌もはまった。

Two medical websites, Medical News Today and WebMD, not only took the story seriously, but also bought into the explanation that the effect is caused by flavanols, which are found not just in cocoa, but also in red wine and green tea.  Sounds like an ideal diet to me.

医学ウェブサイトのMedical News Today と WebMDは、この記事を真剣に受け止めただけでなく、フラボノールの効果だという説明を受け入れ、フラボノールはココアだけでなく赤ワインや緑茶にも含まれるとまで書いた。私には、ダイエットによさそうに聞こえるが。。

Slate‘s Brian Palmer had an interesting angle. He reported the story as straight news, but then investigated why the Swiss eat so much chocolate.  (Answer: innovation in chocolate-making, and wealth.)

Slate誌のブライアン・パーマーは、面白い角度から伝えている。この記事をストレートニュースとして扱いながら、スイス人が大量のチョコレートを食べる理由を調べた。(回答:チョコレート製造のイノベーションと裕福なこと)

Why do we want to believe chocolate makes us smarter?  Well, obviously because we’d love for it to be true.  And as Messerli points out, there have been some serious studies linking flavonoids to better health and cognitive function.  But the notion that chocolate leads to Nobel prizes is a little too good to be true.  I’m reminded of the study that I wrote about back in April that claimed chocolate would help you lose weight – which was little more than wishful thinking masquerading as science.

チョコレートで賢くなれると信じたいのはなぜだろうか。それは、明らかに真実であってほしいからだ。そして、メセルリ博士が指摘したように、フラボノイドを健康や認知機能の向上に関連づけたまじめな研究もこれまでにあった。ただ、チョコレートがノーベル賞につながるという概念は、真実にしては少しおいしすぎる。私がこの4月に書いた研究を思い出す。チョコレートで体重を減らすことができるというものだった。科学のふりをした希望的観測にすぎない。

Still, with Halloween just past, many parents are probably wondering how much to let their kids eat.  Those Nobel-champion Swiss consume about 11 kilograms per year, about 30 g (1 ounce) per day.  That’s 3 of those little mini-chocolate bars.  And parents, maybe you should have a few too – just in case Messerli is right.

Image: Forbes

それでも、ハロウィーンが終わったばかりの今、多くの親は子どもにどのくらいたべさせたらいいか、気になるところだろう。ノーベル賞大国のスイス人は、年間11キログラム、1日30グラム(1オンス)のチョコレートを消費する。ミニの板チョコ3枚分に相当する。親の皆さん、皆さんも少し召し上がってはいかがですか。万が一、メセルリ博士が正しかったときのために。