The Michelangelo’s fresco celebrated its 500 anniversary.
Original text from CNN with Japanese translation.

ミケランジェロのあの天井画が完成して、500年が経ちました。
CNNから原文と、訳です。

***
October 31st, 2012
07:28 AM ET

Sistine Chapel ceiling turns 500 years old

By Eric Marrapodi, CNN Belief Blog Co-Editor

米国東部時間2012年10月31日 午前7時28分

システィーナ礼拝堂天井画、500歳になる

文:エリック・マラポディ、CNNブリーフ・ブログ 共同編集者

Image: Wikipedea
From Creation of Adam

(CNN)– Michelangelo’s fresco on the ceiling of the Sistine Chapel, one of the world’s most iconic pieces of art, celebrated its 500th anniversary on Wednesday in Vatican City. Pope Benedict XVI marked the occasion with the celebration of Vespers in the chapel on Wednesday evening.

(CNN) ヴァチカン市国にある、世界で最も有名なミケランジェロのシスティーナ礼拝堂天井フレスコ画が、水曜日に500周年を迎える。教皇ベネディクト16世は、水曜夜、この祝日を記念した晩課を行う。

Image: Wikipedia
The Creation of Adam by Michelangelo

Nine centered panels in the ceiling fresco show stories from the book of Genesis, fanning out from the center of the ceiling with the iconic “Creation of Adam” that shows God reaching down from heaven and touching the finger of Adam. The vaulted ceiling also features images of biblical prophets and ancestors of Jesus.

天井のフレスコ画中央9枚のパネルには、旧約聖書の創世記の物語が描かれ、その中央には「アダムの創造」があり、神が天国から手を差し伸べてアダムの指に触れようとしている。天井のアーチ部分には、聖書の預言者やイエスの先祖の人物像が描かれている。

Work on the ceiling began in 1508 when Pope Julius II della Rovere decided to make some changes to the room including the ceiling alteration. He commissioned Michelangelo Buonarroti to paint the ceiling and the lunettes, which are the upper parts of the room. According to the Vatican, Julius dedicated the newly decorated space with a Mass on the Feast of All Saints Day, which falls on November 1.

Image: Wikipedia
Ceiling of the Sistine Chapel

教皇ユリウス2世が、天井を含む同礼拝堂の改装を決断し、1508年に天井画の制作が始まった。教皇はミケランジェロ・ブオナロッティに礼拝堂上部の天井とルネットの装飾を命じた。ヴァチカンによると、ユリウス2世は新たに装飾された礼拝堂を「諸聖人の日」のミサに捧げた。それが11月1日だった。

Michelangelo painted over a starry sky scene put on the ceiling between 1477 and 1480 according to Vatican records.

ヴァチカンの記録によると、1477年から1480年にかけて制作された星空の天井画の上に、ミケランジェロがフレスコ画を描いた。

British Art critic Andrew Graham-Dixon writes in his book “Michelanglo and the Sistine Chapel,” that the artist did not want to paint the 12,000-square-foot ceiling, which is 68 feet high, because he thought it was a ruse by his enemies to get him to fail on a grand stage. “As they well knew he was a sculptor, not a painter, and would be bound to make a fool of himself,” Graham-Dixon wrote.

英国人美術評論家アンドリュー・グラハム=ディクソンがその著書「ミケランジェロとシスティーナ礼拝堂」に書いたところによると、当初、12,000平方フィート(1,115平方メートル)、68フィート(21メートル)の高さの天井に、ミケランジェロはフレスコ画を描きたくはなかった。それは、政敵が自分を晴れがましい舞台で失敗させる策略だと信じていたからだった。「政敵はミケランジェロが彫刻家であることを熟知しており、恐らく恥をかくだろうと考えていた」と、グラハム-ディクソン氏が書いている。

“He kept turning it down saying ‘I’m not a painter; I’m a sculptor,’” said Diane Apostolos-Cappadona, a Georgetown University professor who has studied the work extensively. She said Michelangelo had come to Rome to sculpt the tomb of Julius II, which he thought would be his masterpiece.

「ミケランジェロは、自分は画家ではなく彫刻家だと言って、断り続けていました。」と、この作品を幅広く研究しているジョージタウン大学のダイアン・アポスウトロス-カパドナ教授が話す。教授によると、ミケランジェロはユリウス2世の墓石を彫刻するためにローマに来ていて、それが自分の最高傑作になると考えていた。

Originally the idea from the papal commission was to have Michelangelo paint the 12 apostles on the ceiling, but somewhere along the way the plans changed. “He was up on the ceiling, and the concept just was not working for him,” Apostolos-Cappadona said.

教皇の最初の案では、ミケランジェロに12使徒を天井に描かせるはずだったが、どこかで計画が変更になった。「ミケランジェロは天井で制作しながら、その 構想にしっくりとこなかった。」と、グラハム-ディクソン氏が語る。

Apostolos-Cappadona said correspondence at the time suggest the subject shifted to Genesis after conversations related to the writings of Saint Augustine between the artist and a prominent theologian, Egidio da Viterbo.

アポスウトロス=カパドナ教授によると、当時の手紙を読むと、ミケランジェロと著名な神学者エジディオ・ダ・ヴィテルボとの間で交わされた聖アウグステヌスの書物に関する会話の後に、主題が創世記に変更になったことがわかるという。

It took a full four years to complete the sweeping painting which stretches out above the chapel’s 40.23 meters in length by 13.40 meters in width footprint, dimensions which are thought to mirror Solomon’s Temple as described in the book of Kings.

この圧倒的なフレスコ画が完成するのに、丸4年の歳月がかかった。礼拝堂天井の面積は、縦40.23メートル、横13.40メートルで、旧約聖書の「列王記」に記述されているソロモン王の神殿の天井に相当する大きさだと考えられている。

“He created paintings, that in many ways, the figures seem three dimensional. That’s something he does that other painters of the day did not do. From the ceiling you need the mass and volume,” Apostolos-Cappadona said.

「ミケランジェロは、いろんな意味で、三次元で立体感のある人物像の描き方を、作り出しました。当時、他に誰も描かない方法でした。天井に描くとなると、質感やボリューム感が必要です。」とアポスウトロス=カパドナ教授が語った。

Pope John Paul II called the Sistine chapel, “the shrine of the theology of the human body,” in a homily following restorations for the space in 1994.

教皇ヨハネ・パウロ2世は、1994年の修復終了後の説教で、システィーナ礼拝堂を「人体による神学の聖堂」と呼んだ。

“This is a priceless cultural and universal heritage,” the late Pope John Paul II said at the time. “This is confirmed by the countless pilgrims from every nation in the world who come to admire the work of the supreme masters and to recognize in this Chapel a sort of wonderful synthesis of painting.”

「この礼拝堂は、非常に貴重な文化的、普遍的遺産です」と、亡くなった教皇ヨハネ・パウロ2世が当時語った。「世界のすべての国から訪れた無数の巡礼者が、最高の芸術家の作品を敬い、この礼拝堂で絵画のいわばすばらしい統合芸術を認めたことからもわかります。」

Visitors today can still see the Michelangelo’s fresco as the crown jewel of the Vatican Museum tour. The chapel space is still used by the Vatican for worship services, which museum staff loudly remind chatty patrons to keep quiet and not take pictures.

今日でも、見学者はミケランジェロのフレスコ画を、ヴァチカン美術館の至宝と見ている。礼拝堂では、今でもヴァチカンが礼拝を行うので、美術館職員が話し声が聞こえると大声で静止したり、写真を撮らないように注意する。

The chapel is also used for the secret conclave to elect the new pope. The College Cardinals, whose job it is to elect the new pope, gather there to cast ballots for the man who would become the next pope.

また、新しい教皇を非公開で選出するコンクラーヴェの会場として使用される。新教皇を選出する役割を担う枢機卿団がこの場所に集まり、投票して次代の教皇になる人物を決定する。

As cardinals cast their secret ballots they walk under the painted ceiling through the steps of the creation story and put their ballot in an urn on the altar. Above the altar is another gigantic Michelangelo fresco, “The Last Judgement,” which takes up the entire wall and was finished in 1541.

枢機卿が投票する際、天井画の下を天地創造のものがたりの順に進んで、祭壇に設置された壷に票を入れる。祭壇の上には、ミケランジェロのもう一つの巨大なフレスコ画「最後の審判」がある。壁全体に描かれたこの壁画は1541年に完成した。

Image: Wikipedia
Michelangelo’s The Last Judgment.

“The ceiling is almost a background for that extraordinary picture of “The Last Judgement,” Cardinal Theodore McCarrick, the archbishop emeritus of Washington, told CNN. McCarrick was a member of the conclave that elected Pope Bennedict the XVI in April 2005.

「天井画はこのすばらしい『最後の審判』の祭壇画のための背景画だと言えるでしょう」と、ワシントンの名誉大司教テオドール・マカリック枢機卿がCNNに語った。枢機卿は、2005年4月に教皇ベネディクト16世が選出されたときに、コンクラーヴェの一員だった。

“The ceiling sort of prepares you for that with the creation of man and all that. When you come to the altar, and you look right behind the altar is this extraordinary painting of “The Last Judgement,” he said.

「祭壇に向かって、全ての生き物の創造が描かれている天井画の下を進みながら,いってみれば心の準備をする。そして、祭壇まで来て、そのすぐ背後を見ると、この圧倒的な『最後の審判』の祭壇画があるのです。」

Standing in front of the painting and casting a ballot for the next pope he said, “ceases to become an election and becomes more of a discernment, a discernment of what God wants you to do. A discernment of what you think God wants you to do, to pick the man God needs for the church today.”

祭壇画の前に立ち次の教皇を選ぶ投票を行と、「選挙ではなくなり、どちらかといえば優れた判断力となる。神が望む判断力です。神が望んでおられると感じる判断力。今日の教会に神が必要とされる人物を選ぶために。」と、マカリック枢機卿が語った。

“All those things go through your head when you’re in that extraordinary building, that extraordinary chapel. You are about to do an extraordinary thing,” he said.

「あのすばらし建物、あのすばらし礼拝堂にいると、このようなことが頭をよぎります。すばらしいことをしようとしているのだと。」と語った。

The Vatican Museum director Antonio Paolucci, writing in L’Osservatore Romano, noted in the Wednesday edition, “five million visitors a year inside the Sistine Chapel, 20,000 per day at peak periods, certainly bring about a difficult problem.”

ヴァチカン美術館のアントニオ・パオルッチ館長は、「システィーナ礼拝堂には年間500万人が訪れ、ピーク時には1日に2万人に達します。これは、深刻な問題を引き起こします。」と、ヴァチカンの「半公式」新聞であるオッセルヴァトーレ・ロマーノの水曜日版に書いている。

“The anthropic pressure with dust, the humidity which bodies bring with them inside, the carbon dioxide produced by perspiration involves discomfort for visitors and damages to the painting in the long run,” he added.

「訪問者が持ち込む埃や湿気、発汗による二酸化炭素で、訪問者は不快な気分になり、長期的には、絵画にダメージとなる。」

Paolucci said there are no plans to limit access to the work in the short term or medium term, rather he said, “we have been graced with technology which allows us, if used correctly, to preserve Michelangelo’s work which history has given us under the best conditions, for the longest possible time.”

パオルッチ館長は、当分の間は礼拝堂への入場制限の計画はないと話した。それよりは、「テクノロジーを考えいています。正しく使用すれば、最高のコンディションで歴史が私たちに残してくれたミケランジェロの傑作を、できるだけ長期間保存することができます。

For those who cannot get to Rome to see it, the Vatican website has a virtual model that lets you move through the room and see all the artwork, including the ceiling and “The Last Judgement.”

ローマに行くことができない人のために、ヴァチカンのウェブサイトには仮想モデルが掲載されている。そこでは、礼拝堂の中を移動して、天井画や「最後の審判」などすべての芸術作品を鑑賞することができる。

Published on Oct 31, 2012 by