Tags

, , , , , , ,

Thanks for King Harold of England, or rather Duke of Normandy, English can have the sleek and simple grammar today.
Original text from Via Meadia with Japanese translation.

イングランド王ハロルド、もしくは、ノルマンディ公のお陰で、英語の文法が比較的シンプルになったようです。
Via Meadiaから原文と、試訳です。

***

October 14, 2012

A Bad Day For Harold, An Important Day For the World

Walter Russell Mead

2012年10月14日

ハロルドにとっては最悪の日だが、世界にとっては重要な日

文:ウォルター・ラッセル・ミード

Image: Wikipedia: A segment of the Bayeux Tapestry depicting Odo, Earl of Kent rallying Duke William’s troops during the Battle of Hastings in 1066

History is so long and so many events have occurred that Via Meadia rarely takes note of particular anniversaries. But October 14 is different. The Battle of Hastings was fought on this day back in 1066. King Harold of England, fresh from defeating a Viking invasion in the north, marched through the heart of England to encounter the invasion of the Normans—a southern branch of the Vikings who had settled in a part of northern France.

歴史はあまりにも長く、様々な出来事が起きたので、Via Meadiaではめったに記念日を取り上げることはない。ただし、10月14日は別だ。遡ること1066年のこの日に、「ヘイスティングスの戦い」があった。イングランド国王ハロルドは、北方でヴァイキングを打ち負かすとすぐに、イギリス中央部を南下し、ヴァイキング一族でフランス北部に定住していたノルマン人の侵略に対峙した。

King Harold died in the battle, killed by an arrow through his eye. The English were divided and the nobles were bickering; there was no other leader capable of resisting the invasion, and the Duke of Normandy went on to be crowned King of England in Westminster Abbey on Christmas of that year.

ハロルド王はこの戦いで、矢で目を射抜かれて亡くなった。英国人は分断され貴族は争い、侵略に抵抗するに足る能力のあるリーダーはいなかった。そして、ノルマンディ公はそのまま前進し、同年のクリスマスにウエストミンスター寺院でイングランド国王に就いた。

It was one of the most consequential battles ever fought. It would set England on a course that eventually led to the establishment of the British Empire—and the foundation of the United States. The Norman Conquest left its stamp on English culture and politics in ways that are still with us; its impact on the development of the English language was especially strong. The Norman conquerors brought the French language with them, and while the English of the majority would ultimately triumph, the language that emerged from the Norman dominion would be profoundly changed. For two hundred years, English disappeared as a language of learned and powerful people. In the royal court and the palaces of the nobility, French was spoken. The Church continued to use Latin. English was the language in which rich people spoke to their servants. By the time the French conquerors began to assimilate to the language and culture of the people they had conquered, English had changed.

この戦いは、それまでで最も必然的な戦争だった。この戦いにより、イギリスは最終的に大英帝国を設立することになり、ひいては、アメリカ合衆国の建国へとつながる道を歩み始めた。ノルマン征服は、イギリスの文化と政治に、現代に通じる足跡を残した。特に、英語の発展に及ぼした影響は大きい。ノルマン人征服者はフランス語をもたらし、最終的には大多数の人々が話す英語が勝ち残ることになるものの、ノルマン支配下で登場していたこの言語はかなり変化していく。その後の200年間、教養人や権力者の言葉としての英語は姿を消した。王宮や貴族の館では、フランス語を話した。教会では引き続きラテン語が公用語だった。英語は、裕福な家で召使いに対して話す言葉だった。フランスからの征服者が、征服地のことばや文化に同化し始めたころまでには、英語は変化していた。

Modern English speakers can’t make any sense out of the Anglo-Saxon dialects spoken in England before the Conquest. The vocabulary and grammar in many ways are more like modern German than anything we recognize as English. But by the time of Geoffrey Chaucer, something like modern English began to emerge and it had three traits that still mark it today: a stripped down grammar, an unusually rich and subtle vocabulary, and utterly irrational spelling.

現代英語を母国語とする人々は、ノルマン征服以前にイギリスで話されていたアングロ・サクソンの方言を、理解することはできない。語彙と文法は、英語と認識するどんなものよりも、いろいろな意味で現代ドイツ語に近い。ただ、ジェフリー・チョーサーの時代までには、現代英語のような言葉が現れ始め、そこには今日でも認められる3つの特徴があった。それは、必要最低限にシンプルになった文法、ことのほか豊かで繊細な語彙、そして、全くもって非合理的なスペリングである。

Old English, or Anglo-Saxon, had a very Germanic grammar. Verb conjugations were complicated, nouns and pronouns had different endings depending on how they were used in a sentence, and adjectives “agreed” with their nouns in number, case and gender. (If we hadn’t cleared all this useless rubbish out of the language we would still be spouting nonsense like this: I sit on thi biggi rocki, I throw thum biggum rockum, tho rocko is bigo. Tha girla, however, is biga and I go with thai biggai girlai to thi picturi showi. And so on.) That all changed after the Conquest, and by the time Chaucer was writing, English was well on the way to becoming the sleek and simple grammatical engine that it is today, freeing up untold billions of braincells for more useful tasks.

古英語、または、アングロ・サクソン語の文法は、かなりドイツ語に近い。動詞の活用は複雑で、名詞と代名詞は文中での使われ方によって語尾が変化する。形容詞は、名詞の数、格、性に「一致」する。(もし、この無駄なばかげた文法を英語から取り除いていなかったら、いまだに次のようなナンセンスをまくしたてていたことだろう。I sit on thi biggi rocki, I throw thum biggum rockum, tho rocko is bigo. Tha girla, however, is biga and I go with thai biggai girlai to thi picturi showi.等々。)これらはすべて、ノルマン征服後に変化し、チョーサーが執筆する頃の英語は、今日のようにスマートでシンプルな文法となって、英語を押し広める推進力となる方向に突き進んでいった。そして、膨大な数の脳細胞を、もっと有意義なタスクにつけるよう解放した。

This grammatical simplicity is one of the reasons that English has become such a global language. Spelling aside, it is much easier to learn than languages with more complicated grammatical structures. Irregularities and verbal complexities are continually being eroded as the English language continues down the path of grammatical simplification on which William the Conqueror quite unintentionally set it.

この文法が簡素であることが、英語がグローバル言語になった要因のひとつである。スペルは別にして、複雑な文法構造をもつ他の言語に比べて、はるかに楽に学ぶことができる。不規則性や動詞の複雑さは、英語が文法を簡素化していくのと同時に、徐々に排除されていった。それは、征服王ウィリアムがまったく意図せずに仕掛けたものだった。

At the same time, the presence of two languages side by side not only gave English a bigger stock of words than most languages have, it made English a language of subtle connotations. Animals in the field where the peasants dealt with them were known by their Saxon names: cow, pig, sheep. Killed, dressed and served up at feasts to the nobility, they became beef, pork and mutton — all based on the French words for those animals. English had parallel sets of words for body parts and functions, the “couth” ones usually coming from French, the uncouth ones from plain Saxon. Today’s English still follows this pattern: there are more words in our vocabulary than in most languages, and word choice can mean everything in English prose. In the famous examples from Time magazine, “Truman slunk from the room to huddle with his cronies,” while “Ike strode from the chamber to confer with his advisers.” We have our blunt Anglo-Saxon epithets and our precise Norman-French euphemisms, and the habit of hospitality, the openness to loan words from many languages, continues to enrich English to this day.

同時に、2つの言語が共存したことで、英語が、他のほとんどの言語よりも語彙が多くなっただけでなく、微妙な言外の意味をもつことばになった。農民が飼育する牧場の動物は、cow, pig, sheepなどサクソン語の名称として知られている。屠殺し盛りつけ貴族の響宴に供されると、そのような動物のフランス語に基づく名称、beef, pork, muttonとなる。英語では、身体の部分や機能の単語は2つずつあり、「上品」な単語はフランス語から、そうでないものは簡素なサクソン語からきている。今日の英語もこのパターンを踏襲しており、他の言語より単語の数が多く、英語の散文では、どの単語を選択するかが重要になってくる。雑誌Timeから有名な例をあげると、「Truman slunk from the room to huddle with his cronies(トルーマンはこっそり部屋を抜け出し、取り巻き連中と打ち合わせした)」。一方、「Ike strode from the chamber to confer with his advisers.(アイクは、執務室からどうどうと出て、顧問と相談した。」となる。私たちには、無遠慮なアングロ・サクソン語の形容語句と、正確なノルマン・フランス語の婉曲語句がある。そして、歓待の習慣と、様々な言語から言葉を借りてくる寛容さで、今日まで英語を豊かな言語にしてきた。

Unfortunately, the Conquest struck a mighty blow against sensible spelling in English as well. With Germanic and French sounds mingling in the vocabulary and pronunciation changing from generation to generation as the two language streams reacted on one another, vowels changed their quality and consonants did strange things. The two letter combination “gh” once meant something; now we pronounce it like an “f” (tough), like a regular “g” (ghost) or like nothing at all (Hillsborough). French vowel sounds mutated into English ones, gutteral Germanic sounds got frenchified, consonant clusters rose and fell, accentuation wreaked havoc with vowel quantities and bit by bit we created the insane orthographic mess that we thrash about in today.

残念ながら、ノルマン征服は、英語の理にかなっていたスペルにも、強力な一撃を加えた。ドイツ語とフランス語の音が語彙と組み合わさり、両言語の流れがお互いに反応して、発音は世代ごとに変化し、母音はその質が変わり、子音も奇妙なことになった。2つの文字の組み合わせ「gh」は、かつては何かを意味していたが、今では、「f」(tough)、または、通常の「g」(ghost)のように発音するか、まったく発音しない(Hillsborough)。フランス語の母音の音は英語の母音の音に変化し、しわがれたドイツ語の音はフランス語化し、子音のかたまりは上下し、アクセントは母音の音節の長短に大混乱を引き起こし、少しずつ悲惨な正字法のゴタゴタを作り出し、今日私たちはこれでのたうち回っている。

An ear for the difference between Saxon and Norman-French based words remains important even in popular literature. In the Harry Potter books, the good characters often have trustworthy Saxon or Celtic surnames (Weasley, Dumbledore) while you can tell the bad guys by their evil French names like Malfoy (bad faith) and Voldemort (flight of death). “Muggles” is about as Anglo-Saxon as an invented word can get, and to English ears it sounds like a word that ought to exist even if you have never heard it before.

サクソン語ベースの語とノルマン・フランス語ベースの語の音の違いは、今でも大衆文学で重要な意味をもっている。ハリー・ポッターでは、善人の登場人物の名字は、信頼に足るサクソンかケルトの名前で(Weasley ウェズレイ, Dumbledore ダンブルドア)、一方、Malfoy マルフォイ(bad faith 不誠実)やVoldemort ヴォルデモート (flight of death 死の飛行)などは、邪悪なフランス語で悪者だとわかる。「Muggles」(仲間はずれ)は、造語であるかのようなアングロ・サクソン語で、英語を話す私たちの耳には、たとえ初めて聞いた語だったとしても、存在するはずの語だというふうに聞こえる。

The historical roots of modern English play an even larger role in Tolkien’s work. Tolkien is one of those rare writers who can give you good Anglo-Saxons like the Riders of Rohan (whose vocabulary and poetic meters are pure Anglo-Saxon) and good people who use a more Norman and Latinate vocabulary—like the people of Gondor and the elves. Tolkien’s own sense of the evolution of the English language influences the Lord of the Rings at almost every level.

現代英語のルーツは、トールキンの作品でさらに重要な役割を果たしている。トールキンは、「Riders of Rohan (ローハンの騎士)」(その語彙と詩的韻律は、純粋なアングロ・サクソン語である。)のような善人のアングロ・サクソンと、Gondor (ゴンドール) やエルフなどノルマン語やラテン語のことばを使う善人を書いている数少ない著者の一人だ。トールキン自身が考える英語の進化が、ロード・オブ・ザ・リングのほぼすべての巻に反映されている。

That’s what a major historical event does; almost 1000 years later two of the biggest phenomena in our popular culture still bear its imprint. Understanding the marks that big events make on our lives is in my mind the essence of a true education in the liberal arts. That kind of education changes the way you see the world around you, it changes your relationship to the language you speak, it helps you understand the cultural structures and expectations that you and the people around you.

これが、歴史上の主要な出来事のなせる技だ。ほぼ1000年を経ても尚、大衆文化の2つの大きな現象に影響を残している。大きな出来事が私たちの生活に与えた影響を理解することは、私には、一般教養における真の教育の本質である。このような教育が、周囲の世界の見方を変え、自分が話す言語との関係を変え、自分自身と周囲の人の文化的構造と期待されているものを理解することができる。

I certainly find that my knowledge of the history of the English language and of the relationship between linguistic history and social and political history helps me wield that language more effectively in my work—and it vastly increases my pleasure and insight when I read English poetry and prose. Knowing where your words come from and how they came to mean what they do is part of the knowledge young writers need to develop it. In English, precisely because we have such a wide choice of words, knowing how to choose your words wisely can make all the difference in the world.

英語史と言語史、そして社会的および政治的歴史の関係に関する知識により、私は仕事上より効果的に言語を行使することができていると確信している。そして、その知識により、英語の詩や散文を読む時の歓びと洞察力が大いに増している。自分のことばがどこから来たのか、どのように現在の意味になったのかを知ることは、若い作家が身につける必要のある知識だ。英語では、まさに言葉の選択肢が広いという理由から、賢く言葉を選ぶ方法を知ることで、世の中で効果が全くちがったものになるのだ。