Tags

, , , , ,

This is about artwork tax bill in France.

Original text from Auction Central News with Japanese translation.

フランスで芸術作品が課税されるかどうかという話題です。

Auction Central Newsから原文と、訳文です。

***

French government vows to block artwork tax bill

フランス政府、美術品への課税法案を阻止することを約束

Written by PASCALE MOLLARD-CHENEBENOIT
Tuesday, 16 October 2012 11:11

文:パスカル・モラール-シェネブノワ
2012年10月16日(火)11時11分

Assemblee nationale

PARIS (AFP) – The French government on Tuesday vowed to block a budget amendment introducing a wealth tax on artworks, following a storm of protest from top museums including the Louvre and the Pompidou Centre.
“The government’s position is quite clear. Artworks will not be included in the assets liable for wealth taxation,” Prime Minister Jean-Marc Ayrault told Europe 1 radio, after art world heavyweights sounded the alarm.

パリ (AFP) – フランス政府は、ルーヴル美術館やポンピドウ・センターなど名だたる美術館からの猛烈な抗議を受け、火曜日に美術品に対する富裕税を導入する予算修正案を阻止することを約束した。
「政府の立場はいたって明確です。美術品は、富裕税の支払義務のある資産に含めないことになりました。」と、美術界の重鎮が警鐘を鳴らしたあと、ジャン-マルク・エロー首相がヨーロッパ1ラジオに語った。

The French parliament’s finance committee last week adopted an amendment, tabled by a member of the ruling Socialist Party, that would expand the assets covered by the ISF wealth tax to include art worth 50,000 euros or more.
Artworks have been exempted from the ISF since it was created in 1982.
The measure is now to go before the full parliament as it Tuesday starts examining the 2013 budget, which aims to save 36.9 billion euros ($48 billion), much of it through massive cuts in public spending.

フランス国会財政委員会は、先週、与党社会党議員が提出した修正案を採用した。修正案では、裕福連帯税 (ISF)の対象を広げ、5万ユーロ以上の資産価値のある美術品を含めるようにするものだった。
美術品は、ISFが成立した1982年以来、免税扱いだった。
修正案は、火曜日に始まる2013年度予算審議のため、本会議に提出される。369億ユーロ(480億ドル)の予算削減を目指すもので、その大部分は公共支出を大幅に減らすことで実現する。

Faced with an uproar from art circles fearing a blow to the French market, Culture Minister Aurelie Filippetti had voiced her strong opposition to the move, which even if voted in parliament needs government backing to become law.
But this was not enough to reassure the art world.

オーレリー・フィリペティ文化相は、フランス市場への痛手となることを恐れた美術界からの反対の声に直面し、修正案に強固に反対を表明していた。法案が国会を通過したとしても、成立するためには政府の支持が必要となる。
だが、これだけでは美術界を納得させるに至らなかった。

In a letter dated Oct. 12, the heads of seven of France’s top museums and cultural institutions wrote to Filippetti warning her the amendment was a threat to their prized collections.
Bruno Racine of the French National Library, Henri Loyrette of the Louvre, Catherine Pegard of the Chateau de Versailles, Alain Seban of the Pompidou Centre, Guy Cogeval of the Orsay Museum, Stephane Martin of the Quai Branly museum and Jean-Paul Cluzel of the Grand Palais) co-signed the letter.

フランスの7つの一流美術館と文化団体の館長は、10月12日付けの書面で、フィリペティ文化相に、修正案は貴重な収蔵品にとって脅威となると警告した。
フランス国立図書館のブルーノ・ラシーヌ館長、ルーヴル美術館のアンリ・ロイエレット館長、ヴェルサイユ宮殿のカトリーヌ・プガール館長、ポンピドウ・センターのアラン・スバン館長、オルセー美術館のギー・コジュヴァル館長、ケ・ブランリ美術館のステファヌ・マルタン館長、グランパレのジャン-ポール・クルゼル館長が、書面に連署している。

“A new threat hangs over our duties, our ability to enrich our collections and to bring public and private artworks to the greatest number,” they wrote.
“There are reasons to fear that taxing artworks will dissuade their owners from loaning them them, for fear they will be identified.”
Taxing artworks, they warned, could also drive their owners to sell them abroad, leading to “the disappearance of historic collections, transmitted from generation to generation.”
“The French public would be the first to suffer,” they warned.

「修正案は、収蔵品を豊かにし、公私にわたる美術作品を最大多数の人々にもたらすという我々の使命や能力を脅かすものです。」と書面に記述されている。
「美術品への課税が、所有者が貸出すことを躊躇する恐れがあるのには、理由があります。所有者は身元が特定されてしまうことを恐れるからです。」
また、美術品への課税は、所有者が海外に美術品を売却していまうのを促進しかねません。それは、「代々受け継がれてきた歴史的芸術品が行方不明になる」ことにもつながります。
「フランス国民が、まず最初に被害を被ることになります。」と警告している。

The row comes just days ahead of Paris’ FIAC contemporary art fair, which brings 182 international galleries together under the vaults of the Grand Palais from Oct. 18-21.
“If you want to nip in the bud France’s rebirth as a major art market, this is the best way to go about it,” FIAC director Jennifer Flay warned last week.

この騒動は、パリのFIACコンテンポラリー・アートフェアの数日前に起った。アートフェアは、10月18日から21日に、海外から182のギャラリーがグランパレのアーチ型天井の下に結集する。
「フランスが主要な美術市場として再生するのを、未然に阻止しようとするなら、これが最良の方法です。」と、ジェニファー・フレイFIACディレクターが先週警鐘を鳴らした。

Top French art gallery owner Emmanuel Perrotin also told AFP the proposed tax would have “grave consequences.”
“Clients will do all they can to express their passion in a more favorable environment,” he said. “Paris would become seriously less attractive. And to the rest of the world, we’d look as if we were crazy.”

フランスのアートギャラリートップのオーナー、エマニュエル・ペロタン氏がAFPに、修正案は「深刻な結果」をもたらすだろうと語った。
「顧客は、より有利な環境で自分の情熱を表現するために、できることは何でもするでしょう。パリは著しく魅力を欠くことになる。そして、世界は、フランスはおかしくなったと思うでしょう。」と話した。

Jerome Clement, head of the Piasa auction house, called the measure “totally populist and inapplicable since there is no way to technically evaluate the worth of an artwork.”
“It will encourage fraud, and artworks will leave the country.”
The amendment was intended by its backers as a signal that wealthier citizens are shouldering their share of the burden, as France braces for the impact of the upcoming austerity budget.

ピアザ・オークションハウスのジェローム・クレメント社長は、この修正案について、「全くもって大衆におもねた適用不可能な法案だ。美術品の価値を量ることなど技術的に不可能だからだ。」と語っている。
「不正手段を助長し、美術品が国外に流出していまうことになるだろう。」
修正案は、富裕層が負担を引き受けるきっかけとして意図されたものだった。フランスは、近づきつつある緊縮予算に警戒態勢をとっているからだ。