Tags

, , , , , , ,

YouTube video clip (in French) about the history of the Louvre followed by excerpts from History of the Louvre in Louvre website.  Original text from the website with Japanese translation.

ルーヴル美術館の歴史を概観しています。YouTubeビデオ(フランス語)と、ルーヴル美術館ウェブサイトの「ルーヴルの歴史」の記述から抜粋しています。

***

Le Palais du Louvre, Paris

Uploaded on 17 Jan 2011 by WorldSiteGuides
注記:建築家レオ・ミン・ペイは中国系アメリカ人。

Published on 17 May 2012 by EducationMobile

**

History of the Louvre From Château to Museum
城郭からルーヴル美術館までの歴史

The Louvre, in its successive architectural metamorphoses, has dominated central Paris since the late 12th century. Built on the city’s western edge, the original structure was gradually engulfed as the city grew. The dark fortress of the early days was transformed into the modernized dwelling of François I and, later, the sumptuous palace of the Sun King, Louis XIV. Here we explore the history of this extraordinary edifice and of the museum that has occupied it since 1793.

ルーヴルは、増改築を続けながら、12世紀末から常にパリの中心部に聳えていた。最初の建物は町の最西端に建築され、町が大きくなるに従って、徐々に飲み込まれていった。初期の暗い城塞は、フランソワ1世により近代化された住居に改築され、その後、太陽王ルイ14世の壮麗な宮殿へと姿を変えた。これから、この希代の建築物と1793年以降その建築物を占有してきた美術館の歴史を見て行く。

The Middle Ages
中世

During the forty-three-year reign of Philippe Auguste (1180–1223), the power and influence of the French monarchy grew considerably, both inside and outside the kingdom. In 1190, a rampart was built around Paris, which was Europe’s biggest city at the time. To protect the capital from the Anglo-Norman threat, the king decided to reinforce its defenses with a fortress, which came to be known as the Louvre. It was built to the west of the city, on the banks of the Seine.

Image: louvre.fr
Le Louvre au temps de Philippe Auguste
© Musée du Louvre / P. Philibert

フィリップ・オーギュスト(1180–1223)の43年間の統治で、フランス王家の権力と影響力は、国内外で相当大きくなった。1190年に、当時ヨーロッパ最大の都市だったパリを取り囲む城壁が建造された。アングロ・ノルマンの脅威から首都を防御するため、国王は要塞で防衛力を強化することを決意し、その要塞がルーヴルとして知られるようになった。要塞はパリの西側、セーヌ川沿いに建設された。

From the Louvre to the Tuileries
ルーヴルからチュイルリーへ

The demolition of the Grosse Tour marked the beginning of a new phase of building work that would continue through to the reign of Louis XIV. The transformation of François I’s château continued under Henri II and his sons. However, the construction of the Tuileries palace some 500 meters to the west led to a rethinking of the site. Ambitious royal plans to link the two buildings culminated in the creation of the Grande Galerie.

Image: louvre.fr
Vue cavalière du quartier du Louvre et des Tuileries, dite Plan de Mérian, 1615
© Musée du Louvre, Section Histoire du Louvre, fonds gravures / P. Philibert

Grosse Tour (大塔)の取り壊しは、建築の新しいページの始まりを示すもので,ルイ14世の治世まで続いた。フランソワ1世は城郭を改築し、アンリ二世とその息子の時代まで続いた。ところが、500メートルほど西側にチュイルリー宮殿が建造されるのを受け、敷地が再検討された。2つの宮殿をつなげるという野心的な国王の案は、グランド・ギャラリーの建設により絶頂に達した。

The Classical Period
古典様式の時代

The reigns of Louis XIII and Louis XIV had a major impact on the Louvre and Tuileries palaces. The extension of the west wing of the Cour Carrée under Louis XIII marked the beginning of an ambitious program of work that would be completed by Louis XIV and added to by Louis XV, resulting in the Louvre that we see today. However, following the completion of Versailles, royal interest in the palace waned, plunging the Louvre into a new period of dormancy.

Image:
Arrière de la cour Carrée, côté place du Louvre, donnant sur les cuisines – Musée du Louvre
© Musée du Louvre, Section Histoire du Louvre – Fonds gravures / P. Philibert

ルイ13世とルイ14世の治世に、ルーヴル宮殿とチュイルリー宮殿は主要な増改築が行われた。ルイ13世によるクール・カレ西ウィングの増築により、意欲的な建築プログラムが始まり、ルイ14世が完成させルイ15世がさらに増築し、今日のルーヴルの姿が出来上がった。ところが、ヴェルサイユ宮殿が完成すると、ルーヴル宮に対する王家の関心が減退し、突如、活動停止状態となった。

From Palace to Museum
宮殿から美術館へ

With the Revolution, the Louvre entered a phase of intensive transformation. For three years, Louis XVI lived in the Tuileries palace, alongside the Convention Nationale. In 1793 the Museum Central des Arts opened to the public in the Grande Galerie and the Salon Carré, from where the collections gradually spread to take over the building. Anne of Austria’s apartments housed the antique sculpture galleries, and further rooms and exhibition spaces were opened under Charles X.

フランス革命が勃発し、ルーヴルは大きく変貌する。ルイ16世は、国民公会のもと、チュイルリー宮殿で3年間生活した。1793年に、グランド・ギャラリーとサロン・カレで、Museum Central des Arts (諸芸術の中央美術館)が一般公開され、その後、徐々に美術品が建物の他の部分に広がっていった。アンヌ・ドートリッシュの部屋は古代彫刻のギャラリーとなり、また、シャルル10世のもとで多くの部屋や展示スペースが公開された。

The Grand Louvre
グランド・ルーヴル

The demolition of the Tuileries in 1882 marked the birth of the modern Louvre. The palace ceased to be the seat of power and was devoted almost entirely to culture. Only the Finance Ministry, provisionally installed in the Richelieu wing after the Commune, remained. Slowly but surely, the museum began to take over the whole of the vast complex of buildings.

1882年のチュイルリー宮殿の取り壊しにより、現代のルーヴルが生まれた。宮殿は権力の座ではなくなり、ほぼ完全に文化に捧げられた。パリ・コミューンの後リシュリュー・ウィングに暫定的に設置された財務省のみが残っていた。美術館は、時間をかけて着実に、広大な建物全体を占有していった。