Tags

, , , , , , , ,

Science at the 18th Century Versailles.
Original English text from sciences.chateauversailles.fr with Japanese translation.

18世紀のヴェルサイユ宮殿における科学実験について。
sciences.chateauversailles.frから英語の原文と、訳です。

***

The Hall of Mirrors where the electrical discharge experiment took place – 1746

1746年、鏡の間で放電実験

Versailles, a place where science demonstrations were performed
科学実験が行われた場所としてのヴェルサイユ宮殿

Image: sciences.chateauversailles.fr
Hall of Mirrors

Author : Anonymous
作者:不明

Date : 1746
制作年:1746年

Characteristics/Origins : Versailles, musée national des châteaux de Versailles et de Trianon
所有者:ヴェルサイユ、ヴェルサイユ宮殿・トリアノン宮殿美術館

Description :
内容
The spectacle of electrical sparks, lights and jolts was a widespread cultural phenomenon at all the European courts. Abbot Nollet, who had already published a work on the topic, became quite famous in the field. He experienced, and had others experience, jolts of electricity, known at the time as an electrical “concussion”, varying the conditions. He had the discharge pass through several people holding hands, thinking that the intensity of the discharge would decrease, but all the participants felt the same shock simultaneously: its strength remained the same.

放電や電光、電気振動の実験は、ヨーロッパ中の宮廷に広がっていた文化的現象だった。大修道院長ノレは、電気に関する書物を出版していて、この分野でかなり有名になった。電気的衝撃を条件を変えて実験したり実験させたりしていた。当時は、電気的「振動」として知られていた。複数の人が手をつないだところに放電すると、放電力は弱まると考られていたが、全員が同時に同じ衝撃を感じた。つまり、放電力は変わらなかった。

The most famous chain-reaction discharge took place in the Hall of Mirrors in the presence of the king and the court on 14 March 1746, before the discovery was publicly announced. The number of participants varies depending on the account—64, 140 or 240—suggesting it may have been repeated several times. The king had himself given a discharge several times in private, in the physics cabinet, with members of the court. The experiment was repeated in studies, drawing rooms and on boulevards throughout Europe. Nollet is said to have “electrified” over 2,000 people in the early months of 1746.

最も有名な連鎖反応の放電実験は、1746年3月14日に鏡の間で国王と宮廷の目の前で行われた。その後、この発見を公表した。参加者の人数は資料によって異なり、64人や140人、または、240人と様々だが、何回かにわけて繰り返し実施されたとも考えられる。国王自身も、物理学室で宮廷の人員と何回か個人的に実験を行った。実験は、書斎や居間、通りなど、ヨーロッパの至る所で繰り返し実施された。ノレは、1746年初めの数ヶ月に、2000人を超す人を「感電させた」と言われている。

Medicine took an interest in the phenomenon. Nollet subjected paralysed patients to electrical discharges in the hopes of curing them. The results were uncertain but insensitive limbs recovered some degree of feeling. Electricity was unsuccessfully used to try and tell if a person was really dead, and even in experiments on sexuality: in 1772 the Duc de Chartres submitted the royal chapel’s castrati to discharges. Electricity is “an element even more intimate to us than the very air we breathe,” Nollet said.

この現象は医療にも広がった。ノレは、まひのある患者に放電して、患部を治そうとした。結果は不明だが、感覚を失った手足がある程度感覚を取り戻した。電気は、人が実際に亡くなるかどうかを試すために、使われて失敗した。また、異性への関心にまで実験が行われ、1772年にシャルトル公が、王室礼拝堂のカストラートに放電実験を実施させた。電気は、「呼吸している空気そのものよりも、さらに身近な要素である」とノレが語った。

**

Étienne de Montgolfier’s aerostatic experiment at Versailles

ヴェルサイユ宮殿で、エティエンヌ・ド・モンゴルフィエの熱気球実験

Versailles, a place where science demonstrations were performed
科学実験が行われた場所としてのヴェルサイユ宮殿

Image: sciences.chateauversailles.fr
aerostatic experiment at Versailles

Author(s) : Anonymous
作者:不明

Date: 18th century
制作年:18世紀

Characteristics/Origins: Étienne de Montgolfier’s aerostatic experiment at Versailles on 19 September 1783 with the king, queen and royal family in attendance, Versailles, bibliothèque municipale © château de Versailles, Jean-Marc, Manaï
特色/所有者:1783年9月19日にヴェルサイユ宮殿で国王一家の臨席のもとで行われた、エティエンヌ・ド・モンゴルフィエの熱気球実験。ヴェルサイユ、市立図書館、ジャン-マルク、マネ

Description:
内容
Thanks to the Academy of Science, the Montgolfier brothers, Joseph (1740-1810) and Étienne (1745-1799), obtained permission to demonstrate their hot-air balloon at Versailles.
The balloon was released, rose to a height of approximately 500 metres, flew eight minutes and landed at Vaucresson with all the passengers safe and sound.

科学アカデミーにより、モンゴルフィエ兄弟、ジョゼフ(1740-1810)とエティエンヌ(1745-1799)は、ヴェルサイユ宮殿で熱気球を披露する許可を取得した。気球は放たれ、500メートルの高さまで上昇し、8分間飛行して乗客に怪我もなく安全にヴォークレソンに着地した。

The king, who watched the ascension through a telescope from his apartment, received Étienne de Montgolfier and expressed his satisfaction. The demonstration was important for the brothers, ensuring them Louis XVI’s support, but also for the king because foreign delegations were at the Court that day to sign the Treaty of Paris.

国王は、自室から望遠鏡で観察し、エティエンヌ・ド・モンゴルフィエを呼んで満足の意を表した。このイベントは、ルイ15世の支持を得るという意味で、兄弟にとって重要だった一方、国王にとっても、当日はパリ条約締結のために、海外から使節団が王宮に来訪していたので、重要な意味をもっていた。