Tags

, , , , , , , ,

Astronomical clock presented to Louis XV.
Original English text from chateauversailles.fr website.

ルイ15世に献上された天文時計です。
chateauversailles.frウェブサイトから英語の原文と、訳です。

***

Astronomical clock
天文時計

Louis XV and science: the most beautiful instruments
ルイ15世と科学:最も美しい機械

Image: sciences.chateauversailles.fr
Astronomical clock

Authors: Engineer: Claude-Siméon Passemant (1702-1769); Clockmaker: Louis Dauthiau (1730-1809); Sculptors and bronze artists: Jean-Jacques and Philippe Caffiéri (1725-1772)

作者:エンジニア:クロード-シメオン・パスモン(1702-1769); 時計技師: ルイ・ドティオ (1730-1809); 彫刻家・ブロンズ作家: ジャン-ジャック・カフィエリ、フィリップ・カフィエリ(1725-1772)

Date: Presented to the Royal Academy of Science on 23 August 1749, presented to the king in 1750. Mechanism: 1749; bronze: 1753

年月日:1749年8月23日王立科学アカデミーに提出、1750年国王に献上、機械仕掛け:1749年、ブロンズ:1753年

Characteristics/Origins: Gilt bronze, enamel, steel, copper and glass. Versailles, musée national des châteaux de Versailles et de Trianon © château de Versailles, Christian Milet

材質/所有者:ギルトブロンズ、エナメル、スチール、銅、ガラス。ヴェルサイユ宮殿・トリアノン宮殿国立美術館。クリスチャン・ミレ

Description:The extraordinary astronomical clock was added to the clock cabinet in January 1754. Engineer Claude-Siméon Passemant designed the timepiece, clockmaker Louis Dauthiau crafted the mechanism and sculptors and bronze artists Jacques and Philippe II Caffiéri made the case. It shows the date, real time, average time, phases of the moon and movements of the planets according to Copernicus. A moving sphere crowns the exceptional rocaille work, which measures over two metres tall. A bronze globe features all the countries engraved with the main cities. It is amidst rocks and waterfalls serving as the universal horizon.

内容:このすばらしい天文時計は、1754年1月に時計の間に納入された。エンジニアのクロード-シメオン・パスモンが時計をデザインし、時計職人のルイ・ドティオが機械仕掛けを、彫刻家でブロンズ作家のジャック・アフィエリとフィリプII・カフィエリが時計ケースを制作した。日付、実時間、平均時間、月の位相、コペルニクスに基づく惑星の動きを表示する。動く天体が見事なロカイユ細工の頂きに置かれ、高さは2メートルを超える。ブロンズの地球儀には、すべての国が主要都市と共に彫られている。岩と滝の間に普遍的な地平線がある。

Image: sciences.chateauversailles.fr
Astronomical clock

The Academy of Science examined and approved the clock in August 1749 before the Duc de Chaulnes presented it to Louis XV at Choisy on 7 September 1750. The king acquired it that year. It was put in the clock cabinet, attesting to Louis XV’s interest in the mechanical arts and clocks; the room actually got its name because of the large astronomical clock dials in the wainscoting showing the sunrises and moonrises every day. The king’s scientific interests led him to amplify that daily experience by having the Passemant clock installed in this room.

1749年8月に王立科学アカデミーが審査、承認した後、1750年9月7日にショルヌ公爵が、ショワジで国王ルイ15世に献呈した。国王は同年に入手して時計の間に置き,ルイ15世の機械仕掛けや時計に対する関心の深さを証明することとなった。この部屋は、実際、羽目板にある大きな天文時計のダイヤルが、毎日日の出と月の出を示すことから命名された。国王は科学に強い興味をもち、この部屋にパスマンの時計を設置させて、毎日観察するまでになった。

Astronomical clock

Uploaded by on Oct 26, 2010