Tags

, , ,

An antique musical clock originally made for Marie Antoinette.
Original text from delawareonline with Japanese translation.

* See my post about Dulcimer Player,  created by the same artists and devoted to Marie Antoinette.

マリー・アントワネットのために制作された時計です。
delawareonlineから英語の原文と、訳文です。

* マリー・アントワネットのために同じ作者が制作したダルシマー・プレイヤーについて投稿していますので、こちらも見てください。

***

Museum’s timepiece gingerly heads to Met

7:40 PM, Oct 9, 2012

美術館の時計、慎重にMetへ

2012年10月9日午後7時45分

Image: blogs.christies.com
musical timepiece

As the clock struck 10:30 Monday morning movers at Nemours Mansion and Gardens began disassembling a musical timepiece originally built for Marie Antoinette.

月曜日朝10時30分を時計の針が刺すと、米デラウェア州Nemours Mansion and Gardens(Nemours美術館)で、運送業者がマリー・アントワネットのために制作されたミュージカル時計 (musical timepiece)の分解を始めた。

The clock, which emanates enchanting tunes through a pipe organ and dulcimer, is temporarily parting way with the estate and heading to New York on Thursday. The move is a rare one for Nemours, but then again it’s not every day The Metropolitan Museum of Art comes calling.

Image: delawareonline.com
musical timepeice

この時計は、パイプオルガンとダルシマー(弦楽器)でうっとりするような音楽を奏でる。今回、期間限定でNemours美術館を離れ、木曜日にニューヨークに向かう。美術工芸品の移送は、Nemours美術館にとって稀なことで、メトロポリタン美術館(Met)にとっても、そう頻繁にあることではない。

“It never happens,” Francesca Biella Bonny, registrar at the museum in Rockland, said about lending the antique clock. “It has never happened before and it probably will never happen again.
“If it weren’t that this is the Met, it probably would not be happening now,” she noted.
The Met approached Nemours two years ago about borrowing the clock for an upcoming exhibit: “Extravagant Inventions: The Princely Furniture of the Roentgens.”

Image: delawareonline
musical timepiece

ロックランドにあるこの美術館の文書係、フランチェスカ・ビエラ・ボニーさんは、このアンティーク時計の貸し出しについて「後にも先にも、今回限りでしょう。」と話す。
「Metのような美術館でなかったら、実現していなかったでしょう。」
Metは、間もなく開催される「Extravagant Inventions: The Princely Furniture of the Roentgens (ぜいたくな発明品:レントゲン家の華麗な家具)」にこの時計を展示するため、2年前からNemours美術館と貸し出しの交渉を始めた。

The exhibit, which runs from Oct. 29 through Jan. 27, will display works by Abraham Roentgen and his son, David. It’s supposed to be a comprehensive survey of their cabinetmaking company from the early 1740s to its closing in the early 1800s. According to the Met, the Roentgens’ innovative designs and mechanical devices revolutionized traditional French and English furniture types.

Image: Wikipedia
David Roentgen

この特別展は、10月29日から1月27日まで開催され、アブラハム・レントゲンと息子のダビット・レントゲンの作品を展示する。二人のキャビネット工房を、1740年初期から廃業した1800年代初頭まで概観することになっている。Metによると、レントゲンの革新的なデザインと機械装置は、伝統的なフランスとイギリスの家具に革命をもたらした。

Nemours’ clock was built by the team of David Roentgen and Peter Kinzing.
While Roentgen made the cases, Kinzing produced complicated mechanisms for furniture and astronomical clocks with chimes or pendulums, according to the J. Paul Getty Museum in Los Angeles. The partnership was highly successful, and in 1785 both were honored with titles from the French monarchy, with Kinzing becoming horloger de la reine (Clockmaker to the Queen).

この時計は、ダビット・レントゲンとペーター・キンツィンクが共同で制作した。
ロサンゼルスのJ.ポール・ゲッティ美術館によると、レントゲンが外側を制作し、キンツィンクが家具やチャイムまたは振り子のついた天文時計の複雑な機械部分を担当した。二人の共同制作は大成功を納め、1785年には二人ともフランス王家から称号を授り、キンツィンクはhorloger de la reine (女王の時計職人)になった。

The duo finished the clock for Marie Antoinette about 1785. It plays music by Christoph Willibald Ritter Gluck, an 18th century German composer known for his operas, including Iphigénie en Aulide. That tune played on the clock’s pipe organ and dulcimer.

Image; Wikipeida
Christoph Willibald Ritter von Gluck (2 July 1714 – 15 November 1787)
Under the patronage of his former music pupil, Marie Antoinette, who had married the future French king Louis XVI in 1770, Gluck signed a contract for six stage works with the management of the Paris Opéra. He began with Iphigénie en Aulide (19 April 1774).

二人は1785年にマリー・アントワネットのための時計を完成させた。この時計は、アウリスのイフィゲニアなど、オペラで知られた18世紀のドイツの作曲家クリストフ・ヴィリバルト・グルックの音楽を奏でる。この曲は、時計のパイプオルガンとダルシマーで演奏される。

While historians are certain the 82-inch tall timepiece was made for the French queen, it’s unknown if the musical clock was ever in her possession as the start of the French Revolution was forcing her to downsize – figuratively and eventually literally.

研究者によると、この82インチ(208cm)の高さの時計は、フランス王妃のために制作されたことは確実だが、実際に王妃が所有したかどうかは不明だ。フランス革命により、王妃は形だけでも、後には、文字通りに、予算の削減を余儀なくされていたからだ。

The revolution reached its first climax in 1789. Marie Antoinette lost her head Oct. 16, 1793, with the rebellion that toppled the monarchy ending six years later.
So the piece is very rare and is thought to be one of six remaining in the world.
The clock was purchased by Alfred I. du Pont from a Philadelphia antique dealer in 1919.

フランス革命は1789年に最初の山場を迎えた。マリー・アントワネットは1793年10月16日に処刑され、その6年後には革命派が王制を転覆した。
従って、この時計は希少で、この世に6台残っている内の一つだと考えられている。
1919年に、フィラデルフィアのアンティーク商からアルフレッド・I. デュポン(Alfred I. du Pont)が買い取った。

Image: nemoursmansion.org
Alfred I. du Pont

Grace Gary, executive director of Nemours, said du Pont – having lost both his parents at age 13 – placed family in a high regard. “Everything to do with family, therefore, had incredible meaning to him,” she said.
The connection here was that du Pont’s great, great grandfather, Pierre Samuel du Pont de Nemours, served in the court of King Louis XVI, who married Marie Antoinette in 1770.
“So whenever he had an opportunity to buy something that we in any way connected to the court of Louis XVI he did,” Gary said.
“And this came to his attention. He had a chance to buy it and he did. And it’s because of the Marie Antoinette connection,” she added.

Nemours美術館のグレース・ゲイリー館長は、デュポンは13歳で両親を亡くしこともあって、家族を何よりも大切していたと話す。「ですから、デュポンにとって、家族に関することはすべて非常に意味がありました。」
ここでの関連性は、デュポンの曾々祖父ピエール・サミュエル・デュポン・ド・ヌムール( Pierre Samuel du Pont de Nemours)は、1770年にマリー・アントワネットと結婚したルイ16世の宮廷に仕えていたということだ。
「そこで、デュポンは、ルイ16世の宮廷に関連する品物を手に入れる機会があれば、いつでも購入しました。」とゲイリー館長は語る。
「そして、この時計がデュポンの目に留まったのです。手に入れる機会に恵まれ、購入しました。これが、マリー・アントワネットにまつわる時計だったからです。」

Image: delawareonline.com
musical timepiece

Gary, along with other Nemours workers, watched as movers disassembled the clock, then carefully stored it in custom-made crates.
“You can see we are all a little nervous,” she said. “You’ve got three-quarters of the staff watching – just in case.”
But the staff is confident of the art handlers’ ability since they helped move most of the estate’s pieces during its 2005 restoration.

ゲイリー館長とNemours美術館の職員は、移送業者が時計を解体し、専用の木箱に注意深くしまうところを見守った。
「私たち皆、少し緊張しているのがおわかりでしょう。3/4の職員が、念のために見守っています。」
ただし、職員は美術品移送業者の腕を信頼している。2005年の改装の時にも、この美術館のほとんどの品物を移送したからだ。

“I guess that experience, watching every single piece go away, makes this a little anti-climatic,” Gary said. “We’re perhaps a little more comfortable than we might of been.
“ But yeah, you never like to have your stuff get out of sight or out of touch,” she added.
A photo replica will remain in the mansion until the clock is returned next year.

「すべての美術品が運び出されるのを見た経験があるので、今回は少し拍子抜けに感じられるのでしょう。恐らく、思ったより少し安心感があります。」とゲイリー館長が言う。
「とはいえ、やはり、身近なものが姿を消したり、離れてしまうのは決して好ましいことではありません。」と付け加える。
来年に返却されるまで、Nemours美術館では時計の写真が展示される。

Video clip ビデオ

delawareonline video clilp