This is a part of the description about La Primavera from Mediateca di Palazzo Medici Riccardi.  Continued from the post yesterday. Original English text with Japanese translation.

Mediateca di Palazzo Medici Riccardiのウェブサイトに載っている「プリマヴェーラ」の解説の一部です。昨日の投稿のつづきです。英語の原文と試訳です。

***

Sandro Botticelli, the Primavera (1478-c.1485)

サンドロ・ボッティチェッリ、プリマヴェーラ(1478-1485頃)

Image: palazzo-medici.it
La Primavera

<Continued>
<つづき>
Destiny and criticism:
運命と評論

Attributions
帰属

Since the citations of the sixteenth-century sources, the painting has always been referred to Botticelli. However there are no known contemporary documents (such as contracts, diaries or workshop registers) that attest to the attribution.

16世紀の文書が言及して以来、この絵画は常にボッティチェッリに帰属してきた。ただし、この帰属を証明する契約書、日記、工房の記録簿など同時代の文献は、確認されていない。

Datings
制作年

The datings proposed for the Primavera range between 1477-1478 and the mid Eighties. Horne (1908), who believed that the work had been painted for the Villa di Castello, considered that it had been executed shortly after the acquisition of the suburban residence by Lorenzo and Giovanni di Pierfrancesco, which took place in 1477. Subsequently, however, the documents published by Smith and Shearman (1975) demonstrated that, before arriving at the villa the painting had been located in the “old house” in Via Larga since at least 1499. It has thus been generally assumed that the apartment of Lorenzo di Pierfrancesco, second cousin of the Magnifico, was the original destination of the work. Lightbown (1978), who agrees with the identification, considers that the Primavera may have been commissioned for the marriage of Lorenzo di Pierfrancesco with Semiramide Appiani, celebrated in July 1482 after a postponement of about a year. This theory has obtained a fairly broad consensus among the critics. Horst Bredekamp (1988), who attributes the commissioning of the work to the first documented owner, Lorenzo di Pierfrancesco, brings the dating considerably forward, after 1485, when Lorenzo minor was liberated from the tutelage of his second cousin Lorenzo il Magnifico (1485), and was able to settle his pressing economic problems.

「プリマヴェーラ」の制作年は、1477年、1478年から80年代中頃までの範囲とされている。ヴィラ・ディ・カステッロのために描かれたと主張するHorne (1908年)は、制作されたのは、ロレンツォとジョバンニ・ディ・ピエロフランチェスコが、このフィレンツェ郊外のヴィラを取得した直後、つまり、1477年だと考えている。ところが、続いて、SmithとShearman (1975年)が1975年に発表した論文によると、ヴィラに移管される前に、少なくとも1499年以降、ラルガ通りの「旧邸宅」にあったとしている。従って、一般的には、マニフィコのまたいとこであるロレンツォ・ディ・ピエロフランチェスコの邸が、この作品が最初に納められたところだと推定されている。この説に賛同するLightbown (1978年)は、ロレンツォ・ディ・ピエロフランチェスコとセミラミデ・アッピアーニの結婚に際して発注されたと述べている。結婚式は、1年延期後、1485年に執り行われた。この説は、批評家の間で幅広く支持されている。Horst Bredekamp (1988)は、最初の文献の所有者ロレンツォ・ディ・ピエロフランチェスコが依頼主と考え、制作年を相当ずらし、1485年、つまり、小ロレンツォがまたいとこのロレンツォ・イル・マニフィコの後見から解かれて、緊急の経済問題を解決することができた年だとしている。

Of a different opinion is Mirella Levi D’Ancona (1992), who performed a meticulous and painstaking identification of the vegetable species present in the work and the symbolism of the same; according to her, the Primavera was executed between 1477-78, to mark the birth of the illegitimate son of Giuliano de’ Medici and Oretta Pazzi, Giulio, born in May 1478, shortly after his father was killed in the Pazzi conspiracy.

異なる意見として、Mirella Levi D’Ancona (1992年)の学説がある。D’Anconaは、絵画の中の植物を細部にわたり念入りに特定し、その象徴を調べ上げた。それによると、プリマヴェーラは1477年から1478年に制作された。その目的は、ジュリオ・デ・メディチとオレッタ・パッツィの婚外子ジュリオが、父がパッツィ家の陰謀で殺害された直後1478年5月に誕生したことを祝うものだった。

Image: Museo Nacional Del Prado
La historia de Nastagio degli Onesti (I)

Cocke (1992), instead argues against a Medici commission.
Finally, Cristina Acidini (2001) has recently proposed placing the start of the work in 1482, and its completion within 1485, on the basis of stylistic and formal comparisons with contemporary paintings produced in Botticelli’s workshop (such as the cycle of Nastagio degli Onesti, executed to a design by the master, in 1483, by his collaborators, Bartolomeo di Giovanni and Jacopo del Sellaio, or the Bardi Altarpiece made for Santo Spirito in 1485), which indicate similar interests and solutions. This dating would furthermore be confirmed by the influence exerted by the Portinari Tyiptych by Hugo van der Goes, which reached Florence on 28 May 1483, in which the flowers in the vase in the foreground reveal the descriptive detail, the noble and distinctive individuality and the symbolic significance that appear to be echoed in the elegant setting of the Primavera. According to Acidini, the work may have been commissioned by Lorenzo il Magnifico (as believed on several occasions in the past) to celebrate the peace and the renewed “spring” of Florence generated by the treaty of 1480 which felicitously put an end to the political and economic crisis that had followed the Pazzi conspiracy two years earlier. (See fortunes and criticism: Interpretations).

Image: Wikipedia
The Virgin and Child Enthroned (Bardi Altarpiece)

Cocke (1992年)は、メディチ家の作成依頼に異をとなえている。
最後に、Cristina Acidini (2001年)は、1482年に制作を開始し1485年に完了したと主張している。その論拠は、ボッティチェリ工房が制作した同時代の絵画と様式や形式を比較し、同様の関心や技法を指摘している。比較したのは、例えば、1482年に共同制作者バルトロメオ・ディ・ジョバンニとヤコポ・デル・セライオがボッティチェッリの下絵をもとに制作した連作ナスタジオ・デリ・オネスティや、1485年にサント・スピリト聖堂のために制作されたバルディ家礼拝堂の祭壇画などだった。この年代設定は、フーゴー・ファン・デル・グースのポルティナーリの三連祭壇画に影響を受けたという説で、さらに確実となった。この祭壇画は1483年5月にフィレンツェに到着した。その前景に描かれた花瓶の花は、描写の詳細、高潔で際立った特性、象徴的意味合いが、「プリマヴェーラ」の優美な設定に重なっているように見える。Acidiniによると、(過去に何度か指摘されたように)2年前に発生したパッツィ家の陰謀に端を発した、政治的経済的危機に適切に終止符を打った1480年の条約により、フィレンツェに再びもたらされた繁栄と「春」を祝うために、ロレンツォ・イル・マニフィコが制作依頼した。

Image: Wikipedia
Portinari Triptych (c. 1475)

The Spring could then have entered the house of Lorenzo di Pierfrancesco with the assets handed over by the Magnifico along with an indemnity due to the cousins established after a court case in 1485.
In any case, the maturity of the work has led the majority of scholars to place its execution after the artist’s return from Rome (1482), even though recently Antonio Natali and Alessandro Cecchi have once again brought the dating forward to prior to Botticelli’s intervention in the Sistine chapel in the Vatican (Cecchi, Natali 2000, p. 29; Cecchi 2005)

そうすると、「春」は、マニフィコが引き渡した資産と、1485年の裁判の結果いとこに支払う義務のあった賠償金とともに、ロレンツォ・ディ・ピエロフランチェスコの邸宅に届けられたと考えられる。
いずれにせよ、この絵画の成熟度を考慮して、多くの研究者はボッティチェッリがローマから帰郷した(1482年)後に制作したと考えている。ただし、Antonio Natali と Alessandro Cecchiは、ボッティチェッリがバチカンのシスティーナ礼拝堂の壁画制作に出発する前に描いたと主張している(Cecchi, Natali 2000年, p. 29; Cecchi 2005年)。