This is a part of the description about La Primavera from Mediateca di Palazzo Medici Riccardi.  Original English text with Japanese translation.

Mediateca di Palazzo Medici Riccardiのウェブサイトに載っている「プリマヴェーラ」の解説の一部です。英語の原文と試訳です。

***

Sandro Botticelli, the Primavera (1478-c.1485)

サンドロ・ボッティチェッリ、プリマヴェーラ(1478-1485頃)

Image: palazzo-medici.it
La Primavera

Work:
Painting portraying the Primavera
作品:春を描いた絵画

Author, circle:
Alessandro Filipepi, known as Sandro Botticelli (Florence 1445-1510)
作者、グループ:
アレッサンドロ・フィリペピ、通称サンドロ・ボッティチェッリ(フィレンツェ 1445-1510)

Commissioner, collector:
Lorenzo di Pierfrancesco or Lorenzo il Magnifico (?)
依頼主、収集家:
ロレンツォ・ディ・ピエロフランセスコ、または、ロレンツォ・イル・マニフィコ(?)

Epoch, date:
1478-c.1485
制作年:
1478 – 1485頃

Location:
Florence, Uffizi Gallery, inv. 1890 no. 8360
場所:
フィレンツェ、ウフィッツィ美術館、inv.1890 no.8360

Technical details:
tempera ‘grassa’ on panel (poplar); 203×314 cm
技法:板(ポプラ)にテンペラ・グラッサ;203 X 314 cm

Provenance:
The “old house” of the Medici of the Pierfrancesco branch, in Via Larga (1499, 1503, 1516); Villa di Castello (at least from circa 1540, cf.: Anonimo Gaddiano or Magliabechiano 1537-c.1542; Vasari 1550; Vasari 1568); Uffizi, Vasarian Corridor (1815); Accademia Gallery (1853); Uffizi, Gallery (1919)

来歴
ラルガ通りメディチ家ピエルフランチェスコの「旧邸宅」(1499年、1503年、1516年)
ヴィラ・カスッテロ(少なくとも1540年頃から;参考: Anonimo GaddianoまたはMagliabechiano 1537年 – 1542年頃;ヴァサーリ1550年;ヴァサーリ1568年)
ウフィッツィ美術館ヴァザーリの回廊(1815年)
アカデミア美術館(1853年)
ウフィッツィ美術館(1919年)

Description, subject:
内容、主題:

The world-famous painting by Botticelli which has always been known as the Primavera, portrays nine figures practically lined up in the foreground: two male figures at the sides, and six female, one of which is set in particular prominence in the centre, isolated and slightly to the rear, and a winged putto above the latter. The nine figures, slender and elongated in form in elegant and graceful poses, are set in a sort of garden bordered by a copse of citrus fruits, among the fronds of which, with clearly visible fruit and flowers, there are also branches and leaves of laurel, cypress, conifers (possibly yews), strobilus and myrtle (behind Venus). The luxuriant grass sward beneath the figures is strewn with one hundred and ninety different flowers, of which one hundred and thirty have been identified. Most of these are flowers that blossom in the Florentine countryside between March and May. The scene is set against the background of a blue sky without depth, like a pale sheet which apparently has the function of setting off the dark vegetation. Standing out against this are the figures, the drapery and the light-drenched flowers.

世界的に有名なプリマヴェーラの名で知られたボッティチェッリの絵画は、前景に9人の人物像がほぼ横一列に並んだ様子が描かれている。2人の男性像に6人の女性像が囲まれ、その中で一人の女性像が中央に特に目立つように配置され、他とは切り離されやや後方に描かれ、頭上を翼のあるプットが飛んでいる。9人の人物像は、細長い姿で優雅で優美なポーズを取り、柑橘系の茂みに囲まれた一種の庭園に配置されている。明確にそれとわかる果物や花の茂みの葉には、月桂樹、イトスギ、イチイと思われる針葉樹、松かさ、ヴィーナスの背景にはツルニチニチソウが描かれている。人物像の足元に青々と茂った草地には、190種類の花が散りばめられ、そのうち130種類は特定されている。そのほとんどが、3月から5月にかけて、フィレンツェ郊外で咲く花である。設定は、奥行きのない青空を背景にしていて、暗い草木を引き立たせる役割を担ったように青白い敷布のように見える。そこから浮き出ているのが、人物像、ひだのある衣類、そして、光がよく当たっている花々である。

The light is abstract, without a precise source, being exploited to highlight specific details such as the belly of the figure in the centre, the transparent drapery of the semi-naked maidens, and the multicoloured corollas of the flowers in the foreground. Time does not appear to pass in the scene, it is pervaded by eternity: there is no shadow cast on the grass beneath; the feet of the figures, although they are walking, dancing and standing, do not trample any plant; no flower or leaf appears wilted, just as there are no buds about to blossom.

光は抽象的で正確な光源はない。中央の人物像の腹部や、半裸の若い娘の透明な衣服のひだ、前景の多彩色の花冠など、特定の細部を強調するように描かれている。時刻は特定されておらず、永遠性に支配されている。足元の草むらには陰がなく、人物像の足は、歩き、踊り、立ってはいるが、植物を踏みつけてはおらず、今にも咲こうとするつぼみがないように、しおれた花や葉もない。

The composition, which does not illustrate a precise narrative scene, is one of the most emblematic of the Florentine Renaissance, and also one of the most complex in terms of the encoded language that it encapsulates within it. Undoubtedly destined to an elite public perfectly familiar with the refined culture of the time, the work appears dense with literary, philosophical and iconographic references, which have consistently urged scholars and experts to seek out the sources and connections. The figures portrayed have generally been identified on the basis of comparisons with contemporary literature (more specifically, the Stanze and the Rusticus of Agnolo Poliziano) or with the Latin texts most frequently read and commented at the time (such as Ovid’s Fasti, The Golden Ass by Apuleius, and the De Rerum Natura by Lucretius).

構図は、明確な物語の場面を描いていないが、フィレンツェ・ルネサンスを代表し、また、内部に包含された符号化した言語という意味で、最も込み入っている。この作品は、当時の洗練された文化に慣れ親しんでいるエリート階級のために制作されたことは間違いなく、文学、哲学、図像学を色濃く反映し、後世の研究者や専門家が資料や関係性を常に追求してきた。描かれた人物像は、同時代の文学(アーニョロ・ポリツィアーノのStanzとRusticus)、または、当時よく読まれ語られたラテン文学(オウィディウスの祭暦やアプレイウスの黄金のロバ、ルクレティウスの万物の本性について)との比較をもとに概ね特定されている。

According to the most common reading (see fortunes and criticism: Interpretations), the garden in which the scene is set is a sort of hortus conclusus. This is an ideal circumscribed space that is in itself perfect, where all is harmony of form and sentiment, which recalls the mythical garden of the Hesperides with the golden apples, the fruits of immortality of the Renaissance, associated with lemons and oranges. Normally, the nine figures are respectively identified as follows: in the centre is Venus, the goddess of chaste and generative love, set against a bush of myrtle, a plant sacred to her; flying above the goddess is Cupid, blindfold, about to fire his arrow towards the Three Graces, who are dancing in a circle; alongside the latter, on the left Mercury, with his winged sandals and the caduceus, keeps the clouds at bay defending the magical perfection of the garden; on the right, Zephyrus, the piercing wind that ushers in the Spring, is carrying off the nymph Chloris, from whose mouth shoots of flowers emerge; the same Chloris appears alongside transformed into the goddess Flora, thanks to the marriage gift made to her by Zephyrus; Flora, a young and fecund divinity, protectress of agricultural works and female fertility, takes flowers from a fold of her gown at the waist.

最も一般的な解釈によると、場面設定の庭園は、いわゆる聖母の閉ざされた庭を表している。それ自体非の打どころのない理想的な囲まれた空間で、外観と感情が調和し、レモンとオレンジに関係するルネサンスの不死の果物、黄金のリンゴがある神話のヘスペリスの園を想起させる。9人の人物像は、通常、それぞれ次のように特定されている。中央はヴィーナス、貞節と豊穣の愛の女神で、ヴィーナスに捧げられた植物であるヒメツルニチニチソウの前に立っている。女神の頭上には、目隠しをしたキューピットが、輪になってダンスをしている三美神に矢を射るところで、その左には、翼のついたサンダルをはき神々の使者の杖を持ったマルスが、雲を寄せ付けず、園の不思議な完璧性を守っている。右にいるのはゼピュロス、突き刺すような風で春の先導役を務める。ゼピュロスはニンフのクロリスをさらって行こうとしている。クロリスの口からは花が飛び出し、ゼピュロスからの結婚の贈りものにより、同じクロリスが隣で女神フローラに変身している。若く実り豊な神、農作業と豊穣の守り神であるフローラは、ウエストの位置にあるドレスのひだで花を抱えている。

Among the proposals raised in opposition to this, by now traditional, reading is the recent theory of Claudia Villa (1998). According to this scholar, Botticelli’s composition illustrates the personifications cited in the treatise De nuptiis Mercurii et Philologiae, written by the African rhetorician Martianus Capella in the fourth-fifth century BC and commented by Remigius of Auxerre (IX-X century). On the basis of this proposition the scene is set in the Pomerium rethorice, from the trees of which hang the golden apples of the Hesperides. Starting from the left, Mercury, the allegory of Hermeneutics and Eloquence, turns towards Apollo-Sun (Poetry) to ask advice about wedding Philology (the figure generally considered as Venus) set in the centre; the latter is accompanied on the one hand by the Three Graces favourable to the nuptials, above by the flying Genius, the god of Love, and on the other hand by Rhetoric (generally identified with Flora-Spring); the fleeing nymph with flowers falling from her mouth, clasped by the winged Genius, is Flora, protectress of conjugal union.

この解釈に異を唱える説では、今となっては伝統となっているが、Claudia Villaの説(1998年)がある。それによると、ボッティチェッリの構図は、アフリカ出身のマルティアヌス・カペラ*が5世紀の第4四半期に著述し、オセールのレミギウスが註釈した論文「De nuptiis Mercurii et Philologiae(メルクリウスとフィロロギアの結婚)」での擬人化が描かれている。この説によると、設定はPomerium rethoriceで、そこでは神話のヘスペリスの園の黄金のリンゴが木になっている。左から、Hermeneutics(聖書解釈学)とEloquence(雄弁)のアレゴリーのマルスが、Apollo-Sun (Poetry詩) に向き中央に配置されたPhilology(文献学)(一般にヴィーナスと考えられている)の結婚について助言を求めている。Philologyは一方に結婚にとって好ましい三美神を伴い、頭上には愛の神Genius(天才、神童)が飛び、他方にはRhetoric(修辞学)(別名フローラ)を従え、翼のあるGeniusに捕まりそうになり、口から花がこぼれ落ちながら逃げているニンフは、婚姻の結びつきの守護者である。

***

Digital Gallery of Rare Books & Special Collectionsより
De nuptiis Mercurii et Philologiae(メルクリウスとフィロロギアの結婚)

*マルティアヌス・カペラは、5世紀頃に活躍したアフリカ出身のローマの著述家であり、おそらく弁護士をしていたとされる。本作品の成立年代は定かではないが、5世紀の最終四半世紀に書かれたという説もある。
全9編からなる本作品は、中世における自由七科の地位を確立し、後の学問に大きな影響を与えた書物として知られる。アレゴリーを用いて学問を論じたいわ ば百科全書と言える。最初の2編は、擬人化されたフィロロギアとメルクリウスの婚約と結婚を描き、残りの7編は自由七科がフィロロギアの召使として現れ、 それぞれが自らを説明する。注目すべき点は、カペラは自由七科を文法、論理、修辞、幾何、算術、天文、音楽に限り、建築学と医学は無言のまま登場させるに 留め、自由七科の要素を定めたことである。これは、ボエティウスとカッシオドルスとともに先駆的試みであった。作品の内部構造は、大宇宙と小宇宙を平行さ せたコスミックオーダーの価値観を意識している。また本作品ではキリスト教的色合いは全く表れないが、キリスト教徒でも容易に受け入れられる多神教の古典 的学問の視点を描き出している。
各編は、様々な著述家達の要約、または編集物となっており、中世学問の総体をなし後の作品のモデルとなった。9世紀までは本作品への言及は盛んではな かったが、9世紀半ば以後カロリング朝の文化の手本として広く知られるようになった。今日現存する完全なテクストの写本は、半数以上が9世紀か10世紀の ものである。11世紀頃からは、イタリアのヒューマニスト達によって部分的に使用されることが多くなった。
本作品の注釈書は、9世紀にオセールのレミギウス等によって盛んに書かれ、レミギウスの注釈は標準とされ12世紀に積極的に用いられた。また、1600年までに8つの版が印刷されたが、初版は1499年のもので慶應本はこれに属する。