Tags

, , , , , , , ,

The flowers depicted in Botticelli’s La Primavera seem to have hidden meaning.  This is a first half of an essay included in a catalogue of an exhibition held in 1989.  Original Japanese text with translation.

ボッティチェッリの「春」に描かれている花には、それぞれ意味が込められているようです。1989年の展覧会カタログからの抜粋です。日本語の原文と英訳です。

***

「春」の花めぐり

Strolling around flowers in Primavera

杉浦 勉
Tsutomu Sugiura

Image: Wikipedia
La Primavera

<抜粋>
この絵を眺めていると、私たちは自然と何かを感じ、甘美な夢の世界に浸ることができます。このためにことさら特別な知識が必要ということはありません。でも、この絵にまつわる文学的源泉や象徴的意味を知れば、さらに一層興味がわき、楽しみが増すに違いありません。そこで、ここでは花に的をしぼって「春」の絵をいっしょに散策したいと思います。

<Excerpt>
When we are looking at this painting, we naturally feel something and soak ourselves in the sweet dream-like world.  We don’t need any special knowledge for that.  However, with literary sources and symbolism associated with this painting, we will become more interested in the world and even more enjoy appreciation.  Now, focusing on the flowers, I am going to stroll around La Primavera with you.

フィレンツェに住むM.L.ダンコーナという研究家によると、この絵には40種類以上の植物が描かれているそうです。ちょっと見分けにくいのですが、画面左側に描かれた三美神の左の二人の間にトウダイグサ(No.39)とニワシロユリ(No.24)とマツヨイセンノウ(No.2)の花があります。その意味するところは「熟視せよ、理性を磨け、そして光を見よ」ということです。16世紀にヴァザーリという人が書いたボッティチェリの伝記によりますと、ボッティチェリは「妙に知的なことを好む性癖があった」ということですから、そのような象徴的意味を一つ一つ花に隠しているとしても不思議ではありません。そこでダンコーナの解釈に従い、あらためて絵をみつめてみましょう。

Image: Wikipedia
Sun Spurge

According to a researcher M. L. D’ancona in Florence,  there are more than forty plant species depicted in the painting.  It might be a little hard to identify them, but you can find the Sun spurge (Euphoria helioscopia), the Madonna lily (Lilium candid) and the White Cockle (Lychnis alba Mill) painted between the left figures of the Three Graces on the left of the painting.  Each of them signifies, “gaze”, “improve your sense of reason” and “look at the light” respectively.  The biography of Botticelli written in the 16th century by Giorgio Vasari depicted that he peculiarly had intellectual inclination, which explains he might have concealed symbolism in each flower of his painting.  Now, let’s look at the masterpiece in line with Dr.D’ancona’s interpretation.

Image: Wikipedia
Zephyrus and Chloris

画面右で後ろを振り仰ぐニンフ・クローリスの口から湧き出ているヒメツルニチソウ(No.31)は「誠実な結婚」を、ヤグルマソウ(No.10)は「美しい花嫁」を表しています。彼女の左にいる花の女神フローラが左腕いっぱいに抱え、右手であたりにまいているバラ(No.36)は「勝利する愛」を意味し、衣装模様に見いだされるカーネーション(No.5)には「結婚」という意味が含まれています。それは当時の花嫁が結婚式にカーネーションを隠し持ち、それを花婿に探させて自分の身体に触れさせるという風習があったからです。

Among the flowers springing out from the mouth of the nymph Chloris who is looking back on the right, the Lesser periwinkle (Vinca minor) signifies a “sincere marriage” and the Cornflower (Centaurea cyanus) signifies a “beautiful bride”.  The Flora, goddess of flowers, standing on the left of Chloris, holds full of roses in her arm, scattering them around with her right hand.  The rose means “winning love”.  The Carnation (Dianthus superbus), found in the pattern of her dress, means “marriage”.  At that time, there was a local custom where a bride hid a carnation at the wedding and let the bridegroom to find it and touch her.

Image: Wikipedia
Flora

また、フローラの髪飾りにあるケシ(No.34)やヒナギク(No.13)の花は、昔からよく花占いに使われていたことから、「愛のリトマス紙」とか「愛の証し」とかを表しています。彼女の首飾りにみられるザクロの花(No.33)とミルテ(No.29)の葉は、互いに別れては生きられないほど「深く愛し合う」という「不滅の愛」を象徴しています。

The Garden poppy (Papaver somniferous) and the Daisy (Bellis perennis) in Flora’s hair accessory had often been used in the flower fortune-telling, signifying “litmus paper of love” or “proof of love”.   The Balaustine (Punica granatum) and the leaves of the Myrtle (Myutus communis) in her necklace mean inseparably deep love, “immortal love”.

Image: catalogue
Chloris

再びクローリスに注目してみましょう。彼女の足元にあるマーガレット(No.8)の花は「処女性」を示し、マツヨイセンノウ(No.2)はラテン名が「処女の光明」を意味するとことから、「少女を愛の神秘に導く」花とされています。またクローリスやフローラの足もとに咲くニオイスミレ(No.40)は「愛の花」ですし、アイリス(No.21)も「結婚」と関係があります。アイリスは、フローラが春を告げる西風ゼフュロスとの結婚後に創造した花だからです。アイリスはフィレンツェの象徴の花でもありました。

Image: catalogue
Flora

Let’s look at Chloris again.  The Marguerite (Chrysanthemum leucantheumum) at her feet means “virginity”, Lychnis alba Mill, means “virgin’s light” in the Latin, is regarded as a flower “leading a girl to the mystery of love”.  The Sweet violet (Viola odorata) at feet of Chloris and Flora is a “flower of love”, and the fleur-de-lis (Iris germanica) is related to “marriage”.  The iris was created by Flora after she married the spring-messenger Zephyrus, the west wind.  The iris is also a symbol flower of Florence.