Tags

, , , , ,

This is about the tapestries exhibited in the National Museum of Middle Ages in Paris.  Original English text from the museum website with Japanese translation.

パリのクリューニー中世美術館にあるタペストリーです。美術館のウェブサイトから、英語の原文と訳です。

***

The Lady and the Unicorn

貴婦人と一角獣

Paris (cartons), Netherlands (fabric weaving)
Between 1484 and 1500
Wool and silk
Acq. 1882 ; CL 10831-10834

パリ(下絵)、オランダ・フランドル(織物制作)
1484年から1500年
毛織物と絹
取得:1882年、所蔵番号:10831-10834

The Lady and the Unicorn tapestry, discovered in 1841 by Prosper Mérimée in Boussac castle, then the subprefect of the Creuse, became an immediate legend thanks to the works George Sand. Purchased in 1882 by Edmond Du Sommerard, it was the subject of studies which identified its origin, inconography, and style. The tapestry is complete with its six pieces. Five of them illustrate each of the five senses. The sixth “To My Only Desire” stands out.
Fabulous animals, the lion and the unicorn, wear armour which identifies the sponsor as Jean Le Viste, a powerful personage close to King Charles VII. Familiar animals, a rabbit, birds, a monkey, inhabit the background of the tapestries and create a dream-like universe.

「貴婦人と一角獣」のタペストリーは、1814年にプロスペル・メリメ(フランスの作家、歴史家、考古学者、官吏)が、当時フランス中部の町クルーズの小区にあったブサック城で発見し、作家ジョルジュ・サンドが作品で取り上げて、一躍有名になった。エドモンド·デュ·ソムラール(中世・ルネサンス美術の初期収集家)が1882年に購入して、研究の対象となり、由来、図像学、様式が特定された。このタペストリーは6枚つづりで、うち5枚は五感の寓意を表し、6枚目の「我が唯一の望みに」が際立っている。架空の動物、ライオンと一角獣は紋章を身につけていて、そこから、国王シャルル7世に近い有力者ジャン・ル・ヴィステが依頼主であることが判明した。ウサギ、鳥、サルなど身近な動物が、タペストリーの背景に生息していて、夢のような世界を醸し出している。

クルーズのブサック城

<Uploaded by on Feb 8, 2011>

Taste” : the lion and the unicorn frame the Lady who, eyes turned towards a parrot in her right hand, is taking a sweet from the candy dish offered to her by her servant. Her little dog follows her every move, whilst at her feet a leering monkey, eating a berry or a candy, highlights the significance of the scene.

味覚」:貴婦人は、両脇にライオンと一角獣を従え、右手にとまっているオウムに目を向け、侍女が差し出すお皿からひとつお菓子を摘んでいる。子犬が貴婦人の動きを追いかけ、足元では横目で見ているサルが、ベリーかお菓子を食べていて、味覚を強調している。

Image: musee-moyenage.fr The Lady and the Unicorn. “Taste” detail

Sight” : in a familiar manner, the unicorn has placed its front paws on the Lady’s knees and looks at its reflection in a mirror she holds.

視覚」:一角獣が、打ち解けた態度で、前足を貴婦人の膝の上にのせ、差し出された鏡で自分の姿を見ている。

Image: musee-moyenage.fr The Lady and the Unicorn. “Sight”

Touch” : The Lady, superbly attired, holds a flag in one hand and pets the unicorn with the other.

触覚」:豪華に装った貴婦人は、片方の手で旗を持ち、もう片方の手で一角獣をなでている。

Image: musee-moyenage.fr The Lady and the Unicorn. “Touch”

Smell” : the Lady is making a flower chain. Behind her, the monkey once again provides the key to this allegory: he is inhaling the perfume of a rose he stole from her basket.

嗅覚」:貴婦人が花の鎖を作っている。その後ろで、サルが再度この寓意の手掛かりを提供している。サルは、貴婦人の花かごから盗んだバラの香りを嗅いでいる。

Image: musee-moyenage.fr The Lady and the Unicorn. “Smell”

Hearing” : the Lady plays a portable (or positive) organ placed on a table covered with a Turkish rug. The lion and the unicorn frame the scene and appear as decorative patterns on the organ’s side facings.

聴覚」:貴婦人が、トルコ絨毯で覆ったテーブルに置かれた持ち運び用オルガン(または、小型パイプオルガン)を奏でている。ライオンと一角獣が両脇に控え、オルガンの方を振り向き装飾的模様を形作っている。

Image: musee-moyenage.fr The Lady and the Unicorn. “Hearing”

To My Only Desire
我が唯一の望みに

The meaning of the sixth tapestry (The Sixth Sense?) is not so easily grasped: the Lady appears before a tent with the inscription “To my only desire” and seems to be placing her necklace into a case held out by her servant. Is it the first or the last in the series on the five senses?

6番目のタペストリー(第六感?)の意味は、容易には理解できない。貴婦人が、「我が唯一の望みに」という銘記のあるテントの前に姿をあらわし、侍女が持つ宝石箱に首飾りを入れようとしているように見える。これが、五感の続き物のはじまりなのか、それとも、終わりなのであろうか。

Image: musee-moyenage.fr The Lady and the Unicorn Tapestry: “To My Only Desire”

The Lady with the Unicorn’s reputation also comes from the harmony of the range of colours. A limited number of shades is sufficient to create poetic enchantment. The dark blue rounded “island” which provides the stage of the scene is covered in perennial flowers, and the vermillion background is filled with blooming branches. This part was common in the Middle Ages, according to texts, in the absence of the pieces, so often gone forever. This marvellous decoration brings out the elegance of the young lady, who appears in different costumes and attitudes. The clothing’s splendour and the precious jewels add even more to the beauty of the piece.

「貴婦人と一角獣」は、多様な色遣いの美しい組み合わせでも、評判が高い。限られた陰影で、十分に詩的魅力を引き出している。丸い紺色の「島」は、多年生の花々で覆われ、それぞれの場面の舞台となり、朱色の背景は花盛りの枝で満ちている。この部分は、一部が永遠に失われてしまっている文献によると、中世によく制作された絵柄だった。この驚嘆すべき装飾が、異なる衣装と動きで表現された若い貴婦人の優美さを、ひと際引き立たせている。衣装の豪華さや貴重な宝石が、作品の美しさをなお一層際立たせている。