Tags

, , , , ,

It is an article about a ceremony held in 2004 for Louis Chareles, a son of Louis XVI and Marie Antoinette.  Original English text from The Telegraph with Japanese translation.

2004年に執り行われた、ルイ16世とマリー・アントワネットの王子ルイ・シャルルのための式典に関する記事です。The Telegraphから英語の原文と、訳です。

***

Tragic French boy king’s heart finds a final resting place after 209 years

悲劇の幼いフランス国王の心臓、209年目にようやく永眠の地へ

By Philip Delves Broughton in Paris
文;プィリップ・ドルヴ・ブラウトン、パリ

12:01AM BST 08 Jun 2004
2004年6月8日 英国時間午前12:01

Image: chateauversailles.fr

The pickled heart of Louis XVII, the youngest son of Louis XVI and Marie-Antoinette, will be buried today in the royal crypt at Saint-Denis 209 years to the day after the boy died, aged 10, orphaned and imprisoned by the revolutionaries.

国王ルイ16世と王妃マリー・アントワネットの王子ルイ17世の心臓が、今日、サンドニ大聖堂の王室地下埋葬室に安置される。革命派によって、孤児となり幽閉されて、10歳で亡くなってから[2004年は]ちょうど209年目に当たる。

The heart, encased in a glass egg and in size and appearance resembling a dried mushroom, was on display yesterday in the church of Saint-Germain l’Auxerrois, opposite the Palais du Louvre, and formerly the parish church of the kings of France.

その心臓は、卵形のガラスの容器に入れられ、大きさも見た目も乾燥したマッシュルームに似ている。昨日、ルーブル美術館の向かい側にある、元フランス王家の教区教会であったサンジェルマン・ロクセロワ教会に、一時安置された。

It drew dozens of royalists who gathered to pray kneeling in front of it.

大勢の王党派が集まって、その前に跪き祈りを捧げた。

Although it is a curious-looking object of veneration, by late afternoon admirers had left a mountain of flowers and scores of candles on the stone floor.

興味深い外見の崇拝の対象だったが、夕方近くには、参拝者が捧げた花束とロウソクで石の床がいっぱいになった。

Today, the heart will be transferred to the Saint-Denis basilica, the traditional burial place for France’s kings and queens, including Louis XVII’s parents, whose ashes were transferred there in 1815.

本日、この心臓は、伝統的にフランス王家の墓所であるサンドニ大聖堂に移動する。この墓所には、ルイ17世の両親の遺骨も、1815年に改装された。

The burial was finally approved by the French culture ministry earlier this year after DNA tests proved the heart really did belong to the Louis XVII. Comparison samples were taken from his descendants, members of the Bourbon-Parme family, and a strand of Marie-Antoinette’s hair.

この埋葬は、DNA鑑定の結果ルイ17世の心臓であると証明されたことを受けて、ようやく年初にフランス文化相が承認した。比較するサンプルは、子孫であるブルボン=パルマ家の家族と、マリー・アントワネットの遺髪から取られた。

In a report submitted to the ministry, the historian Jean Tulard wrote: “This heart is undoubtedly that of a Habsburg and almost certainly that of Louis XVII. We can never be 100 per cent sure but this is about as sure as it gets.”

歴史研究者ジャン・トゥラール博士は、文化省に提出した報告書に記述している:「この心臓は、疑いの余地なくハプスブルグ家のもので、ほぼ確実にルイ17世のものである。100%確実とは誰にも言えないが、まず、間違いない。」

Prince Carl-Emmanuel de Bourbon-Parme, who has overseen the ceremonies for the burial, said: “This will not be a royalist celebration, but a symbol of the reconciliation of the French with their history, regardless of their political affiliations.”

この埋葬式典を取り仕切っているブルボン=パルマ家のカール・エマニュエル殿下が、語っている。「これは、王党派の式典ではありません。政治的立場を超えて、フランスがその歴史と和解する象徴なのです。」

The ceremonies are also being billed as a means of raising awareness about the lot of unhappy and mistreated children. Children from Saint-Denis, one of Paris’s less salubrious suburbs, have been invited to today’s Mass.

この式典は、また、多くの恵まれない子どもや虐待を受けた子どもについて、人々の意識を高める目的で開催される。パリの郊外で環境があまりよくないサンドニ地区の子どもたちが、今日のミサに招待されている。

Louis XVII was born in 1785 and was only four at the time of the revolution. He was imprisoned with his parents in 1792 and became the uncrowned king when his father was beheaded in January 1793.

ルイ17世は1785年生まれで、革命勃発当時わずか4歳だった。1792年に両親と共に監禁され、1793年に父親が断頭台で亡くなると、無冠の国王となった。

He spent his final two years in prison at the mercy of his revolutionary guards, dying of tuberculosis in 1795.

革命派の牢番に翻弄されながら最後の2年間を牢獄で過ごし、1795年に結核で亡くなった。

A doctor who attended his post mortem examination stole his heart and kept it in a jar filled with alcohol in his library. Historians have traced the heart’s extensive travels around Europe over the past 200 years and believe that it does belong to Louis XVII.

死体解剖に立ち会った医師が心臓を秘かに抜き取り、瓶にアルコール付けにして自宅の図書室に保管した。歴史研究者が、過去200年間をさかのぼり足跡をヨーロッパ中で調査し、これがルイ17世の心臓であると確信した。

At the Mass today, the heart will be carried through the basilica by the 12-year-old Prince Amaury de Bourbon-Parme, and placed in a niche beside the tombs of Louis XVI and Marie-Antoinette.

今日のミサでは、ブルボン=パルマ家の12歳のアモリー王子が、この心臓を大聖堂のミサで捧げ持ち、ルイ16世とマリー・アントワネットの墓石の横にある壁龕に納める。

Image: forum.alexanderpalace.org
A Mass is celebrated in memory of Louis XVII in the Saint-Denis Basilica, outside Paris, Tuesday, June 8, 2004.

Image:telegraphindia.com
Amaury de Bourbon de Parme, who is related to Louis XVII, at Saint Denis Cathedral, Paris. (Reuters)

Image:landrucimetieres.fr
Carditaphe de Louis XVII – Saint-Denis

Image: awesomestories.com
Louis XVI and Marie Antionette – Burial Site

Facebook post about this ceremony by Institut de la Maison Bourbon.