Tags

, , , , , , , ,

I saw “La Vie de Marie Antoinette” exhibition in the Sogo museum in Yokohama.  One of the pieces that I was fascinated by was a little spinning top that Louis Charles played with in the Temple Tower.  It was noted that the toy was owned by Count Jean de Bearn.  I hopefully believe that Pauline de Tourzel is the ancestor of the de Bearn family.  Original English text from Wikipedia with Japanese translation.

そごう美術館で「マリー・アントワネット物語」展を見ました。展示品の中に、王太子シャルルがタンプル塔で遊んだこまがありました。大変興味をそそられました。このウィキペディアに載っているポリーヌ・ド・トゥルゼルが、こまの持ち主のご先祖さまなのではと期待をこめて推測しました。ウィキペディアの英語の原文に訳です。

Image: musee.louis.xvii.online.fr/
Toton en bois, 3 cm, offert au Dauphin par Pauline de Tourzel.

***

‪Pauline de Tourzel‬

ポーリーヌ・ド・トゥルゼル

Pauline de Tourzel, was the Daughter of the Marquise de Tourzel, Louise-Félicité-Joséphine de Croŷ d’Havré, the last governess of Louis XVI and Marie Antoinette’s children, who later, as Comtesse de Bearn, became a lady-in-waiting to the only survivor of the immediate royal family, Madame Royal, Marie Thérèse. Pauline was present during the final traumatic months of Louis XVI and Marie Antoinette, observer to the French Revolution and survived to see their daughter return twice during the Bourbon Restorations.

ポリーヌ・ド・トゥルゼルは、国王ルイ16世とマリー・アントワネットの子どもたちの教育係だったトゥルゼル公爵夫人ルイーズ・フェリシテ・ジョセフィーヌ・ド・クロイダヴレの娘で、後にベアルン伯爵夫人となり、国王一家で唯一の生存者マダム・ロワイヤル、マリー・テレーズの女官となった。ポリーヌはルイ16世とマリー・アントワネットの衝撃的な最後の数ヶ月に立ち会い、フランス革命を見つめ、生きのびてブルボン王朝の王政復古時にマダム・ロワイヤルが2度帰国するのを見守った。

Experiences during the Revolution

革命期の体験

Following her mother’s appointment as governess to the children of France, Pauline lived intimately with the royal family at the Tuileries Palace. She is said to have giggled at the humour of the Comtesse de Provence, dined with the royal family, and was taught billiards by King Louis XVI himself despite not being formally presented at court, much to the horror of Mesdames Tantes Madame Victoire and Madame Sophie. The royal family, Louis XVI, Marie Antoinette, their two children, the king’s sister, Madame Elizabeth, the Queen’s close friend the Princesse de Lamballe, and Pauline’s mother, the children’s governess, fled to safety, seeking refugee with the deputies of the National Assembly moments before the storming of the Tuileries by a Parisian mob. The Princess de Tarante offered to look after Pauline, who was to stay behind with the other women that still served, whilst her mother went with the royal family to Hôtel de Ville, seeking refuge with the National Assembly. Pauline herself suggested that the ladies remaining in the Tuileries illuminated their rooms to prevent the Sans cullotes mistaking them for soldiers and being attacked, rather than attempting to hide in the dark.

母が王室の子どもの教育係に任命されると、ポリーヌはチュイルリー宮殿の国王一家の身近で毎日を過ごした。伝えるところによると、ポリーヌは、正式に宮廷で拝謁を許されていなかったにもかかわらず、プロヴァンス伯爵夫人のユーモアにクスクス笑い、国王一家と食事を共にし、国王自身からビリヤードを教わった。それは、マダム・タント(国王の4人の未婚の叔母)であるマダム・ヴィクトワール、マダム・ソプィーにとっては、恐ろしいことだった。国王一家、ルイ16世、マリー・アントワネット、王女と王太子、王の妹マダム・エリザベス、王妃の親しい友人ランバール妃、子ども達の教育係は、パリの暴徒がチュイルリー宮殿を襲撃する直前に脱出し、国民議会の代議士に庇護を求めた。母親が国王一家と共に市庁舎に向かった一方、ポリーヌは他の女官と共に宮殿に残ることになり、タランテ妃が擁護を申し出た。ポリーヌはというと、サンキュロット(平民)が兵士と間違えて襲ってこないように、暗闇に身を隠すのではなく、部屋に明かりを灯すようチュイルリー宮殿に残った女官たちに助言した。

Pauline rejoined her mother and the royal family at the convent where the assembly had detained them on the following day, escaping the massacre at the Tuileries with only the clothes on her back. Pauline accompanied the Royal family when they were transferred into the Temple Prison where she slept in the kitchen with Madame Elizabeth. On the 19th of August Pauline along with her mother, The Marquise de Tourzel and the Princesse de Lamballe were removed to the La Force Prison for interrogation, following interrogation Pauline was spirited away by a mysterious English gentleman, soon joined by her mother following her acquittal, the Princesse de Lamballe, was not as lucky, and after being found guilty of crimes against the republic, was given to mob, raped, mutilated and massacred.

ポリーヌは、着るものだけをはおって、チュイルリーの大虐殺から脱出し、翌日、国民議会が国王一家と母親を留めた修道院で合流した。国王一家がタンプル塔に移された時にポリーヌも同行し、マダム・エリザベスと共に台所で寝起きした。8月19日、ポリーヌと母、ランバール妃は、取り調べのためにラ・フォルス監獄に移され、取り調べの後、ポリーヌは謎の英国人により秘かに連れ去られ、母親も無罪判決が出てすぐに合流した。ランバール妃はそのような幸運に恵まれず、共和国に対する有罪判決が下り、暴徒に引き渡されると、陵辱を受け切断され殺害された。

ヴィジェ・ルブラン《王妃マリー・アントワネットと子供たち》1786-1787年 ジャン・ド・ベアルヌ伯爵蔵

Image: Sogo department

Relationship with the Dauphin, Louis-Charles

王太子ルイ・シャルルとの間柄

Pauline de Tourzel was adored by the dauphin Louis-Charles, who found in her a more playful alternative to his Governess, her mother, the Marquise de Tourzel, whom he was to nicknamed Madame Severe, the two were said to play endless games during the families house arrest in the Tuileries. Pauline was crucial in persuading the young daupin to be dressed in girls clothes for the Royal Families flight to Varennes, convincing the shy young boy that it was all part of a wonderful game of soldiers. During the royal families refuge with the deputies of the National Assembly he cried constantly worrying about the fate of his beloved Pauline following the massacre at the Tuileries, only ceasing when they were reunited at the convent.

ポリーヌ・ド・トゥルゼルは、王太子ルイ・シャルルのお気に入りで、マダム・セヴィア(厳しい)と呼んでいた母親で教育係のトゥルゼル公爵夫人に比べて、はしゃぐところが好まれていた。一家がチュイルリー宮殿で軟禁状態にあったとき、2人は何時間もゲームで遊んだと伝わる。ポリーヌは、国王一家がバレンヌへ逃亡を計ったとき、幼い王太子に女の子の恰好をするよう説得するのに重要な役割を果たした。恥ずかしがる王太子に、これは、兵士のカッコいいゲームの一部なのだと納得させた。王太子は、国王一家が国民議会の代議員の援助で避難している間、大虐殺のあったチュイルリー宮殿にいる大好きなポリーヌの身を案じて、ずっと泣いていた。修道院で再会して、やっと泣き止んだ。

Relationship with Madame Royale, Marie Thérèse

マダム・ロワイヤルマリー・テレーズとの間柄

During her time in the Tuileries and later the Temple Prison, Pauline developed an intimate friendship with Marie Antoinette’s eldest daughter who was only a few years her junior. She continue to visit Marie Thérèse throughout her confinement in the Temple Prison and continued to write to her during her exile, sending her a flower from the grave of her parents. Pauline and Marie Thérèse were reunited on 29 April 1814 at the Palace of Compiegne following the Bourbon restoration. Pauline became to Marie Thérèse and went with her to the graves of her parents Louis XVI and Marie Antoinette. She accompanied Marie Thérèse on her trip around France, to provinces like Bordeaux but was eventually parted from her on 3 August 1830 following the abdication of Charles X.

チュイルリー宮殿や後のタンプル牢獄にいる間、ポリーヌは、わずか数歳年下のマリー・アントワネットの長女と、親しく友情を育んで行った。その後も、マリー・テレーズがタンプル牢獄に幽閉されている間は何度も訪問し、亡命中は手紙を書き続け、両親の墓地からお花を送り続けた。ブルボン王朝が王政復古を果たすと、ポリーヌは、1814年4月29日にコンピエーニュの宮殿で、マリー・テレーズと再会した。マリー・テレーズが、ルイ16世とマリー・アントワネットの墓地に詣でるときに付き添った。ポリーヌは、マリー・テレーズがフランス国内、ボルドーなどの地方を旅する時に同行した。だが、シャルル10世が退位すると、1830年8月3日、ついに別離の時が来た。

Advertisements