Tags

, , , , , , , , , , , ,

The royal family after the French Revolution.  Original English text from Cathedral Basilica of Saint-Denis in Centre Des Monuments Mationaux website.

フランス革命後の王家がどうなったのか。このウェブサイトから、英語の原文と訳です。

***

The Revolution
フランス革命

Image: Wikipedia

The abbey was dissolved in 1792. In 1793, following the death of Louis XVI, Deputy Barère demanded the destruction of the “monuments to feudalism and the monarchy” in Saint-Denis. Thus the Revolution launched an attack on the symbolic powers of vestiges of the Ancien Régime. France was at war and needed metal for the manufacture of weapons.

サンドニ大聖堂は、1792年に廃止された。1793年、ルイ16世の死後、代議士バレール*は、サンドニの「封建制度や王家のモニュメント」を破壊するよう要求した。こうして、フランス革命は、旧体制の権力を象徴する形跡を攻撃した。フランスは他国との戦争状態にあり、武器工場は金属を必要としていた。

*ベルトラン・バレール・ド・ヴューザック (1755-1841):フランスの政治家でジャーナリスト。革命期の公安委員会の最もよく知られた代議士。国王ルイ16世の裁判で尋問を行い、有名な言葉を残した。「自由の木は、暴君の血を注いで初めて成長する。」

The lead roof of the Basilica was melted down, as were several metal plaques and tombs. In Saint-Denis it was not the angry populace which carried out the destruction, but the government, the Convention, which in August 1793 hired an entrepreneur and workers to dismantle the tombs and destroy some of them.

バジリカの鉛屋根は溶解し、金属のプレートや墓も同様の運命をたどった。サンドニでは、破壊行動を実行したのは、怒りに満ちた民衆ではなく政府である国民公会で、1793年8月に請負人と労働者を雇い入れ、墓標を解体しその一部を破壊した。

In the autumn of 1793, the royal remains were exhumed and put into two mass graves excavated in the cemetery to the north of the abbey church, land which is now the Jardin Pierre de Montreuil. Armed with picks and crowbars the workers attacked the coffins. An official report on the exhumations was drawn up by a former Benedictine monk from Saint-Denis, Dom Poirier, a scrupulous and detached witness of the events. The first remains exhumed were those of Henri IV. The Vert-Galant was so well preserved by natural mummification that he was put on display for two days by a pillar in the crypt. Louis XIV was as black as ink. Louis XV had been carefully wrapped in linen and strips of material and seemed to be in good condition. But as soon as the body was lifted out it dissolved in “liquid putrefaction”. Today, none of these tombs contain any remains.

Image: saint-denis.monuments-nationaux.fr

1793年8月に、王家の遺体は掘り起こされ、教会北側の共同墓地に掘った2カ所の大型の場所に移された。現在のピエール・ド・モントルイユ庭園である。労働者は、つるはしとバールで棺をこじ開けた。元サンドニ・ベネディクト会修道士ドム・ポワティエは、遺体発掘の公式報告書を作成し、綿密で客観的な証言を残している。最初に発掘されたのは、アンリ4世だった。ヴェール・ギャラン(粋人)と呼ばれたアンリ4世は、自然にミイラ状態になっていて保存状態がよく、遺体安置所の柱の側に、2日間展示された程だった。ルイ14世は、インクのように黒かった。ルイ15世は厳重にリネンと材料片で包まれ、状態は良好に見えた。ところが、遺体が持ち上げられるや否や、「液状の腐敗物」と化した。現在では、これらの墓に遺体は納められていない。

After the exhumations the abbey became a storage warehouse. Chateaubriand, in his “Génie du Christianisme”, describes the ruin: “Saint-Denis is deserted. Birds fly in and out, grass grows on its smashed altars and all one can hear is the dripping of water through its uncovered roof”. The desire, never fulfilled, of Napoleon I to be buried there prompted restoration work to be undertaken from 1806. Services were resumed in 1802.

発掘の後、教会は倉庫になった。シャトーブリアンは、その著書「キリスト教精髄」にこの廃墟を書き残している。「サンドニは荒れ果てた。鳥が飛び交い、潰された祭壇に雑草が茂り、聞こえるのは覆いのない屋根からしたたり落ちる水滴の音のみ。」ナポレオン1世が、叶えられることはなかったが、ここに葬られることを切望しそれが引き金となって、1806年から修復工事が開始された。ミサは1802年から始められた。

Louis XVIII and the return of the monarchy

ルイ18世と王政復古

In 1814, Louis XVIII ascended to the throne. The king commissioned relentless work on restoring to the basilica its character as a royal necropolis. He first ordered a search in the adjacent cemetery for the ashes of the kings exhumed by the Revolutionary authorities. After a week of work, several royal remains were unearthed and placed in an ossuary, which can still be seen in the crypt today.

1814年にルイ18世が即位した。国王は、教会が王家の墓所に復帰するよう、徹底した復旧作業を命じた。まず最初に命じたのは、革命政府が掘り起こした国王の遺骨を、隣接する墓所で探し出すことだった。1週間の作業の後、複数の王家の遺骨が掘り出され、納骨堂に納められた。今日でも、地下遺体安置所で見ることができる。

On January 21, 1815, the anniversary of the death of Louis XVI, he decided to transfer to Saint-Denis, with great ceremony, from the cemetery of the Madeleine (now the Chapelle Expiatoire) the ashes of the guillotined king and of Marie-Antoinette. He also had returned the remains of Louis VII and Louise de Lorraine, the wife of Henri III. The six marble tombstones in the crypt were made in 1975 as a testimony of the re-burials. One of them, bearing no inscription, was intended to mark the grave of Charles X, the brother of Louis XVI and Louis XVIII, who died in exile in 1836 and was buried in a monastery in present-day Slovenia near Gorizia. It had been intended to return his ashes and remains some years ago but the plan came to nothing.

Image: Wikipedia

1815年1月21日、亡きルイ16世の命日に、盛大な儀式を催して、ギロチンで亡くなった国王とマリー・アントワネットの遺骨を、マドレーヌの墓地(現在のチャペル・エクスピアトワール)からサンドニに、移送することを決定した。また、ルイ7世とアンリ3世の王妃ルイーズ・ロレーヌの遺骸も、戻すことにした。1975年に、その再埋葬の証に、6つの大理石墓石が地下埋葬所に制作された。その中の一つには銘文がないが、1836年に亡命先で亡くなり、イタリア・ゴリツィアの近く現在のスロベニアにある修道院に埋葬された、ルイ16世とルイ18世の兄弟、シャルル10世の墓石とされた。数年前、シャルル10世の遺体をフランスへ戻す計画が立てられたが、実現していない。

On June 8, 2004, the Mémorial de France organised the placing during a high mass of what was presumed to be the heart of Louis XVII, the son of XVI and Marie Antoinette, in the Bourbon family crypt. The symbolic date was chosen as a commemoration of the death of the “child of the Temple” on June 8, 1795, or 20 Prairial Year II of the Revolutionary calendar. The heart is now laid to rest in the cenotaph built at the request of his uncle and successor Louis XVIII.

2004年6月、メモリアル・ド・フランスは、ルイ16世とマリー・アントワネットの王子、ルイ17世の心臓とされているものを、ブルボン家の遺体安置所に埋葬する盛大なミサを執り行った。「タンプル棟の子ども」が亡くなった1795年6月8日、または、革命暦の草月20日を記念して、象徴的な日が選ばれた。その心臓は、現在、叔父で王位継承者のルイ18世の命令で制作された慰霊碑に安置されている。

Save