Tags

, , , , , , , ,

An article about Pre-Raphaelites.   Original English text from The Telegraph with Japanese translation. You can find the whole text here.

ラファエル前派に関する記事です。きのうからのつづきです。The Telegraphに掲載されている英語の原文と、その試訳です。

***

Pre-Raphaelites, Tate Britain exhibition: visions that tell us who we are

テートブリテン展覧会のラファエル前派:自分は何者かを語るビジョン

By Mark Hudson
8:39AM BST 12 Sep 2012

文:マーク・ハドソン
英国時間 2012年9月12日8:39AM

<Continued>

Part of our problem in understanding Pre-Raphaelitism lies in the way it has become conflated in the popular mind with a mass of related phenomena such as Art Nouveau, the Aesthetic Movement, and fin-de-siècle Symbolism – all of which were influenced by Pre-Raphaelitism, to the extent that just about any romantic Victorian painting tends to be thought of as Pre-Raphaelite.

<承前>

ラファエル前派を理解する上で問題となるのは、世間一般で、アールヌーボーや審美運動、世紀末象徴主義のような、一連の関連する現象とともに一括にする見方にある。それも、すべてがラファエル前派の影響を受けており、ロマンチックなヴィクトリア朝絵画であればどれも、ラファエル前派の作品と見られている程だ。

Asked to name a Pre-Raphaelite painting many would opt for John William Waterhouse’s dreamily mournful The Lady of Shalott which was painted much later (in 1888) and has none of the Pre-Raphaelites’ fiercely observed detail.

ファイル:JWW TheLadyOfShallot 1888.jpg

Image: Wikipedia

ラファエル前派の中から一人選ぶように問われると、多くの人がジョン・ウィリアム・ウォータハウスの夢のように悲しげな「シャロットの女」を選ぶが、この絵はかなり後(1888年)に描かれた上、ラファエル前派の厳格に観察した細密描写が見られない。

The best Pre-Raphaelite art has a uniqueness of vision, extraordinary purity and intensity. Millais’s Christ in the House of His Parents – in many ways the quintessential Pre-Raphaelite painting – harks back to the early Renaissance in its shallow perspective and even light, though it doesn’t look much like a 15th-century painting.

ファイル:Sir John Everett Millais 002.jpg

Image: Wikipedia

ラファエル前派の特徴は、構想の独自性、たぐいまれな純粋性と激しさだ。ミレイの「両親の家のキリスト」は、多くの面でラファエル前派絵画の神髄で、奥行きのない遠近法や光の表現でさえ、初期ルネサンスを彷彿とさせるが、あまり15世紀の絵画には見えない。

The fact that this image of a carpenter’s workshop, which radiates simplicity and sincerity, was universally condemned (“plainly revolting… a nameless atrocity”) only helped foster the group’s unity.

この大工の職場の絵は、簡素さと誠実さに溢れているが、(「極めて不快だ、言語道断の残虐性と)広く非難され、仲間をより結束させるだけだった。

Yet this highly crystallised collective vision was short-lived. The Brotherhood dissolved after just five years into divergent tendencies. Hunt and Millais came to represent the realist wing, their work characterised by sharp lines and intense colour. Rossetti, Burne-Jones and William Morris took a more romantic path, retreating into a dreamy, medievalist netherworld populated by auburn-haired femmes fatales – turning out images that were far removed from the original Pre-Raphaelite imperative to “paint what you see”.

ただ、このもっとも結晶化した集合的構想は、長くは続かなかった。仲間はわずか5年で意見が不一致になる傾向が現れ、散り散りになった。ハントとミレイは現実主義派を代表するようにり、その作品は、明瞭な線と強烈な色彩に特徴がある。ロゼッティ、バーン・ジョーンズ、ウィリアム・モリスは、ロマンチックな表現に傾き、とび色の髪の怪しい魅力を持つ女性が登場する、夢のような中世賛美的冥府の中に退いて、ラファエル前派の原点である「見たままを描く」という原則からかけ離れることになった。

If the Pre-Raphaelites were painting in the open air 15 years before the Impressionists, as Rosenfeld points out, a comparison of the approaches of the two schools shows how variously the idea of “painting what you see” can be interpreted.

もし、ラファエル前派が印象派より15年前に戸外で絵を描いていたら、ローゼンフェルド氏が指摘するように、この2つの学派の描き方を比較すると、「見たままを描く」という考え方が、様々に解釈されたことだろう。

Whereas the Impressionists’ deadpan, optical view feels to us implicitly modern; with the Pre-Raphaelites there’s always a story. While contemporary audiences found these narratives worryingly oblique, to the modern viewer they are telegraphed with all the blatancy of a Hollywood movie. And whether they’re taking place in biblical times or 19th-century London, the characters in them all look Victorian.

印象派の真面目くさった視覚的構想が、それとなく近代的に思える一方、ラファエル前派には、常に物語性がある。同時代人には、そのような語りが困るほど曖昧だったのが、現代ではハリウッド映画の騒々しさと共に伝えられる。また、舞台が聖書の主題であろうと、19世紀のロンドンであろうと、登場人物はみなヴィクトリア朝に見える。

ファイル:Hunt Light of the World.jpg

Title: Wikipedia

“The Pre-Raphaelites have to be seen as part of the full pageant of 19th-century life,” says Rosenfeld. “As storytellers, they’re the equal of Dickens, Walter Scott or Thomas Hardy. They weren’t interested in being alienated artists removed from society. They wanted to make their mark within it. A painting like Hunt’s The Light of the World was seen everywhere in Victorian Britain and throughout the empire. It’s part of the story of the expansion of British society.”

ローゼンフェルド氏によると、「ラファエル前派は、19世紀という時代の壮大な歴史の一部として見る必要があります。物語作者としては、ディケンズやウォルター・スコット、トーマス・ハーディに匹敵します。社会からはじき出された阻害された芸術家になろうとしたのではありません。社会に足跡を残したかったのです。ハントの「世の光」のような絵画は、ヴィクトリア朝の英国や大英帝国のどこにでもありました。英国社会の拡張物語の一翼を担っていたのです。」

ファイル:William Holman Hunt - The Awakening Conscience - Google Art Project.jpg

Image: Wikipedia

Yet however much you dress it up in historical context, it’s difficult to escape the fact that the conjunction of Hunt’s painting and its companion piece, The Awakening Conscience, prove challenging for today’s viewers.

ただ、歴史上の意味でいくら飾り立てても、ハントの絵画と対になった作品「良心の目覚め」の組み合わせは、現代の目には不可解であることを証明している事実から逃れられない。

In The Light of the World the figure of Jesus, bathed in an eerie greenish glow, is seen knocking on a long unopened door, while in The Awakening Conscience, a kept woman – in essence a prostitute – seated on the knee of her lover looks upward, the light of a newly awakened morality in her eyes.

「世の光」では、イエスの姿が不気味な緑がかった光を浴びて、ずっと開くことのない扉をたたき、一方、「良心の目覚め」では、売春婦らしき愛人が、上を見ている相手の膝に座り、目には道徳心に目覚めたばかりの光を浮かべている。

Yet if this unabashed meeting of high moralising and overt religiosity appears far removed from the aesthetic concerns of today, art’s imperatives have shifted in a way that favours a reappraisal of the Pre-Raphaelites.

この高度に道徳化した明らかな宗教性の臆面もない組み合わせが、今日の美的関心からかけ離れて見えるとしたら、芸術の規範はラファエル前派を再評価する方向にシフトしたのだ。

The preoccupation with form that dominated art in the 20th century has long since given way to an interest in narrative and subjectivity – seen not least in the work of the Young British Artists.

20世紀の美術を支配していた形へのこだわりは、物語性や主観性への嗜好に取って代わられて久しい。それは、特に、ヤング・ブリティッシュ・アーティストの作品に多く見られる。

Rather than attempt to be sufficient unto itself in the Modernist spirit, much art today illustrates themes, looking towards other forms – literature, music and film – in a way that makes the Pre-Raphaelites feel peculiarly relevant.

モダニスト精神で自己満足を試みるよりは,今日の大半の美術は,文学や音楽、映画など他の形態を見すえながら、ある意味、ラファエル前派が妙に関連性があるように思えるテーマを描写している。

Our attitude towards their art reflects an odd awkwardness towards our own culture – particularly in relation to the visual arts.

ラファエル前派に対する私たちの態度は、私たち自身の文化、特にビジュアルアートに関連した文化に対する異様な気まずさを映し出している。

Now feels a perfect moment to look again at this most British of art movements, and to immerse ourselves in the world that created them, in all its familiarity and opulent strangeness. Rather than rejecting the Victorian-ness of Pre-Raphaelite art, we should be looking further into it to get a deeper sense of who we are.

この芸術運動の中でも最も英国的な運動を見つめ直すのに、今が完璧なタイミングだ。親しみも大きな違和感もすべて含めて、この芸術を作り出した世界に浸り切るのに最も適したタイミングだ。ラファエル前派のヴィクトリア朝らしさを拒絶するのではなく、さらに詳しく見ていって、深い意味で私たちが何者なのかを探るのだ。

Pre-Raphaelites: Victorian Avant-Garde is at Tate Britain, London SW1 (020 7887 8888; tate.org.uk) from September 12

「ラファエル前派:ヴィクトリア朝のアヴァンギャルド展」は、London SW1テートブリテンで9月12日から開催中。(020 7887 8888; tate.org.uk)