Tags

, , , , , , , ,

An article about Pre-Raphaelites.   Original English text from The Telegraph with Japanese translation. You can find the whole text here.

ラファエル前派に関する記事です。きのうからのつづきです。The Telegraphに掲載されている英語の原文と、その試訳です。

***

Pre-Raphaelites, Tate Britain exhibition: visions that tell us who we are

テートブリテン展覧会のラファエル前派:自分は何者かを語るビジョン

By Mark Hudson
8:39AM BST 12 Sep 2012

文:マーク・ハドソン
英国時間 2012年9月12日8:39AM

<Continued>

We perceive Pre-Raphaelitism as part of a distant but brilliantly lit world in which women went out of their way to look old and dowdy and men wore thick, three-piece suits in the hottest weather, when more churches were built than in the Middle Ages, but prostitution was booming.

<承前>

ラファエル前派は、遠いがすばらしく輝く世界の一部と見られている。女性はわざわざ年上に見えるように努力し、男性は、暑い日に厚手のスリーピースを着用し、中世よりも多くの教会が建てられ、そのわりには、売春が盛んだった世界だ。

We admire the technological, entrepreneurial and even imperial energy of the period when Britain was at the peak of its powers, and London was the capital of the world. But emotionally this territory is foreign and remote.

私たちは、その時代の技術力や起業家精神、そして帝国主義でさえもそのエネルギーに憧れる。それは、英国が最も繁栄していた時代、ロンドンが世界の首都だった時代だ。だが、感情的には、この領域は異質で疎遠だ。

Yet if Pre-Raphaelitism feels in this context like a kind of aberration in the history of art, an aesthetic movement which relates to nothing else before or since, that is a peculiarly British perception. In the view of the Tate exhibition’s American co-curator Jason Rosenfeld, it is simply wrong.

だが、ラファエル前派がこの意味で美術史上から逸脱している、後にも先にも関連性がない耽美主義運動だと見るのは、奇妙な英国的見識だ。テート特別展を共同企画した米国人学芸員ジェイソン・ローゼンフェルド氏の見方によると、それは誤りだ。

“The Pre-Raphaelites had the biggest influence on international art of any British movement before or since,” he says.

「ラファエル前派は、英国の芸術運動の中で、後にも先にも海外の美術に最も強く影響を与えました。」と、ローゼンフェルド氏は語る。

“Their works penetrated the consciousness of people throughout Europe and America. They were working at the dawn of modern society, and they took full advantage of advances in materials, transport and methods of exhibiting to get their messages across.”

「その作品は、ヨーロッパとアメリカの人々の意識に浸透していきました。近代社会の夜明けに活躍し、先進的な素材、運送、方法を十二分に活用して、自分たちのメッセエージを伝え広げました。」

That’s quite a reversal of the standard view of Pre-Raphaelitism as perhaps the prime example of how British art got it wrong, of how when France was embracing modernity through a new rational, optically based art – Impressionism – Britain was burrowing into an idealised gothic past that never existed.

この見方は、これまでの標準的な見方を根本的に覆すものだ。ラファエル前派を、英国美術がいかに間違ったか、恐らくその最も典型的な例としていた見方。フランスが、新しい合理性や光学を基にした芸術、印象派によって、近代化を推進していた時に、英国は、実在したこともない理想的なゴシック時代に、深く入り込んでいたという見方を覆す。

“We live in a world that’s been dominated by a single story of modern art with Paris at its fulcrum,” says Rosenfeld, “in which French Realism lead to Impressionism, Cubism and the development of abstraction.

「私たちは、パリを支点とする近代美術の唯一の物語に、支配されていました。そこでは、フランスの現実主義が、印象派、キュビズム、抽象主義の発展を導くものでした。」と、ローゼンフェルド氏は語る。

But we’re gradually realising that that isn’t the only story. If you follow the tendrils leading out of Pre-Raphaelitism you see the unfettered sensuality of Rossetti feeding into the work of Viennese artists such as Klimt and Egon Schiele.

「ところが、それが唯一の物語ではないことに、徐々に気がつき始めました。ラファエル前派の影響をたどって行くと、ロセッティの自由な官能性がクリムトやエゴン・シーレのようなウィーン画家の作品に注がれているのがわかります。

Picasso and his circle in Barcelona revered Burne-Jones and you can see his influence in Picasso’s Blue Period paintings.

File:Edward Burne-Jones Maria Zambaco 1870.jpg

Image: Wikipedia

バルセロナのピカソとその一派は、バーン・ジョーンズを尊敬していました。ピカソの青の時代の作品に、その影響が見てとれます。

And when Delacroix, the great precursor of Impressionism, went to the Paris Universal Exhibition of 1855, what impressed him most was Hunt’s Our English Coasts, a view of sheep on a clifftop painted in really intense colour. He saw in it a kind of vitality and newness that French art hadn’t yet approached.”

ファイル:Hunt english coasts.jpg

Image: Wikipedia

印象派の先駆者ドラクロワが1855年にパリ万国博覧会を訪れたときに、最も印象づけられたのが、強烈な色遣いで断崖上の羊の群れを描いたハントの「我が英国の海岸」でした。ドラクロワは、そこに、フランス絵画がまだたどり着いていない、バイタリティや新鮮さを発見しました。」

Indeed, the apparently backward-looking nature of Pre-Raphaelite art is deceptive, as Rosenfeld’s British co-curator Alison Smith explains: “They were looking towards art that was then barely considered art, in search of greater truth. The art of what were then called the Italian Primitives – artists of the late-gothic and the early Renaissance – had only just been admitted into the National Gallery.

実際、ラファエル前派の回顧的な特徴は見せかけだ。特別展の英国人学芸員アリソン・スミスは、こう説明する。「ラファエル前派の画家たちは、偉大な真理を求めて、当時、辛うじて美術と考えられていた絵に着目していました。当時イタリアプリミティブと呼ばれていた絵画、つまり、後期ゴシック時代と初期ルネサンス時代の画家の作品は、ようやくナショナル・ギャラリーに収蔵されたばかりでした。

The traditions of the Royal Academy, where Hunt and Millais were students, looked towards the art of the High Renaissance and the Baroque, which the Pre-Raphaelites felt had become slick and mannered. They wanted to get away from conventional ways of seeing, to get to the truth of what they were depicting, which is a very Modernist way of looking at things.”

<To be continued>

ハントやミレイが学んでいたロイヤル・アカデミーの伝統は、盛期ルネサンスやバロック時代の美術を是としていて、ラファエル前派はそれを上品で型にはまっていると感じていました。そして、伝統的なものの見方から離れ、描写している対象の真実にたどり着きたいと考えました。それは、大変近代的なものの見方です。」

<つづく>