Tags

, , , , , , , ,

An article about Pre-Raphaelites.   Original English text from The Telegraph with Japanese translation.

ラファエル前派に関する記事です。きのうからのつづきです。The Telegraphに掲載されている英語の原文と、その試訳です。

***

Pre-Raphaelites, Tate Britain exhibition: visions that tell us who we are

テートブリテン展覧会のラファエル前派:自分は何者かを語るビジョン

By Mark Hudson
8:39AM BST 12 Sep 2012

文:マーク・ハドソン
英国時間 2012年9月12日8:39AM

<Continued>

Coming together in 1848 when they were still in their early twenties (and Millais, the baby of the brotherhood, was only 19), these youthful revolutionaries sought to overturn academic tradition by revisiting what they saw as the purity of the art of the Early Renaissance before Raphael. Yet while their hectic personal lives have been raked over endlessly, their work remains peculiarly problematic for the British mind.

<承前>
この若い革命児たちは、まだ20代だった(最年少のミレイはたったの19歳だった)1848年に集まって、ラファエロ以前の初期ルネサ ンス芸術の純粋性を甦らせることによって、アカデミーの伝統を覆そうとした。多忙な私生活を繰り返し掘り返される一方、その作品は、英国人気質にとって妙に問題た。

In an essay in the catalogue of Tate Britain’s vast new Pre-Raphaelite exhibition, scholar Elizabeth Prettejohn argues that far from having been ignored for most of the 20th century, only to be rediscovered in the Sixties, as conventional wisdom has it, the Pre-Raphaelites have never been out of fashion.

テートブリテンの壮大なラファエル前派特別展のカタログに掲載されている論評で、研究者のエリザベス・プレトジョン氏が語っている。20世紀にほとんど取り上げられなかったわけでは決してなく、60年代に再発見されだけで、ラファエル前派は、社会通念を内包して、決して時代遅れになったことはない。

While it is true that each generation has rediscovered them through a major exhibition, that doesn’t quite add up to critical acceptance.

世代ごとに主要な展覧会で再発見したのは事実だが、それが、批評家から評価されたことにはならない。

We know the work of the Pre-Raphaelites “in the blood” in a way we know little other art. The movement’s most familiar images are embedded in the British collective consciousness: Millais’s Ophelia, for example, with its densely worked, almost tapestry-like surface; Henry Wallis’s The Death of Chatterton, in which the poet is sprawled lifeless in his garret; Ford Maddox Brown’s Work, that great Victorian paean to labour.

ファイル:Sir John Everett Millais 003.jpg

Image: Wikipedia

私たちは、他の作品に対する知識が乏しいように、ラファエル前派の作品を「親から引き就いて」知っている。この派の最もよく知られている絵は、英国の集団的な意識に組み込まれている。例えば、厚塗りされたほとんどタペストリーの表面のようなミレイのオフェリア。ヘンリー・ウォリスの「チャタートンの死」は、詩人が屋根裏部屋で無造作に横たわっている。フォード・マドックス・ブラウンの「労働」は、労働者への偉大なヴィクトリア朝的讃歌だ。

ファイル:Ford Madox Brown - Work.jpg

Image: Wikipedia

Yet these images with their perceived sentimentality and literalness remain the subject of a peculiar embarrassment. The fact that they underwent a huge surge in popularity in the Sixties and Seventies – bought by rock stars, seen on the bedroom walls of every teenage girl who longed for crinkly, auburn Pre-Raphaelite hair of her own – did nothing to shift the critical consensus that these works were risible kitsch that could never quite be accepted into the cannon of good taste and good art.

だが、感傷的で文学的と考えられたこのような絵画には、奇妙な困惑という問題が残る。60年代、70年代に急激な人気を博した事実、ロックのスターが購入し、ラファエル前派の縮れたとび色の髪に憧れた10代の女の子が皆、寝室の壁に飾っていたとい事実は、このような作品が、趣味のいい芸術作品の名簿に受け入れられることが全くなかった笑いを誘う低俗品だという批評家の総意を、変えることはなかった。

Partly it’s the way Pre-Raphaelite paintings seems to contradict everything we currently identify as aesthetic value: favouring storytelling and moralising over a concern for form; offering a mass of mimetic detail that offends our Modernist-inspired taste for clarity and simplicity.

それは、一つには、ラファエル前派の絵画が、現在の私たちが美意識と見なしているものに、ことごとく相反しているように見えるからだ。様式にこだわって物語性や道徳性を好み、模倣的に大量の細密描写をする。明瞭性や簡素性を好むモダニズムの洗礼を受けた私たちの嗜好に、真っ向から対立する。

But, more than that, our attitude towards the Pre-Raphaelites reflects our problematic relationship with the Victorian era itself. The great-great-grandchildren of the Victorians, we’re still living in the hangover of the early 20th century’s rejection of their values.

<To be continued>

ただ、それよりも、ラファエル前派に対する私たちの態度は、ヴィクトリア朝時代そのものへの私たちの問題のある関係を反映している。ヴィクトリア時代の孫の孫である私たちは、20世紀初頭の彼らの価値観への拒絶反応を、未だに引きずりながら生きている。

<つづく>