Tags

, , , , , , , ,

This is an article about Pre-Raphaelites, currently held its exhibition in London.  Original English text from The Telegraph with Japanese translation.

ラファエル前派に関する記事です。現在,ロンドンのテートブリテンで特別展が開催されているようです。The Telegraphに掲載されている英語の原文と、その試訳です。

***

Pre-Raphaelites, Tate Britain exhibition: visions that tell us who we are

テートブリテン展覧会のラファエル前派:自分は何者かを語るビジョン

Kitsch, old-hat and irrelevant? The Tate’s new blockbuster show sets out to prove that the Pre-Raphaelites’ hyper-real fantasies are anything but. Mark Hudson welcomes this timely reappraisal.

低俗な芸術作品、陳腐、不適切? テートで新しく始まった大ヒット特別展、ラファエル前派の超現実的ファンタジーは、そんな通説を覆している。マーク・ハドソンが、このタイムリーな再評価を歓迎する。

By Mark Hudson
8:39AM BST 12 Sep 2012

文:マーク・ハドソン
英国時間 2012年9月12日8:39AM

Lady Lilith by Dante Gabriel Rossetti

Image: The Telegraph

Visit any of Britain’s big regional art galleries – in Manchester, say, or Liverpool or Birmingham – and you’ll find rooms filled with paintings from the period when these great industrial cities were at their zenith: the Victorian era.

マンチェスター、そう、リヴァプール、バーミンガム、英国地方都市の美術館に行けば、その工業都市が絶頂期にあった時代、ヴィクトリア時代の絵画で埋めつくされた展示室に気がつくだろう。

There are tastefully eroticised mythological scenes; didactic domestic tableaux; and works of fusty Symbolism populated by pallid, big-jawed, ill-looking ladies. Faced with this psychic cornucopia from a time that still exerts an overwhelming influence on our own, I never know whether to linger in appalled fascination – or run.

センスよくお色気を醸し出した神話の場面、教訓的な家庭内の絵画、青ざめた大あごの醜い女性が描かれたカビ臭い象徴主義の作品。今でも圧倒的な影響力を発揮するその時代の心霊的な豊穣の角に面と向かうと、そのゾッとする魅力に浸っていようか、それとも逃げ出そうか、いつもわからなくなる。

And I’m far from alone in that. With its air of suffocating sententiousness, its leaden insistence on delivering a message, its camphor-scented whiff of the funereal, Victorian art is, of all eras in British art, the most alien to contemporary taste.

しかも、それは決して私一人ではない。息が詰まりそうな教訓的な空気、メッセージを伝えようとするその重苦しい主張、葬儀のショウノウのようなほのかな香りと共に、ヴィクトリア朝絵画は、英国絵画のすべての時代の中でも、現代のセンスから最もかけ離れている。

Always in these places there will be a few works that stand out through their sheer oddness, which in their heightened colour, mystical religiosity and hyper-real detail (the effect of which is anything but realistic) exemplify much that is difficult to contend with in Victorian art, while seeming to exist in a strange category all of their own. These are the works of the Pre-Raphaelite Brotherhood.

そのような展示室には、常に、真に奇妙な作品の中から際立つ絵画がある。それは、強調された色遣い、神秘的な宗教性、(現実的とはほど遠い効果の)超現実的な細密画において、議論の余地なくヴィクトリア朝絵画を代表し、それ自体、奇妙な分類の中に存在しているようにみえる。それは、ラファエル前派の作品だ。

That the principal Pre-Raphaelites – Dante Gabriel Rossetti, John Everett Millais and William Holman Hunt – are among the most singular figures in the story of British art isn’t in doubt. Rossetti, the womanising poet-turned-painter, exerted an extraordinary influence despite his technical limitations as an artist.

ラファエル前派を代表するダンテ・ガブリエル・ロゼッティ、ジョン・エヴァレット・ミレイ、ウィリアム・ホルマン・ハントは、英国絵画の物語でも最も偉大な芸術家だという評論は、疑いの余地がない。女性との話題のある詩人転じて画家となったロゼッティは、画家としての技量に限界があったにもかかわらず、絶大な影響力を行使した。

Millais, the movement’s boy genius, sold out his formidable gifts for the comfortable life of a society painter; while Hunt, the biblically obsessed moralist, fell in love with his wife’s sister and created some of the most curious paintings seen in this country or anywhere else.

<To be continued>

メンバーの中で最年少の天才ミレイは、その卓越した才能を社交画家として快適な暮らしのために使った。一方、ハントは、聖書に取り付かれたモラリストで、妻の妹と親交を深め、英国国内、もしくは、世界でも最も興味深い絵画を制作した。

<つづく>